前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
T-ONEをメンテナンス中に眺めてたら結構違うことに気が付きました。

2017-08-20-bont01.jpg

左がVaypor、右がT-ONE(Aシリーズ)です。
左のVayporのクリートが斜めってる気がするけどたぶん気のせい。


2017-08-20-bont03.jpg

Vayporの土踏まずの母子球側がなだらかなのに対し、


2017-08-20-bont02.jpg

Aシリーズはかなり角ばっています。(画像ではちょっと分かりにくいか)
手持ちのA-TREEも同じなのでT-ONEだからというわけではないです。


2017-08-20-bont03-2.jpg

横から見てもかなり違いがあり、Aシリーズの母子球周辺は90度絶壁になってます。
土踏まずの開始位置も異なりますね。

あと、型とは関係ありませんがカーボンの風合いも異なります。Aシリーズの方が手作り感が強く、明らかに
薄作りな印象。実際に薄くて軽いんですが。
Aシリーズの重量は軽いほうにばらつくのが普通なようでしたが、Vayporからは重い方向にばらつくことが
増えたと思います。手持ちのほとんどがカタログ値より重いです。


2017-08-20-bont04.jpg

カカト周辺は同じです。

で、この足型で違うから違いがあるかといえばそんなでもないです。甲の高さも双方変わりないので型の違いは
指摘した母子球周辺だけです。

フィーリングに対して影響が少ない部分だと思いますし、鋭角になったところは内装で調整してあるかもしれません。
形状と関係あるかは分かりませんが、Aシリーズの場合は足を入れた瞬間に
「うげげ!!!絶対無理無理無理wwww」
ってなったものですが、Vaypor以降は「お?そのままでもいけるんじゃね?」に変わってきたことは確か。
足を入れた瞬間に無理だと判断して手放しちゃった人や、サイズ交換でベストサイズより大きくしてしまった人も
多いと思います。勿体無いことですが、あれはそうなっちゃいますよね。。

後年のVaypor+以降は土踏まずあたりがさらに変わって、アーチがVayporより低くカカト寄りになりました。
足入れ性はかなり上がっていて、熱成型なしでもそこそこ使えます。
個人的にはVayporの形状が一番合っているので、メーカーもVaypor SをVayporの足型で作ってくれないかな。
 
関連記事
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
http://desftr.blog54.fc2.com/tb.php/3979-75e3f9f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク