表の裏が裏であるように、裏の裏は表である
      
スマートエアポンプつまりスマエ

すべての耐久消費財は年数及び回数で割ると冷静に捉えることが可能

smrtap.jpg

価格:11,500円(税込、ワーサイ価格)

舗装路でのパンク遭遇率:10年10万kmと仮定しても、多くても20回程度
さらに10年持つかは怪しく、こういったリチウムイオン機器は7年で使用不可レベルまで自然劣化
すると仮定すると以下

  11500円÷(20*0.7)=約821円
 
つまりパンク一回あたり実に821円のコスト。


対してCO2の場合

 TNi(マルニ)のダイヤル式が本体+カートリッジ2本で1500円以下

年数とか関係なく、10年20回のパンクでの一回あたりのコストは355円

使いきりが怖いという人はエアボーン(2000円)を足せばOK。
20回で割れば100円足し。何度でも使用可能。
(実際にはエアボーンのみで大体済んでしまうけど)

スマエの400gに対して
CO2セット110g+エアボーン60g


重量はスマエの半分以下で、容積率は実に1/3。
400gという数字はみかん3個分。

スマエは意欲作ではあるが如何せん高価すぎるのがネック。
ただ、実用レベルのものを作ったという功績は讃えたいものです。
作ったもん勝ち。
 
関連記事
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
http://desftr.blog54.fc2.com/tb.php/3846-0ad89cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク