このブログを見た人は140年以内に100%死ぬ
      
いつもの。
11日の日付。

2018-01-11-01.jpg

LOOK KG555で。
若葉台TTのみでぐるっと40km。TTのタイムは振るわず8:41くらい。
心拍数170~200をバンバン叩き出してたけど、もしかしてHRMの電池が消耗してる?


2018-01-11-02.jpg

ビブショーツにレッグカバーです。
シューズは白VayporでシューズカバーはBBB。
レッグカバーはSUGOiですが、真っ直ぐ履くと縫い目が当たって流血するので斜め履きしています。

上は長袖ジャージ。
昔は長袖ジャージの使いどころが分かりませんでしたが、今は冬場のメインになってます。
夜中に走らない限りは充分です。


2018-01-11-03.jpg

野菜の高騰が激しいので帰りしに直売で購入。
これを書いている時点では幾分落ち着いてきましたが。

毎日毎日嬉々として大量の野菜を買ってくる旦那はそうそういないか。
料理も管理も私なので自由に買ってます。

 
関連記事
      
雪すごい

yuki2.jpg

ここまで積もったのは18~19年前以来かな。
雪かきしなきゃですけ、雪捨て場が設定されてないのが東京の辛いところね
 
関連記事
      
CAYOのハンドルをROTUNDOからTORNOVAに組み替えたので、そのときの計測記録と
セッティングのあれこれ。
ハンドル銘柄を変えるなんて何年ぶりでしょう。どうせROTUNDOに戻すでしょうけど。


2018-01-07-handle01.jpg

まずはレバーの高さを8mmしゃくりに設定。私の場合はROTUNDOでも全部8~10mm上げです。
TORNOVAはVIBE7Sラウンドに近いアナトミック寄りのU字型のラウンド形状かと思ってましたが、
画像の奥側を見れば分かるとおりシャローにやや近い側の形状になってますね。
ディープよりももう少しシャローっぽい感じ。


2018-01-07-handle02.jpg

シフトレバーのリーチは30mm。
握った感じだとちょっと近いような気がする。


2018-01-07-handle03.jpg

参考計測。ROTUNDOでも29mmくらいでほぼ変わらず。


2018-01-07-handle04.jpg

ROTUNDO+旧エルゴも変わらず。

近いように感じるのはブラケットが立ってきたからでしょうか。
このまま使ってみて具合が悪かったらリーチアジャスト入れようかな。

ちなみになんでブレーキレバーリーチを見ないかというと、そこは全く重視していないからです。
下ハン時にシフト操作をするときはスペースが無いと困るので、レバースペース(シフトレバーの
リーチの広さ)を一番重視しています。
ブレーキレバーは遊びをつけておけばいいし、多少遠めの方がコントロールしやすくて安全です。
握ったときに第二関節が90度を超えるあたりから引く力が最大値になるのですが、それより少し
浅い角度から引き始めた方がいいです。

ランスはブラケットを少し大きめにしゃくるセッティングでしたが、特に大柄で手が大きいわけでも
なかったし、大体同じような理由でそれをやってたんじゃないでしょうか。

180120lance1.jpg

この画像を見ても丁度シフトしやすそうな距離だし、


180120lance2.jpg

ブレーキレバーは指先が掛かるくらいの距離です。


180120lance3.jpg

このふたつの位置関係の良好さが確認できるのがこの画像。
手のポジションに対してシフトとレバーの距離が絶妙です。ブレーキレバーも先端が上手く使えますね。
なお左レバーがSTIではないのはフロント変速にWレバーを使っていた時期だからです。
 
関連記事
      
1/6の日付け。LOOK KG555で小山田1周ほど。

2018-01-06-1.jpg

久々にGARMINのログを落としたら、TTでのタイムがそんなに出ていないのに平均パワー数値が
かなり上がってました。タイヤの転がり抵抗が大きいのと、下りなどでタイムを稼ぐ手法をして
いないせいかな。

それと、今まで最大心拍は180~181bpmだと思ってたんですが、所用で追い込んだときに200bpm
っていう高い数値が出てました。普段から170bpmで走ってることが多いなあと思ってましたが、
単に最大心拍数が高かっただけかもしれません。
それでも「ハード上から最大ゾーン下」の高強度ではあるんですが。

https://support.polar.com/e_manuals/A360/Polar_A360_user_manual_Japanese/Content/Heart_rate_Zones.htm

ちなみに200bpmを記録したときは安静にしていても4~5分ほど心拍が90%から下がらず、これは
ヤバイと思いました。


2018-01-06-3.jpg


クラフトのシューズカバーがまた破れたのでBBBのヘビーデューティOSSで。
BBBはホントいいですね。


2018-01-06-2.jpg

1年前に落車骨折で穴を開けたカステリのビブタイツ。修繕してまだまだ使うよ。



2018-01-06-4.jpg
2018-01-06-5.jpg

ボトルが勝手に抜けていく怪奇現象に悩まされています。

 
関連記事
      
画像の日付は1/4。やっと新年。
思えば去年のこの日に落車して骨折しました。
あれは今思い返してもおかしい事故でした。なんか憑いてたんですよ。

2018-01-04-1.jpg

日記は飛び飛びですが、ほとんど毎日走ってます。
この日は小山田フルを1周だけ。タイムは27:02。こんなもんでしょう。
最近思うんですが、タイムを縮めるべきダウンヒルポイントでの速度が如実に低いです。
どうやら膝を骨折したときの恐怖があるようで、相当意識しないと速度が上がってきません。
トラウマってやつですね。トム・クルーズが映画でよくやってるアレです。


2018-01-04-3.jpg

気温は最近にしてはやや寒い8.4℃。


2018-01-04-2.jpg

サンティーニのストーム・ビブタイツ(GIT-GEL)にクラフトのシューズカバー。
このシューズカバーがまた縫い目のところでバリッと穴が開いてしまいました。
破れては縫い、破れては縫い…きりがないですな。オンボロめ。


2018-01-04-4.jpg

ちゃんとオイル塗りました。相変わらずチェーンジェイです。
オイル切れからの注油でタイムが上がるかと思ったけど変わらんかったよ。


2018-01-04-5.jpg

そういえばKG555は10速の12-25Tなんですが、11速と違いを感じる場面がありません。
今画像を見て10速だってことを思い出したくらいだし。
18Tが入ってるか否かの差でしかないのでそんなもんなんでしょう。

このバイクもそのうち11速にしますが、性能重視での変更ではなく他車との互換性を重視した
改造です。カンパとシマノの11速同士ならホイールを使い回せますが、10速同士だと難しいから。
特に手持ちがカンパフリーが多いので色々面倒なんです。
 
関連記事
      
12/31の日付。LOOK KG555で。
小山田ショート1周のみで約50km。最近短め。

2017-12-31-1.jpg

なんも変わりなく。TTのタイムもそれなりです。
というか寒くてやっとられんよ。
555はノーマルクランク(53/39T)ですが、ノーマルだとアップ時にインナーに入れておけば
適当にアップできるので便利です。


2017-12-31-4.jpg

まだ日が落ちてないのに6.5℃。寒すぎる。


2017-12-31-2.jpg

下はカステリのウインドブロックタイツ。年に3回は出動します。
年に3回しか使わないと考えると贅沢ですね。10年で30回しか洗濯しないわけでしょ。


2017-12-31-3.jpg

ピンボケ

上もカステリのジャージにカンパのジレ。
カンパのジレはボロいボロいと言いながらも長年愛用してます。
弱ぺ世代だとカンパがついこの前までウェアを作ってたことを知らなさそう。
情報の新陳代謝が激しすぎやしませんか。

なお、この日は寒かったのでこの上にウインドブレーカーを着て走り始めました。
暖まったら順次脱いでいけばOKです。脱ぐものが無くなったら…わかるな?


2017-12-31-5.jpg

このギアーのテカり…明らかにオイル切れですありがとうございました。
このFORCE?のチェーンリングがそもそもかなり摩耗してるってことは何年も前にエントリ
したんですが、そのまま使い続けてます。
 
関連記事
      
あけおめなんですがネタとしては走り納め。

画像は29日の日付。LOOK KG555で。

2017-12-29-1.jpg

若葉台TTだけして7:55のタイム。まあまあかな。
スプリントは968Wで普通。
最近パワーログは取り込んでません。EDGEから吸い出すと時間が掛かるので、まとまった時間が
あるときにあることにしました。現在はEDGEの充電のみUSBハブで行っています。
スプリントのときに3sと10sで表示していれば、そのときに確認アンド記憶できるから問題ないです。


2017-12-29-2.jpg

そんなに寒くない日だったのでカステリのクラウディオ・ビブショーツにSUGOiのレッグウォー
マーで。上はクラフトのプロセロインナーにカステリのジャージです。
一応ポリシーとして、シューズカバーを除いて二つ以上のブランドを身に付けないようにしています。
例えばカステリジャージ、スポーツフルショーツ、SUGOiウォーマーはダメ…といった感じで。
あとは北米ブランドとイタリアブランドを出来るだけ合わせないことも心がけてます。
なんか変だから。


2017-12-29-3.jpg

クラウディオ・ビブショーツ…後ろの位置にプリントが来るのね。横だと思ってた。
5年くらい使ってますが、この日初めて気が付きました。


2017-12-29-4.jpg

S33PROが摩耗してきました。まだまだ余裕ですけど、昔のものに比べてやっぱり摩耗しやすく
なってませんかね。現時点で1500kmも使ってないはずです。
昔のものだったらやっとセンタートレッドが薄くなってくる距離のはず。


2017-12-29-5.jpg

ネコが横切っていきました。
トリビア:サビネコはほぼメスしかいない
 
関連記事
// HOME // 
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク