前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
amlクラフトさんとこにお邪魔して、カブのリアフェンダーのカット作業をお願いしました。

150215_0175.jpg

リアフェンダーをカットする場合、タイヤの真上あたりの継いであるところでカットするのが
一般的ですが、こだわってやや長めにします。
継いである部分でカットしてしまうと日常使用で問題が出るし、泥はね運転で整備不良になるので。
エンドラインをタイヤ後端からやや前側にするのが個人的なポイント。


150215_0176.jpg

さておき、まずはテールランプのスポット溶接を外します。

私、道具の扱いは苦手で、とりわけディスクグラインダーが苦手なのでお任せです。
好きな道具は何かと聞かれたら、ボール盤と答えます。ボール盤の爽快感は異常


150215_0178.jpg

取れました。微妙なリブが立ってたり色々発見が。


150215_0180.jpg

そしてフェンダーをざっくり切りました。アース用の穴が嫌な位置に開いてたので埋めます。
溶接で盛って埋めるのかと思ったらわざわざ鉄板を成型して付けてくれた。
「盛ると裏にバリが出るから」とのこと。なるほどさすが。ありがとうございます。


150215_0181.jpg

左右の形状を合わせるために成型中。


150215_0182.jpg

さっき溶接してもらった穴も綺麗になりました。


150215_0183.jpg

取り急ぎ、自分で持ち込んだラッカースプレーのつや消し黒で保護。

ちなみにテールランプはebayで10ドルで買った安物。でもダメだこれ。買わないほうがいいです。
アルミ+LEDって書いてあるくせに鉄+ノーマル球。これ系のテールはスペックが全部嘘ですね。
しかもナンバーを留めるスリットにはM6が入らないという徹底ぶりw
ゴムもなんかボロボロだし。


150215_0184.jpg

テールが天を向いてますが、仮止めなので気にしないでやってください。


150215_0186.jpg

個人的には結構良い感じになったと思います。
ウインカーとシートが重ったるいけど、ウインカーは交換するしシートも作るから今は気にしない。

当初は横から見てアールを付けて丸い感じにしようと思ったんですが、ハーレーのノーマルフェン
ダーのようにストレートに近い切りっぱなしのような形状にしました。


150215_0185.jpg

バックからの眺めが案外いいかも。なんか70年代のスクランブラーみたい。

カット作業は簡単なようで…なんだかんだで結構大変でした。ほぼ見てただけだけどw

そうそう。今度18インチ+幅広化するので、ついでにフェンダー内側も叩いてもらいましたよ。
もうね、徹底的に改造するから!
 
関連記事
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
http://desftr.blog54.fc2.com/tb.php/3446-c09a6e0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク