前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
IDOLで。
小山田1周+ショート1周ほど。70km。

2017-08-17-01.jpg

若葉台TTは杜の一番街下の重要な信号に掴まってしまったので8:06。
小山田はフルが25:49、ショートが15:36。
絶対的には速いわけじゃないけどカーボンクリンチャーの方が安定してタイムが短縮してます。
やっぱり登坂で妙に軽い印象があり、出力も高く出ます。
出力が高く出るということはそれだけ疲れるということでもありますが。

ロヴァールのハブは特にいいものではないので、まずは「硬いリム」という、良い車輪を作るうえで最も大事な
条件を満たしているおかげか?
ずっと愛用しているチューブラーリムの方はタイヤと組み方で誤魔化してるけどリム自体はヘナヘナですもん。


2017-08-17-02.jpg

シューの減りは少ないです。チューブラーリムの方は3000kmあたりまでは消しゴムのように減ってましたが、
このリムは減らないですね。焼きつきが怖いのでもう少し減ってくれたほうがいいんですが。
この手合いは雨天では効かないタイプのリムだと思いますので、雨天では使わないことにしています。


2017-08-17-03.jpg

先日紐と編み方を変えたT-ONEで。
やはり純正紐の方がフィット感がいいような気がします。
編み方は問題なさそう。この日は紐のテンションに失敗。後半からフィットがちょっと緩くなってしまいました。
走ってるうちに足のむくみが取れるので後半に緩くなりやすいです。
 
関連記事
// HOME // 
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク