前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
久々に大垂水に。往復100km強のライド。
膝を骨折するまでは毎週どころか週に何度も行ってたのに、骨折してからはてんでダメ。

みんなも可動部の骨だけは折るなよ?本当に一生の傷だぞ?
膝蓋骨骨折に比べれば鎖骨骨折なんてゴミカス以下の軽傷。
コンタドールが高原骨折したあとから意地でも膝を守りながら落車するそうですが、コンちゃんの
気持ちは痛いほどわかる。イテテテテ


2017-05-03-17-1.jpg

ほうほうのていで高尾に辿りつき、登り始め。往路が9:32、復路は10:26でした。
瀕死のわりには悪くないタイム。ここの復路は妙に苦手なんですよね。
今日は大垂水から相模湖まで渋滞!していたようで、大垂水裏のダウンヒルがほとんどできませんでした。
すり抜けて行っても下りきるまで10分も掛かった。事故渋滞だったのかなあ。


2017-05-03-17-2.jpg

今日はCAYOで。リアのS33PROは日に当たるとケーシングの模様が浮き出てる気がする。
うーん、まだまだ使えるな。



2017-05-03-17-4.jpg

Vaypor1号で。前に雨天で使ってドロドロになったので綺麗にしてあげました。
なんとなく買ったソックガイのSGXソックスと合わせてみる。だからなに。


2017-05-03-17-5.jpg

Vの字が剥がれてきたのでボンドで留めましたが
剥がれてきてる。早すぎたんだ…


そんなこんなで死に体で帰宅しました。
今日は風が巻くように強く吹いていてほんとクタクタ。
 
関連記事
      
Vaypor Sを試着する機会がありました。
ので、軽くインプレ。

170503vaypors.jpg

基本的には旧Vaypor+のソールを使って作った感じで、無印Vayporと比べて土踏まずは低めです。
つま先のフットスペースは旧Vaypor+ほどではないにしろ、上下に少し広めでした。
アッパーの締りが非常に良く、指の根元のあたりから甲全体にかけてかなり均一にしっかり締まる印象。
指の根元のあたりからスーッと締まるので、旧Vaypor+で私が欠点としていたつま先のフィット感については
劇的に改善しています。
無印Vayporと旧Vaypor+の良いところを上手く取ってきた(現時点では)理想的なシューズ。

いいところばかり目だって欠点も見当たりません。
まぁ強いて言うなら脱ぎ履きのときにダイヤルを二つとも開放しないと脱ぐのが困難で、履くときもタンが
変に寄らないように気をつけながら、下のダイヤルから丁寧に締める必要があります。
あと欠点といえば、もう見飽きたクルクルBOAくらいか。。
でもBOAあってこそのフィット感なのでそこは良しとする。

サイズがネックで、メーカーでは「大きめを買え」ということになっていますが、どう考えても旧サイジング
基準でいいような気がします。
べつに足型が小さくなったわけではなく、あくまでもハーフサイズアップ推奨ということになっているようです。
特に不具合が出るようなヘンテコなアッパーでもないし、なんでそんなことにするのかさっぱり意味分からん。

Vaypor愛好家でもサイジングが怖いので、愛好家でもなんでもない人は絶対に実店舗で買いましょう。
いや、まじで。
 
シューズ自体は名作間違いなしです。
欲しいけど高いから買わん。
 
関連記事
// HOME // 
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク