前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
分解もたけなわ

150619_0548.jpg

SSTはたまに買うけど、一般工具を買うなんて実に15年ぶりくらいじゃないだろうか。
ドライバーが粉砕したのでホムセンで買ってきました。

 KTCですよ奥さん!

工具が掛けられる2番ドライバーが1本1000円くらいしたので、ちょっと悩んだ末に税込3600円のセットを
買ってきました。このセット明らかにお得です。税込みですよ税込み。スタビドライバ要らんけど。


150619_0550.jpg
150619_0551.jpg

貫通式で六角軸。 イイネ!

カブ系弄ってる人ならどこに使うかご存知でしょう。そう、憎きクラッチのフタです。


150619_0554.jpg

まずスライディングTバーの軸でガンガン叩きます。ガンガン叩きます。大事なことなので。

ちなみにこのTバーもKTC製です。なんだかんだで品質が良い物だけが残りますね。使い勝手もいいし。


150619_0552.jpg

工具を掛けて、無になります。息を止めて ふんぬっ!!!


150619_0555.jpg

いい工具とピュアなハート、ネコ好きが揃えばこんなの余裕です☆

実際のところここのボルトが取れずに困ったことは一度もありません。


150619_0556.jpg
150619_0558.jpg

中々の量のスラッジ。まあ普通です。
溜まり方や摩耗具合を見る限り走行距離は2万kmくらいだと思います。


150619_0559.jpg

クラッチを外します。センターロックナットレンチはオフセットが多すぎて力が掛けにくい。
普段はエアインパクトを使っていましたが、とある工場に譲渡してしまったので人力です。


150619_0561.jpg

クラッチが取れました。色々外していきます。少し部品の量が多いのでしっかり分別して保管しましょう。


150619_0563.jpg

クランクケースを開けました。それなりの汚れ具合ですが、思ったよりは綺麗。
ミッションやクランクを取り出しましたが、各々パーツの破損はありませんね。
クランクはガタも一切なく捻れも0.02mm!驚異の良好数値でした。
先に外したクラッチも焼けや摩耗は見られず。

ジャンクというのは、このようにバラしてみると意外に個々のパーツの状態が良かったりします。
ただし使いたいパーツがイマイチで、使わないパーツや価値が低いパーツばかりが良好だったりします。
50ccのクランクなんて今回使わんし。
 
 
関連記事
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
http://desftr.blog54.fc2.com/tb.php/3529-c05e58d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク