表の裏が裏であるように、裏の裏は表である
      
中華カーボンホイールを使い続けて3万km以上経つわけですが、リムは気にしても
ハブのことを気にしてなかった。

18-h-bitex-RAF13.jpg

ハブはフロントがBITEXのRAF13で、


24-Key-Holes-BITEX-RAR13.jpg

リアもBITEXのRAR13です。

3年前だっけかの購入当時はBITEXはマイナーだったけど、少しづつメジャーになってきました。
アリエクスプレスでフリーボディが買えるなんてステキです。アリエクスプレス嫌いだけど。

さておきこのハブども、かなり軽量で中々よく出来ています。
一般的なシールは存在していなくて、ベアリングの接触シールと内輪の端面で密閉しています。
雨が心配でしたが、実際土砂降りで使いまくっても全く問題なし。
ただこれはロットや販売者によるかもしれません。売れると分かれば精巧なニセモノやベアリング類の
グレードダウンが始まるのが中華。
気が抜けません。
私の車輪の場合は工場がハブに自社ロゴを入れていて、仕入先と品質が暗に確保されています。

リアハブについては寸法が若干良くないと思います。左フランジがもうちょい外に出ると嬉しい。
ハイローになっていますがあまり意味は無いです。見た目がいいくらい。
フリーボディはカンパと交換できますが、エンドキャップとワッシャー枚数が変わるので注意が必要です。
エンドキャップが1mmくらい薄いものになり、ラチェット部分につくワッシャーが抜けます。
カンパの方がフリーボディ幅が増えるためですが、最近のシマノ11速フリーのものは同じかもしれません。

そんだけ。
良いハブかと聞かれると微妙。各部の薄さや素材の硬さに危うさを感じます。
歩道走行とかガレ場走行などで無理したらアッサリ壊れるんじゃないかな。
がっしりしているノバテックの方が好きです。
 
関連記事
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
http://desftr.blog54.fc2.com/tb.php/3753-4bbb9e6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク