前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
スピードプレイ を使い始めて丸3年。



不満なく使えています。
キャッチ・リリースも楽だし、調整しやすいし、クリートの耐久性もとても高い。
クロモリモデルを使うぶんにはボウタイ部分もあまり消耗しないみたい。

よく見返したら、3万km以上使ってて二回しかクリートのバネをダメにしていません。
1回は製品不良(素材不良)ですぐに張力が無くなってユルユルになってしまったもの。
これは折れなかったものの6000km少々で退役させました。
二回目は去年の暮れに折ったもの。

二回クリートのバネをダメにしたから2個クリートを消費したわけじゃありません。
消費は1個(1ペア)です。1本づつダメにしたので1ペア。3万kmでたった1ペア。
KeOのクリートが3000~4000km程度で確実に損耗することに比べたらかなり経済的。

スピードプレイのバネはよく折れると聞いていましたが、実際にはそんなに折れて
いません。今のものは折れにくくなったのかもしれませんが、個人差もあるのかな?

なお現在の調整は下記になっています。


 ・ツイスト方向のフロート角度はかなり広め
 ・Qファクター広め
 ・ウェッジシムでカント調整



カントを基本として、あとは絶賛ユルイ感じ。

ツイスト方向を絞ると膝が痛くなったので広げました。半端にやるとクランクに踵が当たり
やすくなるんですが、大幅に広げたらむしろ当たらなくなるという不思議なことに。
人間っておもろい。

Qファクターを広げたのは股関節への配慮です。高強度でケイデンスを上げるとどうにも
痛くなるので。副次的にダンシングしやすくなりました。
Qファクターって過剰に狭くしても特にメリットが無いように思います。

色々と調整をやりましたが、結局は3年前に導入したときのセッティングにほぼ戻っている
という事実w「困ったら元に戻す」ってのは正しいですね。

TIMEなども興味はありますが、迷ってはダメと言い聞かせ。
スピードプレイを今後もずっと使っていこうと思います。
 
関連記事
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
http://desftr.blog54.fc2.com/tb.php/3349-c6a78b91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク