表の裏が裏であるように、裏の裏は表である
      
52/36を試す都合でストロングライトのBIO CONCEPTを入れてます。
通常のQ-RingsだとRIKEN PCD110に付かないので。

2017-03-06-13-01.jpg

ストロングライトのBIO CONCEPTはQ-Ringsに似た楕円チェーンリングです。
非常に硬いリングですが耐久性はたぶん劣ります。
後述しますが変速性能もそう悪くないです。むしろ変に良すぎて悪い。


2017-03-06-13-02.jpg

インナーは10年前に買った謎の真円36T。合わせマークが付いてなくて位相がまったくわからん。
このまま試しに使ってみたら、二回に一回の高確率でチェーンサックして困った!
位相と歯数の落差が合ってないせいもありますが、変速性能が良すぎて噛んでしまうんですね。
画像のサックガードはもうボロボロ。


2017-03-06-13-03.jpg

この位置になっていましたが、


2017-03-06-13-04.jpg

インナーを180度回してこの位置になりました。


2017-03-06-13-05.jpg

手回しでテスト。変速が不安定ながらもサックはどうやら起こりません。
今のところはこれで良さそう。

何度も再現実験してて気が付いたんですが、サックってのは

「上げきらないチェーンが落ちて、それをアウターが引き上げてステイに巻き込む」

というパティーンがほとんどなんですね。だからチェーンテンションは高めにするのがベターで、
歯数差も少ないほうが起こりにくいです。また、伸びたチェーンだとテンションが落ちるので同様に
サックしやすくなります。
また変速性能が下手に高いというか、設計によっては巻き込み率が上がるようです。オーシン
メトリックが前代でピンを沢山つけて、現行でピンを減らした
のも同様の理由か?


そして楕円リングの変速性能が悪かったりトラブルが起こりやすいのも当たり前。
上の画像のように楕円率が最も小さい位置と最も大きな位置で上げてるわけですよ。
画像のインナーは真円だからまだマシで、楕円だとかなりすごいことになります。
Q-Ringsの52/39でも実際の歯数差は55/38.5Tくらいの差が出るわけで、これが楕円52/36だと
概ね55/34Tもの差に。そりゃ無理があるわ。
BIO CONCEPTは52Tに対して38Tのインナーを推奨していますが、そこんとこ分かってるっぽい?


2017-03-06-13-07.jpg

走ってみたら大体OKって感じになりました。変速がすごくもたつくけどほぼサックしなくなりました。
前の位置だと、変速は無茶苦茶速いけどステーにザックリはまるという、とても残念なことに。

アウター楕円でインナー真円の組み合わせですが、インナーに落とすと四角いものを回してる感じに
なります。楕円真円の双方に慣れていても同時使用だとやっぱり違和感は出ますね。


2017-03-06-13-08.jpg

BIO CONCEPTについては、Q-Ringsより若干楕円率が高い、または頂点が狭いように感じますが特に
問題なし。純正の組み合わせじゃないこともあって変速がモッサモサなのが気になりすぎる。
やはり純正同士じゃないとダメっぽい。でもメーカー推奨の38T入れたらコンパクトの意味が全然無いやんけ…


あと、36Tについては、うーん、不要かな。。 わからん。


というのも、結局はギア一枚ぶんしか変わらないから。これならスプロケで解決できるし、なんなら脚との
話し合いでも解決するレベル。
たったギア一枚のことに対してギア合わせの煩雑さ、変速トラブルなどのデメリットの方が多いよーな
気がします。

50/36にすれば解決しますが、もし困ったら11-23と組み合わせてテストしてみようかな。
50/36って53/39と同じインアウト比率だけど。


まあ、色々確認できたという成果はあるし、せっかくなのでこの組み合わせでもうちょっと使ってみてから
処遇を考えます。
  
関連記事
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
http://desftr.blog54.fc2.com/tb.php/3847-ea970666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク