表の裏が裏であるように、裏の裏は表である
      
ナセル装着に伴いバーハンにするわけですが、バーハンにすること自体は難しくありません。
それよりも以下の細かい問題の解決の方が大変。

 ・手元チョークをどこに再設置するか
 ・スピードメーターは既存のワイヤー式では難アリ(純正以外では数値がズレる可能性もある)
 ・インジケーターを見やすく綺麗に付けたい
 ・ケーブル類の美しい配置


メーターはサイクルコンピューターにするのが手っ取り早いので、古いCC-MC100Wを引っ張り
出して設置してみることに。

150416_0362.jpg

しかし、子機の電波を拾わない。。
電池を新品にしても見通し距離で50cmしか届かない。
自転車なら大抵40cm以内になるからいいんですが、オートバイだと確実に不足します。
車輪とトップブリッジまでの距離が結構あるのねー

ちなみに説明書には60cmってなってるけど、元々弱くてイマイチ(たぶんこの機種自体の問題)。
色んなノイズを拾って誤作動しまくるサイコンなので、いずれにせよオートバイには使えないな。
 


関連記事
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
http://desftr.blog54.fc2.com/tb.php/3481-3ad38bc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク