前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
BITEXハブのシマノ10速フリーを加工して11速化しました。

140906_0885-1.jpg

簡単そうで簡単な加工です。でもBITEX製品は入手が難しいので緊張しました。


140906_0881.jpg

11速フリーの場合、端面から底付きするところまでの寸法が36.75mm
採取したのはカンパのHG11速フリーなので、他社では少々異なるかもしれません。
(でも収まるようにしかならないので、恐らくほぼ変わらないと思います)


140906_0885.jpg

それに合わせて10速フリーを旋盤で切削します。

140906_0886.jpg

試しにCS-6800を取り付けて。


140906_0888.jpg

ロックリング(またはファイナルトップ)に対するエンド端面の出代を見ます。


140906_0889.jpg

こちらはカンパHG11速フリー。ほとんど同じですね。成功です。


140906_0884.jpg

次にマビックのスペーサーと10速スペーサーを入れて、シマノの10速のスプロケを装着。


140906_0883.jpg

バッチリです。


=========================================

カンパ11速とシマノ11速の組み立て寸法は殆ど同じになったため、カンパに対応したハブなら
基本的にはこのように加工で11速化させることが可能
ではないかと思います。
ノバテックも切削する余裕があることは確認しました。
例外として、カンパHG10速フリーは不可能でした。10速専用フリーは言わずもがな。

スプロケのセット位置の見方ですが、自転車自体は(当たり前ですが)右詰め・右基準で設計されて
いるので、エンド端面からの出代などの寸法を見ればOKです。難しく考える必要はありません。

140906_0888.jpg

↑これね。

右を重視するとハブ全体がオフセットすることがありますが、だからといって右を削ったりしてはダメ。
「エンド幅がオーバーするなら左側を短縮して、ホイールセンターがずれたら締め直して直す」です。
 
関連記事
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
http://desftr.blog54.fc2.com/tb.php/3336-9638b0f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク