表の裏が裏であるように、裏の裏は表である
      
いつもの小山田周回して、日大三高の坂に差し掛かる瞬間。


カチカチ… スカッ!!!


kitaka2.gif


2016-07-01-09-3.jpg

うーんとね。 シフトワイヤー切れました。


ここ数日勝手にシフトアップする現象がありましてね。

ロシア語で考える前から自動変速しちゃうぜこれ? 未来に生きてんな!

なんて結構本気で喜んでましたが。


つまり、切れかかっていたということです。


2016-07-01-09-2.jpg

さて、ワイヤーが切れればトップ固定なわけですが。
目の前には斜度12%以上の日大三高の坂。その後に10%で長さも長い病院坂があるんですよね。
しかも家まできっかり折り返し地点なので帰路25kmくらいあるし。

まずはアジャストボルトを締めて13Tに入れます(14Tまでは無理でした)。
日大三高の激坂をSFRで切り抜けて。ここは短いからなんとかなります。


2016-07-01-09-4.jpg

13Tだとこの先はちょっときついなと感じたのでピットストップ。


2016-07-01-09-5.jpg

ちょっとしたアイディア。手持ちの輪ゴムをアジャストボルトの当たり面に挟んで14Tにしました。

これでなんとか病院坂も切り抜けましたが、どうもおかしいのです。
「ガッチャン、ガッチャン」って定期で変速してるみたいな状態になってしまう。
そんなはずはないのに。
あまりに酷くなってきたので確認すると…

2016-07-01-09-7.jpg


この前キンクしてたリンクが完全に固着して死んでた。


2016-07-01-09-8.jpg

カットしてミッシングリンクにしようにも、ピンがかなり固着してるから抜けない。
(※今思えば、周囲の固着していないリンクを切って短くすれば良かった…)

仕方ないのでアウタートップにしてゆっくりゆっくり帰路につきました。
その間ずーっとケージにリンクが「ガン!ガン!」って当たって気持ち悪い。
しかもどんどん酷くなる。ワイヤーが切れるまでは何とも無かったのになんでだ?

後半10kmはペダルを踏んで逆転して戻してまた踏むという、足踏み車のような走り方で切り抜け。
足踏み状態で何キロ出せるか!?みたいな遊びを思いついてちょっと楽しかった。


ワイヤー切れとチェーンのキンクは全く無関係のトラブルです。
メンテしていなかったわけでもない。

このように無関係なトラブルをダブルで起こさせ、かつより酷くなるように仕向けるのが神様です。
そのくせたまにお参りとかするとビギナーズラックのように良いことを起こさせます。
神様に騙されるな!!!
 
関連記事
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
http://desftr.blog54.fc2.com/tb.php/3740-0f9b2b66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク