表の裏が裏であるように、裏の裏は表である
      
BONTのソールとSpeedplayのクリート(クリートベース)が全く合わないという事例。
通常のVayporは問題ないんですけど、他のモデルだと歪みが結構あったりします(サイズにもよります)。

150919_1117.jpg

通常のVayporと足型自体が全く異なるVaypor+で起こったので、「新しい足型のせいなのかな」と
思ったら、通常のVayporと足型がほぼ同じっぽいVaypor Tでも起こってるのが謎。


150919_1121.jpg

普通に付けるとこんなに反る。。これより薄いスナップシムはありません。
ちなみにこの靴はVaypor Tです。


150919_1122.jpg

全体の歪みも相当なもので、一部が浮きまくり。


150919_1114.jpg

仕方ないので大きく切削しました。50mmのフラップホイールを使うとサクサク削れて捗る。

150919_1115.jpg

前後のアールを合わせると同時に、歪みに合わせて後ろ側を斜めに切削。
ピンボケしちゃった。


150919_1116.jpg

前側も浮くので少し斜めに。


150919_1119.jpg

真っ直ぐに、そして歪んだソールに対してもピッタリになりました。

この左足側が酷かったですが、右側も少し合っていなかったので併せて切削しています。

今回はかなり酷い事例とはいえ、精度があると思い込んで指定通りのシムで取り付けていたら反りや
歪みが出ていることに気付かないかもしれませんね。
クリートベースが反ってたり浮いてたりするとクリートが破損しやすくなるので要注意。
反ってしまったら意地で切削していくしかありませんが、浮いていたらエクストラシムで埋めて
おきましょう。

BONTは完全無欠で高精度なメーカーじゃないので大体こんなもんです。必ずどこかが変だったりします。
どうにかして使うのもマゾユーザーの楽しみのひとつです。
 
関連記事
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
http://desftr.blog54.fc2.com/tb.php/3602-3e201708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク