前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
以前に浴室リモコンが壊れたと書きましたが、すったもんだしているうちに台所リモコンもおかしく
なりました。

すぐに給湯器を手配して(12社見積りもらったところ、最安値で98,000円でした)、その後にどうしても
原因が気になってしまい。だって屋内配線の不良だったら再配線しなきゃでしょ。

屋内配線にテスターを当ててみると、先日は11.5V程度出ていたのにゼロになってました。
これは…
念のためリンナイに電話してリモコン配線の極性と仕様を聞いてみましたが、混んでて返事待ち。


2017-09-01-15gas01.jpg

返事待ちの間に屋外の給湯器をチェック。
よく見ると本体下部からリモコン配線が出ているので少し引いてみたところ、

抵抗無く 一本 コードが 抜けた。


ええっと、配線が思い切り劣化してますがな。。


2017-09-01-15gas02.jpg

内部に配線図が入っていたので確認。
この給湯器の施工業者がダメダメなので、元の配線と随分違う接続がされていて頭が混乱しますが、
じっくり見て理解。


2017-09-01-15gas03.jpg

リモコン配線は左上にあり、


2017-09-01-15gas04.jpg

ほっそい線で下まで伸びてます。
機器の出口のところで一旦マウンタ(金具がついたマウンタ)を介するようです。
接続金具がボロボロで、ネジも外れず使えなくなっていたのでこの接続金具を無視することにします。


2017-09-01-15gas05.jpg

ネジがついてる白いパーツがマウンタね。

三本の線を束ねて仮接続すると見事に復活!
1本は本体からの線、1本は台所リモコン、もう一本は浴室リモコンの線。

本来コードを三本束ねてくっ付ける仕様ではなく、先端にクワガタ端子をカシメてマウンタのところでネジ固定
して集合させる仕様のはずです。
施工業者が束ねてカシメるなどというテキトーなことをするから、自重で順次断線していってリモコンが
次々に機能不全になったわけだな。


というわけで10万円を捨てることなく華麗に復活しました。
しかしまあ、本体内部の素材設計も稚拙、引き込まれたリモコン配線自体も脆弱。施工も悪い。
内部金具や配線の劣化、施工不良による断線が原因の故障って多いんじゃないでしょうか。
テスター当ててみて12Vが来ていなければ屋外機器内部or周辺の断線でビンゴだと思います。


終わった頃にリンナイの技術さんから電話がありまして、リモコン配線には極性はありませんとのことでした。
DC12Vが通ってるけどDC極性は全く関係ないそうです。
ネット上では極性があるだの無いだの言われているので確かめておきましたよ。
 
関連記事
      
IDOLで。
画像データに29日とあるので、朝に小山田二周で75kmほど走った日かな。


2017-08-29-01.jpg

ガーミンのログを落としてないので記憶になりますが、若葉台TTは7:41で小山田は25:30と26:24
だった記憶が。至って普通な感じ。
平日早朝はマイペースで走れてラクでいいです。土日は嫌い。


2017-08-29-02.jpg

ウェアは古いジョルダーナのセットアップで。最近ジョルも入手難で悲しい。
まぁ第二の皮膚とか言われてましたが普通ですよ。第二の皮膚は明らかに言いすぎです。
フィット感や肌触りはカステリの方が良いです。下位から上位まで。
ジョルダーナはケツが大きい設計だったりして色々変です。


2017-08-29-03.jpg

ポテンツァにセットしているFDは5800ですが、これがすこぶる具合が良い。
摩耗したSRAM FORCEのリングでも間髪入れずに安定して変速できてます。
カンパはケンタウルですらFDの値段を下げなくて手が出しづらいし、5800でも全く問題を感じない
ので今後も5800を使うつもり。

なおチェーンステイに貼ってあるのは自製のチェーンサック保護のためのステンレスプレート。
つまりサックガード。
IDOLでも一回だけサックしていて、その節はかなり役に立ちました。
このガードは後方まで長めに作ってあるのがポイントです。長年のサック経験を基に設定しました。

巻き上げたチェーンはアウターとチェーンステイの間に挟まり、チェーンステイの中央付近まで傷を
つけます。理想なのはチェーンステイの中央付近までガードすることですが、あまりに大袈裟になる
ので程ほどでいいんじゃないかと。
致命傷になるのはアウターとチェーンステイの間あたりなので、ここを確実にガードできればOK。
CAYOでは巻き上げたチェーンがプレートの上端に引っかかって悪化させてしまう事例が多発してい
るので、それを避ける目的でプレートを上側まで巻くような形状にしてあります。
これで巻き上げたチェーンが引っかかって取れなくなるということは防止できました。

各メーカーでサックガードが標準装備されるようになりましたが、初期のものはBBに近いところに本
当に申し訳程度に貼ってあるだけでした。今現在でもまだまだ申し訳程度のガードですが、それで
も形状や付け方を考え始めてるようだし、多くの車種に当たり前のように付くようになったのは大き
な進歩。
まだ小さめのままなのはセールス上の何某もあると思います。ゴツいガードなんて付けたらぎょっと
されるもんね。

個人で使うぶんには好きなようにカイゼンすりゃいいんです。

関連記事
// HOME // 
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク