表の裏が裏であるように、裏の裏は表である
      
まあ、普通に。

2017-02-23-01.jpg

中々暖かくならんですね。


2017-03-11-15-05.jpg

タイツは事故で穴が開いたカステリの旧ヴェロッチモ。
シューズカバーはアソスのニット。


2017-03-11-15-06.jpg

ジャージはカステリの…ぷぷぷ、ぷなんちゃらかんちゃらっていう古いやつ。


2017-03-11-15-07.jpg

グローブはカステリのガーデニング手袋。

ほぼ全身カステリだということに気が付いたが、時すでにおすし

ジャージとボトムは基本的にメーカーを揃えますが、小物はわざと外してます。ました。
そもそも小物まで完璧なメーカーってあんまりないし、走る広告塔はごめんです。
 
      
とりあえず乗る。今日はCAYOで。

2017-03-11-15-01.jpg

フロントに履かせたストラーダがハズレ個体で「ぼこっ ぼこっ」ってなってるけど気にしない。
摩滅するまでは我慢。

そういえばクランクの角度にはこだわりがあって、空車時には常に14~15時の位置にしています。
撮影のためじゃないですよ、空車時は常にやるんです。
これはですね、見た目より何よりクランクが傷まないようにっていう配慮です。
真下にしてると段差や移動時にクランクエンドがガンガン当たってしまうま。
降りたら水平にするっていうのを癖にしましょうよ。


2017-03-11-15-02.jpg

最近気付いたけど、ヤグラの塗装が少し剥がれてる。
太ももが当たってるんですね。
困ったな。べつに現状(52mm)のセットバックに拘りもないし、絶対的なルールもないし、
結局前乗りすることが多いからサドルを5mm程度前に出そうかな。


2017-03-11-15-04.jpg

FSAのエナジーブレーキの調子は良好です。フロントの効きがイマイチな気がするけど気のせいでしょう。
ブレーキアウターの取り付け位置が結構低くて、アウターの長さが足りてないからどうにかしないと。
今のところアジャスターを目一杯引いて誤魔化してます。
どうにかしないと、なんて言っても、あと3年くらいはどうにもしないんじゃないかなと思います。


2017-03-11-15-03.jpg

昨日ネオプリのQuarqの調子が悪かった件ですが、途中でロー100で買った新品のCR2032が不良
だっただけみたい。Qalvinで見たら2.71Vしか出てなかった。普通は3.2Vは出るもんです。

まぁ中華のCR2032なんてそんな感じのものが多いです。
電圧が低くて電流があるか、逆に電圧が高いのに電流が無いか。後者は不思議な症状ですが、いずれにせよ
いい感じに出力してるのはごくごく最初だけ。
2.71なんて民生品の動作下限ギリギリで、Quarqの場合は2.68くらいになるとローバッテリー警告が来るはず
なんですが、2.71から2.65くらいに急にドロップするから警告も何もないようで。

しかし随分前にロー100で買ったときもダメだった気がする。
ロー100ではもう買わん。ダイソーか通常流通品のパナにするわ。
 
      
今日はネオプリで。


2017-03-10-16-01.jpg

真円チェーンリングだけど感覚は何ら変わらず。腰の疲労が少ないですね。
TTのタイムも上がりました。
「真円でもいいんじゃね」という邪な気持ちを抑えるのだ。

楕円とかの前に自転車がカーボンとクロモリじゃTTの条件違うだろって?しらんがな。


2017-03-10-16-02.jpg

TT中にハンドルがぐりんっ!と下がってしまったので途中で増し締め。
ARXステムは3か月毎に緩むのはなぜだろう。
あと、ヘッドパーツが緩んでいたのでついでに増し締め。これは先日の事故で緩んだものでしょう。

Quarqの調子が悪くて、電池を交換したのに見失うので何度かリセットしました。これは悪い兆候。
最終的には安定して認識し始めたので、最後にスプリントで締めました。


浪速のスプリンター、tf_ftrとはワイのことや!!!!!

50…60…!! よーし3秒1000Wは行ったやろ…! チラッ



  Quarq 「シーン」




(´;ω;`)ブワッ



…予想以上やったでQuarqくん
 
      
缶詰だったけどなんとか脱出

2017-03-03-16-1.jpg

なんも変わらず。 いや、毎回どこか変わってたら病気です。
Q-Ringsは変速のもたつきと腰の疲労を除けば好印象。
昔使ってたときはスプリントに弱いと思ってましたが今はむしろ逆で、明らかにパワーの掛かりが
良くて速度も速いです。
前荷重でスプリントしてるのに、ギア掛けたらフロントがふわっと浮いてバヒューン!で60km/h+α。
追い風の中でスプリントしてるみたいな感じ。なんで昔と印象が逆なのか謎。

まあそう大きな差があるわけじゃないし、価格に見合っているかといえばたぶん見合ってない。
不安定な変速や変な疲労などいいことばっかりではありません。
そういえば最近ROTORはOCP3フェードアウトさせてPCD丸抜きに一本化しようとしてません?お願いやめて。


2017-03-03-16-3.jpg

リアのS33PROのパンクについては、スライムシーラントを追加で突っ込んだので一応塞がってるけど、
数時間走ると140psi→85~90psiまで下がります。大体このあたりの空気圧が塞げる閾値みたい。
今6mmの穴が塞げるだのといった色んなシーラントがあるでしょ。
65psi程度の低圧なら出来ても100~130psiの高圧は無理じゃないかね?少なくともメンテスタンドと
実走じゃえらい違いますよ。

さておき、そんな抜け具合なのでラテックスチューブのように毎日エアを入れてます。
このタイヤは使用距離4500~5000kmくらい。8000km使うぞ。
ちなみに前に使ってたものよりもコンパウンドが劇的に改善されていて、雨でもほぼスリップしません。
あれだけツルッツルだったタイヤがこんなにも良くなるとは。
その代わり減りが早いです。あと転がりも重くなった気が。


2017-03-03-16-2.jpg

フロントにはストラーダを履かせていますが、フロントに使っても異様に減りが早い()
色んなものが刺さってるし、6000km持たないんじゃないかなこれ。
今度書きますが、ストラーダの耐パンクベルトなんてホント気休めレベルです。
 
      
忙しいけどせっせと走る。走らないと死ぬそうなので。

って言ってもまだ骨折してるわけだから一回につき多くても50kmとかそんなもんです。
小山田も小周回までしかできません。

2017-02-23-01.jpg

間違い探し。どこが変わったでしょうか。


2017-02-23-02.jpg

ここっすね。久々にQ-Rings付けてみました。
なぜかって?なんとなく、だ。

 そう、男に理由は要らない。 なんとなく  だ。


定期的に使うことでいい矯正になると思います。
腰が疲れるけど疲労が分散してラクかも。
少なくとも骨折やら何やらで最弱四天王な今の自分には、ある程度のラクさを感じます。

でも登坂やスプリントでパワー値が悪戯に跳ね上がるのが気になりますね。
平気でスプリント3秒1000W超えますもん。
スプリントはそのぶん速度は乗ってるんですが、登坂はそのぶん無駄に疲労してるだけな気が。
まあいいけど。


2017-02-23-03.jpg

ニッカーの季節です。サンティーニの天地くんニッカーも随分ボロボロになってきました。
縫製の解れが結構多くなってきたので、ある日突然ハニーフラッシュ(41歳・男性)したらごめんなさいね。


2017-02-23-04.jpg

シューズカバーはアソスのニットのやつ。7~12度くらいには丁度いいです。
若干厚めだけど軽量なのが美点。重いニットシューズカバーが意外と多いので。


2017-02-23-05.jpg

上はサンティーニの派手なヤツ。
年とると派手好きになるんだよ。
サンティーニのアイテムは中々使い勝手がいいのですが、すぐにボロボロになってくるところがステキです。
このジャージも1シーズン7回も着てないのにで襟周りが擦れ気味に。ああもう最高(白目
 
BACK  // HOME //  NEXT
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク