前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
久々にIDOLで。
やっぱいいわこのフレーム。
ヘルニアはまだ治っていないので小山田フル1周+ショート1周で短めに。

2017-08-12-1.jpg

若葉台TTはほぼシッティングにも関わらず7:29。調子いい感じ。
小山田はフルが25:09、ショートが15:03。こっちも特にアタックしてないのにタイム良好。


2017-08-12-2.jpg

本妻の白Vayporにピストンソックスで。
ロング丈のソックスはやっぱり暑いです。微妙にモワッと暑い。夏は4インチがいいです。


2017-08-12-4.jpg
2017-08-12-3.jpg

カーボンクリンチャーは26mmも幅があるワイドエアロです。
まるっとした形状なのに横風に弱めなのは、動的な接地面が手前に寄ってトレール量が減るせいではないかと
考えています。特性には随分慣れましたけど、暴風の日に使いたくはありません。


2017-08-12-5.jpg

タイヤは4000Sの23Cですが、このリムに付けると26Cくらいまで広がってます。
本来なら25C以上が推奨になっているリムだけど、これに25C入れたら重くてやっとられんのでは?

しかしリム重量470g+リムテ20gで相当重い。470gっていう数字はワイドカーボンクリンチャーとしては随分
軽いほうですけど、絶対的に重いです。
それでもやはり登坂で妙な軽さがあります。これがすごく謎。少ない出力で登れるわけではなく、高い出力を
引き出しやすいようです。だからだと思うんですが、アップダウンがあるコースではタイムが安定的に短縮でき
てます。
なおディープのくせに平地は逆に苦手です。いみわからん。ロヴァールのハブのせいか?

このリムは耐熱樹脂なのでブレーキの熱を心配する必要はありませんが、ハードブレーキングしたあとに触って
みたら全然熱くなってなかったので耐熱の意味がなかった。。
それでも掛けすぎないように気にはしています。
 
関連記事
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
http://desftr.blog54.fc2.com/tb.php/3967-cad3d93e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク