前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
プレスフィットBBの引き抜きについてのお話。

野蛮にもガンガン叩き出す人やショップがあとを絶たないようなので。

ショップはそういう風にレクチャーされてたり、保証絡みでそういう指定だったりするので仕方ないの
かもしれませんが、樹脂カップを介した形式のBBってフレームがぶっ壊れそうなほど叩かないと
抜けなくない?




pu01.jpg



べつに難しいものじゃないです。低レベル知恵の輪。

上画像A、Bのようなものを準備します。Aは丸棒である必要はありません。
角棒でもなんでもいいので適当に作ればいいでしょう。


pu02.jpg

そしたらBBにAを入れてBを通します。
あとは適当に下駄履かせて締めれば抜ける。そんだけ。
図はベアリングですが、相手がベアリングじゃなくてBBアダプターみたいなものでも当然抜けます。

BB30向けのアダプター程度なら丁寧に叩けば抜けますが、SRAMのPF30-BSAアダプターなんて
こうやって引き抜かないとちょっと無理。


   pu03.jpg


私はAについては上画像のような形状のものを作って使っています。
PF30を頻繁に着脱することがあったので、ほぼPF30系パーツ専用として安定して作業できる
ような形にしました。
 
関連記事
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
http://desftr.blog54.fc2.com/tb.php/3802-7cf6dda2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク