このブログを見た人は140年以内に100%死ぬ
      
1/28の日付のものをアップ。LOOK KG555で50kmほど。

2018-01-28-01.jpg

最近弱体化が激しいのですが、それでもスプリントは1000Wは一応超えてます。
しかし体重が減らないんですよね。春になったら本気出す。


2018-01-28-02.jpg

カステリのウインドブレークタイツ。今年はこれの出番多し。
風を防いだところで断熱・保温生地は無いので、結局暖かいわけではなくて「関節を一定以上に
冷やさない」程度の防寒アイテムです。
メンブレン生地が撥水するのでこの手合いは雨には多少強いです。


2018-01-28-03.jpg

GOREの XENON 2.0 防風グローブにクラフトのグローブについていたインナー。
これが今のところ防寒性能がそこそこ高くて操作性もよく、厳冬期のベストバランスかな。
ペラッペラですが防風性能だけは一番です。そして蒸れにくい。
パールの7215や7218は若干風を通してしまうので零度に達する厳冬期にマッチしきれていません。
ただし3~15℃の範囲ではパールは最強です。

グローブ自体はインナーを入れて常用する前提で、普段S-MサイズのところLサイズを選択しています。
これにやや厚手のクラフトのインナーを突っ込めば完璧なフィッティング。
どうしても暑いときはインナーを外せばOKです。
Lサイズなのでちょっと大きいですが慣れます。
冬場の末端ウェアは何を優先させるかが重要で、もうだめになりそうなとき無理して走らないことそれが一番大事
 

2018-01-28-04.jpg

久々にEDGE520を使いました。
バッテリーの消費が早い。。
3日200kmくらいで充電が必要になりますね。

使用するメリットは …わからん。
周辺機器を多数メモリーできるので車体をとっかえひっかえしたときに手間がないくらい。
あとは走行毎にサマリーを表示できる。
EDGE500での謎の諸問題があまりない。そんだけ。
LAPボタンを押しにくいのがイラッとするから手放したい。


2018-01-28-05.jpg

随分アップデートしてなかったのでやっておきました。
何が変わるのか知らんけど。
 
関連記事
      
久々にIDOLで。
若葉台+天国の階段x3くらいで40km。

2018-02-06-1.jpg

若葉台TTのタイムは8:09と、最近にしては良好でした。
タイヤが良いおかげです。短いTTでもタイヤの良し悪しが如実に出ますね。
S33PROは登るのがホント嫌になりますもん。


2018-02-06-2.jpg

レッグウォーマーに黒Vaypor。足の防寒はトーカバーのみ。
ちょい寒い程度。


2018-02-06-3.jpg

GP4000Sは23Cの表記ですが、本来25C以上が推奨されるワイドリムのため…


2018-02-06-4.jpg

26Cくらいに広がってます。
そもそも4000Sは23Cでも幅が25mmあるから些細なことは気にしないことです。


2018-02-06-5.jpg

中華リムにロヴァールハブのなんちゃってロヴァール。
ロヴァールハブによる2:1は果たしていいものになっているのかわかりませんえん。
中華リム自体はそこらじゅうで叩き売られているヘナヘナの安物ではないので転がりはとても良いと思います。
 
関連記事
      
SRAM GXPクランクのメンテナンス。
GXPは左クランクがFSAのようなワンキーレリーズ形式になっているのですが、押さえの蓋が共回りして
抜けなくなるケースが多々あります。

2018-02-05-gxp1.jpg

表面の大きな六角穴のものが押さえ蓋で、奥に見えるのがレリーズ機能つきのフィキシングボルトです。

この押さえ蓋が回ってしまうと普通の人だとお手上げ案件です。

なぜかというと、この六角穴は、なんと特大 イ ン チ サイズなのです。

イラレ10でメモリが足りなくなったときに出てくる謎の呪文 「イ ン チ」 を思い出しますね。
なんだよあれ。


2018-02-05-gxp2.jpg

インチサイズでここまで大きなレンチはそこらに売ってない。
アストロに行って買うのもアホくさいので大昔に13mmナットを削って自作しています。


2018-02-05-gxp3.jpg

オラオラ!!!


2018-02-05-gxp4.jpg

ぱかっ


2018-02-05-gxp5.jpg

中を掃除しつつ、ねじ山も綺麗にしてロックタイトの263を少し塗布して復元します。
中強度だと共回りすることがあったので、高強度の263を少し塗ることにしています。
塗りすぎると今度は外れなくなるので注意です。


2018-02-05-gxp6.jpg

ちなみに、SRAMでもこのアホさ事象を認知していたらしく、後年でミリ規格かつレンチの大きさが
小さくて済む対策品の蓋になりました。画像右が対策品で、現行は全てこのタイプになっています。

同様のワンキーシステムを採用するFSAの場合、この蓋をピンスパナで固定するので共回りしても対処できる
ようになっています。さらに逆ネジなので共回りしません。
SRAM(トルバティブ)が逆ネジを使えなかったのは特許絡みかな?いや気が付かなかっただけという可能性も大
 
関連記事
      
レイク CX402
ソール全体が熱成型できるそうです。前のモデルでも多少は出来たっけ。

2018-1419-2.jpg

熱成型はBONTでファイナルアンサーであって、他社は退散したと思ってましたが
まだやるのか…


2018-1419-3.png

BONTが純粋にソリッドさを追う傾向に対し、レイクはコンフォート寄りのようです。
コンフォートプラットフォームに該当するものはBONTにはありませんが、BONTはサイド内装に
薄いメモリーフォームを使っていますのでそんなに酷くはありまへん。

まぁどっちがいいんでしょうね。好みの問題かな。
TIMEの熱成型シューズを使っていたときは半端なコンフォートさがイマイチでしたけど、そこまで
じゃなさそうだし。

あとはアッパーの締め方かなあ。上のベルトのところがもっとガッチリしてもいい気がします。
あと、高い。。実売3.5万以下なら売れるけど、いまどき6万って難しいのでは。

なお、レイクは3年前くらいにいくつか足入れしたことがありますが、どれも甲が高い傾向があるので
私には全く合いませんでした。 BONTしか合わへん。
 
私が今買うとすればBONTのHelixかZEROですわ。もちろん一番派手な色で。
 
関連記事
      
リサイクル屋で投売りのミキサーを400円でかてきました!

ショップジャパーンのマジック・ブレッドです!

18020441fgJXXWCrL.jpg

未使用って書いてあった気がするけど!


180204-mb1.jpg



    _, ._
  ( ゚ Д゚)
  ( つ旦O
  と_)_)
    _, ._
  ( ゚ Д゚)   
  ( つ O. __
  と_)_) (__()、;.o:。
          ゚*・:.。
    ._, ._
   (. ゚д゚ .)   
  ( つ O. __
  と_)_) (__()、;.o:。
          ゚*・:.。



180204-mb2.jpg

なんか有機生命体の屍まであったし…


綺麗にして使いましたが…

連続1分までOKって書いてあるのに10秒以下が出てきたぞ??



180204622.jpg


偉そうな商品ですが、要らないアタッチメントが多いだけのただのミキサーです。
テレビ通販特有ですね。初めて手にしたけど良くも悪くもなるほどって感じ。

購入時になんで液体が漏れてたのか謎でしたが、底のブレードアタッチメントをしっかり締めないと
回転トルクで緩んでしまうからですね。しかも初期モデルはブレード軸から漏れるという持病がある
そうです。緩める方向の使い方が必要なスイッチ構造なので、アタッチメントにはロック機構をつけ
ないとダメじゃないかな。
念のため製品を擁護しておくと、中を見たらわりとしっかりしていて考えられた作りでした。
単純でしっかりしたモーターなのになんでどこから煙が出るのか不明。
まぁミンチとか作れたし大満足です。
 
関連記事
BACK  // HOME //  NEXT
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク