FC2ブログ
このブログを見た人は140年以内に100%死ぬ
      
スピードプレイの右側クリートのガタが気になって仕方ないので原因をチェックして対策。
カント方向(足首を左右に倒す方向)にガタが出ていて、そのせいでセッティングが上手くいきません。

2018-03-07-01.jpg

ペダルを受けるのは黄色いベースプレートのほか、黒いベースプレートでも受けています。
というか黒いベースプレートがメインになっているようです。


2018-03-07-02.jpg

ほとんど陥没していない左側に対して…


2018-03-07-03.jpg

右側はかなり陥没しています。
これ実は素材が異なっていて、左は後期型の純正レッグレングスシムをカント加工したもので、右は
極初期の純正レッグレングスシムをカント加工したものです。

陥没している右側のシムはものすごく柔らかくて脆い材質で出来ています。
その代わり軽い。密度がかなり低い軽量素材なんですね。
わりとすぐに硬くて重い素材に変更されて、この極初期の欠陥シムはほとんど流通していません。


2018-03-07-04.jpg

このシムはこのまま使うので、ステンレスのプレートを製作します。
まずはセリアで買ってきたステンレストレーを引っ張り出します。
すでに切ってあるのは色々なところに使ったからです。
ステンレス板をわざわざホームセンターで探さなくても、よく見ればどこにでもいくらでもあります。

今回はこのタイプのトレーを使いましたが、ダイソーにあるもっと厚いタイプの方が良いと思います。
さほど薄い方ではないのですが、実際に組み込んでみたらまだ薄すぎる感じでした。


2018-03-07-05.jpg

カットラインを引いて金鋏で切ります。
ラベルを剥がさないところが実にA型らしい。


2018-03-07-06.jpg

できました。各エッジはもちろん丸めてあります。
四つ穴のところは長穴加工しなくてもいいです。
自分がよく使うポジションのあたりを少し大きめに開けておけば充分です。


2018-03-07-07.jpg

つけた。


2018-03-07-08.jpg

左のフロート設定がごく普通なのに対し、


2018-03-07-09.jpg

右は目一杯ヒールインが詰められています。こうしないと踝が当たってました。
今回のステンレス板追加でこれが改善すればいいけど。


2018-03-07-010.jpg

手で確認したところ、ガタは幾分減ったような気がします。


2018-03-07-011.jpg

踝も開きそうです。
乗ってどうなるかは次回。
 
関連記事
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
http://desftr.blog54.fc2.com/tb.php/4082-f13678f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク