前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
ヘッドスペックのメモ。
興味ない人から見ればどーでもいい話。道楽です。


150610_0604.jpg


6V前期(HM-E5)8.4ccIN23/OUT20ST50ヘッド、スキッシュなしモデル
12VC504.4ccIN19/OUT16エコノパワー
maniac10.0ccIN23/OUT20C90近似スペックだが100cc前後向け
(水と0.1g単位のデジタル秤で計測、各容積数値には±0.1cc程度の誤差あり)


150610_0605.jpg

6V前期。つまり45年以上前のヘッド。鉄の鋳込みでコスト掛かってます。なんで鉄だったんだろう?
仕上げが恐ろしく綺麗で教科書通りの半球形。バルブ周りには若干凝った造形も見られます。
容積が8.4ccもありますが、ピストン側で3.5ccほど詰めているので圧縮比が8.8あります。
S/V比が大きいので、単純にピストン側でこれ以上圧縮を上げると熱問題が出て燃費も悪くなると
思われる。。


150610_0606.jpg

12Vヘッド。今見られる鉄カブはこの燃焼室です。お馴染みの小径バルブで燃焼室もスキッシュあり。
容積約4.4ccを達成しており、驚異的なコンパクトさです。
全体的に造りがモダンでS/V比も小さい。プラグ先端の飛び出しが多いのもポイントか?
しかしカブは燃焼室の仕上げが綺麗ですね…


6V前期ヘッドは数値だけ見ればC90に近いですが、SV比の件とカムもあまり選べない点で決して良い
とは言えません。まぁ12Vも選べるほど良質なカムがあるとは言えませんが。
”あるものは使ってみる主義”なので、一度6Vヘッドで組んでみようと思っています。

なおmaniacヘッドの画像と詳細はありません、あしからず。
 
関連記事
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
http://desftr.blog54.fc2.com/tb.php/3522-049568af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク