FC2ブログ
このブログを見た人は140年以内に100%死ぬ
      
前回の続きです。

ケースカバーを開けるついでにチェンジシャフトシールを交換します。

190715-1.jpg

赤丸の部分のオイルシールの交換です。
ヘタリによるオイル滲みが見られるので交換します。
Eリングを外せばアクセス自体は可能です。交換できるとは言っていない。



190715-2.jpg

これは右ケースカバーを開けてチェンジシャフトの反対側を見たところです。
Eリングを外してシャフトを4~5mm押しただけでリターンスプリングが外れてしまいます。
それを直すためには右ケースカバーを開く必要があります。
はっきり言ってリターンスプリングが外れないように作業することは不可能に近いでしょう。
なので右ケースカバーを開けることを前提にガスケットやオイルを準備しておきましょう。


190715-3.jpg

シャフトを抜かずに交換できるという情報が多々ありますが、少し突いてみて無理と判断したので
クラッチバスケットを外しました。確か27mmのソケットが必要になります。

エアインパクトで外しましたが、オーバートルクでちょっと難儀しました。
手作業の場合はブレーキペダルを装着して踏みながら緩めましょう。オーバートルクだったら緩める
ことが出来るか分かりませんので、万一の際にはどうにかしてバイク屋に持っていく算段と覚悟も
必要です。



190715-4.jpg

チェンジシャフトを抜きます。SRはシンプルでいいですね。
ホンダでうっかりシャフトを抜くとか、いかにも外して欲しそうなネジを外すとかやったら大惨事になって
クランクケースの殻割りが必要になることもあります。


190715-5.jpg

シャフトを抜けばオイルシールを簡単に外すことができます。


190715-6.jpg

抜いたオイルシールです。
柔軟性は保っていますが、外すときに相当な力を必要としました。
先に述べたように、方々のインターネッツでは精密ドライバーなどを使ってシャフトを抜かずに
交換できると書いてありますが、出来ません。

もう一度言います。


出来ません。


不可能ではありませんが、明らかにやってはいけない行為。


ドライバーなどで引っ張り出すなどといった無理なことをするとチェンジシャフトやクランクケースに
傷を入れて再起不能になる可能性が非常に高いです。
素直にクラッチバスケットを外して作業しましょう。ずぼらせずにクラッチバスケット外せ。


190715-7.jpg

オイルシールを交換したらチェンジシャフトを戻してクラッチバスケットを組み付けます。
ここの締め付けにトルクレンチは必須です。
供回りしないようにブレーキペダルを仮付けして、足で踏んで止めてから締めていきます。

デイトナの説明書を見るとここの締め付けトルクは60Nmです。かなり緩めに感じます。
ちょっと不安ですが、ナットの下に敷くワッシャがスプリングワッシャになっているので大丈夫。


190715-8.jpg

やっとこさクラッチを組み立てました。


190715-9.jpg

400FI用の純正の青スプリングです。RZ350用なんだそうです。
これに交換することによって相当クラッチが軽くなるそうで、実際笑っちゃうくらい軽くなりました。
元々オーバースペックなクラッチなので当方の500cc+FCRでも滑りとか全くないです。

この軽いクラッチも一部の原理主義者には「ダイレクト感に欠ける」とか言われているそうですが、
それって握力の限界付近になってて繊細なコントロールができてないだけじゃないかな?w
てこ比は変わらないからね。元のダイレクト感らしきものが欲しかったら指をスパッと離してみたら
いいと思う。

まぁクラッチなんて軽いほうがいいに決まってるんだからやせ我慢しないことです。
このスプリングはヤマハが長年見て見ぬ振りをしていた問題点をやっと認めて対策したもの
だから(そもそも見ていなかったかもしれない)。
みんな今すぐ交換な。約束だよ。


190715-12.jpg

右ケースカバーを復元する前にチェックボールシートを交換します。
パーツ番号583-13113-00。現時点では680円ですね。

エンジン停止後にドライサンプのフレームオイルタンクからオイルが落ちてくるのを止めるパーツで、
経年で劣化してエンジンへオイルが落ちる症状が出るそうです。
このSRでもオイル落ちしており、ご覧のとおりボロボロでした。
ここってなんだか欠陥構造な気がする。。


190715-10.jpg

ケースカバーをつけました。
ちょっとバフかけたけど結構適当です。ブレーキペダルのところが凹んでて綺麗にならないし、
あまりピカピカにしたらプレッシャーになるからこの程度でええよもう。


190715-11.jpg


ここだけ綺麗だと他の汚さがとても際立つ。

隅々まで整備や手直しが必要で本当にキリが無いジャンクだな。
 
 
関連記事
// HOME // 

カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

Twitter
ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク