前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
LOOK 555で。3日ぶりくらいにやっと走りました。
あまりの多忙とEMSやりすぎて凄まじい筋肉痛になってたのでしばらくお休み。
どうせ今月は調子よくないし。


2017-06-17-15-0.jpg

数日置いたので心肺がかなりきつい。
リフレッシュしたわりに若葉台は8:15。ただ混雑と信号ストップで相当ロスしたので、普通ならいい
タイムだったはず。

病院坂を登ってたら後ろにくっ付いてくる人がよく出現しますが、上根神社からショートカットしてくる
みたいですね。ふっ、後ろで…プレッシャーをかけているつもりか?こっちは豆腐のメンタルだぞ?


2017-06-17-15-1.jpg

シューズは諸々の都合で今日も黒Vaypor。
ウェアは久々に古いジョルダーナのセットアップ。グローブはこれまた古いカンパニョーロ。
カンパがウェア作ってたなんてことすら知らない人がいるかもね。

そういえば今日はFOCUSにBMCのボトル挿してサクソバンクのジャージ着た人がいました。
さすがにそれはどうかと思う。せめてジャージをサクソティンコフにしてやってください。


2017-06-17-15-2.jpg

ぶち折れたガーミンマウントはCAYOから引っぺがしたK-EDGEに交換。
CAYOには純正アウトフロントマウントを付けてあげました。
そろそろCAYOに乗りたい。


2017-06-17-15-3.jpg

周回ごとに拾ってくる小判草を挿せなくなるなと思いましたが、スライド部分の穴に挿せました。
その小判草ですが、先週町田市に刈られてしまって瀕死です。安心しろおまえらの未来は俺が守る!

  
      
今使ってるチャイナTUリムですが、そろそろ4万kmを超えるのに全くトラブルなし。
当初はリムサイドが酷かったり組み方が無茶苦茶で組み直しになったりと苦労させられましたが、
中々素晴らしいリムです。

そこで、そろそろ新しい車輪を組みたくなり。
この工場のクリンチャーリムはどうやねんということでお伺いを立ててみました。


s9sadjhg.jpg


高耐熱樹脂を使ったリムを作りはじめているそうで、でもそれは無茶苦茶重いリムでしか作ってません。
「安全確実なのは分かるけどそのリム重くね?」って聞いたら
「既存のリムでも一部は高耐熱仕様で作れるアルよ!」って中々いい返事をもらいました。
われながら中国人の扱いが上手くなった。
いや、最初から高耐熱で作れや…

ただ一つ問題が。

画像左がファットリム、右が昔ながらのVシェイプリム。
ファットリムが50mmくらいで、Vリムが38mm。
重量は490g、440g。

この二択に絞ったんですが、微妙に迷う。

どう考えてもファットリムの方が横風に強く、モダンではあるわけです。しかもハイトがある。
これまで散々38mmを使い倒してきたのでもう38mmはおなか一杯です。
(だからBORA35とか全く興味ない)
まぁ480gだったらゾンダくらいだから問題ない?40gの重量増に目を瞑ってややハイトがあるファット
リムにするか…

しかし、ここでも問題が。

推奨タイヤが25C以上になってしまう。

25Cに興味ゼロ。23C、出来れば21Cが使いたいくらい。

実際に23Cは履けると思うけど、なんかモヤモヤしてしまいます。
チューブラーなら関係ないことだけど、クリンチャーは深刻。ワイド流行やめてほしい。
どっちにしようかなあ。

迷ったらやめる、という選択死もあります。
 
hed_profiles.jpg

↑こんなものを見つけました。リム幅で4000Sの形状がどう変わるかってやつ。HEDのデータだそうです。
ほほぅ… なるほどわからん。
海外のフォーラムではワイドリムには25Cよりも23C履かせる方が良かったというインプレがありました。
 

----------------------追 記----------------------

クリンチャー: 490gのリムにリムテープ15g,200gのタイヤと80gのチューブで合計785g
チューブラー: 330gのリムに300gの重めのタイヤでも合計630g

1車輪あたりの重量差は155g。少し軽いチューブラータイヤなら簡単に200g差になります。
圧倒的ですね…まあ実際に走るぶんには感じないんですが。悩むところだな。
 
      
今朝はIDOLで小山田二周。

メモリアル坂で逆走高校生と本気で正面衝突しそうになりました。
向こうは下りで、こっちは登り。四輪も登って来てたので逃げ場を失ったようで。アホだ。
すでにちょっと擦ってた。追いかけて首根っこ掴んだ方が良かったと後悔。


2017-06-12-01.jpg

こっちは自転車保険入ってるけど、あっちは当然入ってないでしょうな。
一応こう見えて法人の社長だから事故起こすと無茶苦茶高いよ?

逆走できる人って生き物として当然備わっている感覚が欠落してるんだと思います。
どう考えても、いや考えなくても危険だってわかる。
最低でも強制保険制度が必要です。


2017-06-12-02.jpg

リアブレーキアウターが短くて、ハンドルを大きく切ったらリアブレーキが掛かることに気が付きました。
実使用では問題ない角度ですが調整しないと。


2017-06-12-03.jpg

今日も黒Vaypor。
電気でビリビリやるEMSで遊んでたら筋肉痛でパワーダウンしまくってしまいました。
局所的なので扱いが難しいですね。やってるぶんには面白いですが。
 
      
土曜日は出ないとか言っておいて強風の中で出てしまった…
トトロの森に行ってきたつもり。

2017-06-10-15-1-1.jpg

でもね、トトロの森って明確に書かれてないからよくわからんかったの。


2017-06-10-15-1-2.jpg

こういう感じで合ってるかな?
あくまでも走行目標であって下見みたいなもんだから無理に到達する必要は無いんですが。


2017-06-10-15-2.jpg

強風だったので念のためゾンダな555で。
行きは南の風の暴風だけど、ほとんど北上なので追い風になってラクチン。
帰りは風が少し弱ったので体力をさほど使わずに帰ることができました。
50km走ってTSSは80しかありません。
普段だと最低200は行くのにどんだけ緩いんや。

疲労が溜まってるのと身体が蒸し暑さに慣れていないので、今週はあまり走らずユルユルで
行こうと思ってます。


2017-06-10-15-3.jpg

ところで自作ガーミンマウントですが


2017-06-10-15-4.jpg

EDGE800載せたら折れました。
出だしでお辞儀してるのが分かったのでタイラップで吊って凌ぎましたが、ラスト1kmのところで
金属疲労でポッキリ。
このアルミ板は2回ほど曲げ直して鈍ってたので仕方ない。あとEDGE800も重すぎです。
とにかく修理しないと。
 
      
ちょっと久々にIDOLで。
IDOLに乗る日は妙にワクワクします。

ワクワクしながら回復走。前日も回復走だったけど回復走。
熱中症で疲れてるし、疲れが溜まってるのでもうヤダ。
TSS250超を毎日続けてたら人間もダメになるわな。

2017-06-09-1.jpg

若葉台はチンタラながらも8:26で抜けて、そこから南野で左折して小野路→鶴川街道→若葉台に
戻るコースを設定。
ただ小野路に入った途端に強烈な向かい風で全く進まない。。さらに鶴川街道の真光寺の坂で瀕死。
真光寺は初めてでしたが病院坂くらいきついですね。

そんな感じで総45kmで終了。
前日の熱中症で学習して水や食料の補給をしっかり取ってかなりゆっくり走りましたが、それでもちょっと熱中症気味になりました。
だからもう土曜日は走りません。
 


BACK  // HOME //  NEXT
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク