表の裏が裏であるように、裏の裏は表である
      
調子が随分戻ってきました。といってもTTやったら1分落ちで泣ける。

一か月走らないとホントダメになることが分かりましたが、プロの人らって鎖骨骨折くらいなら
1か月くらいで(もちろんくっついてないけど)レースに復帰するんでしょ?すごいなあ。

2017-02-13-15-1.jpg

骨には造血機能もあるし、鎖骨といえ骨折すると身体は防御システムを発動するわけです。
膝の骨折よりは5万倍マシですが、肩の筋肉は多少落ちますし全身の代謝も落とします。
プロの人は若いからってのもあるんでしょうね。30代前半までと40代前後からは回復力が全然
違うそうです。


2017-02-13-15-3.jpg

事故したときのタイツを使っています。
カステリのヴェロッチモ。ゲンが悪いけどほぼ新品状態だったので悔しいのです。
つっても、ほぼ新品状態って言っても買った時期を調べたら5年前でした。温存しすぎ。


2017-02-13-15-4.jpg

膝に穴が開いたので手縫いで塞ぎました。ミシンでは綺麗にならなかった。
手縫いも侮れません。ややぼこっとしてるのでまた縫い直そう。


2017-02-13-15-2.jpg

9速のFDがイマイチセッティングアウトするのでFD-5800を使ってみました。
中々いいです。ウルトラシフトとノッチとレバー比が合ってますねこれ。
変速はシャープになって今のところトラブルはありません。
ものすごく剛性があって、繊細に見えて実は力技だなシマノ!って感じ。

ちょっと気になるのは羽根の内側がタイト過ぎること。
カンパの11速もタイトなんですが、それよりもっとタイト。やりすぎ。

例えばトップで合わせるとローで必ず擦ります。物理的な問題なのでセッティングで直る話じゃない。
あと0.3くらい広げればいいのに。

フレームがしっかりしていて、かつシマノのクランクとチェーンリングの精度ならギリギリ当たらない
設計なのかもしれませんが、相手がSRAMの精度では難しいです。
でも精度にもう少し余裕持たないとだめじゃないの?シマノシステムがいつまでも高精度でいられる
とは限らないし、フレームだって力掛けたら結構歪みますもん。
個体差の可能性もありますが、今度自力で広げます。0.3くらい広げたって性能変わらんだろ。
 
関連記事
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
http://desftr.blog54.fc2.com/tb.php/3830-9a2b3605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク