前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
今日は555で。朝の小山田2周。
ルーティンです。
特に何があったわけじゃないけど、違ったことといえば南野セブン前に蛇がいたくらいかな。

2017-05-31-01.jpg

昨日の真夏日はちょっときつくてタイムも落ちたけど、今日の涼しさなら何とかOK。


2017-05-31-02.jpg

1Lボトル。もはや季語。

75kmの道程で750mlではちょっと不足するので引っ張り出しました。いい感じ。
まだツインボトルにはしない。


2017-05-31-03.jpg

左右差は49-51。ただ仮想なので実際には53-47じゃないかな。
悲劇の膝蓋骨骨折からよくここまで復活したもんだ。
何度も言いますが、下肢の可動部の骨折は本当にヤバイです。下肢の棒部分の骨折なんて
大怪我とはいえない。
鎖骨骨折なんて「おまえ遊んでんの?」ってくらいのレベル


2017-05-31-04.jpg


Vaypor1号。
右のくるぶしの下あたりに強いアタリが出てきたので部分成型しなきゃです。
急にアタリが出てきたのはミステリーですが、全体を熱成型した黒Vayporを使ってたら良い意味で
足が変形してきたのかもしれません。

 
 
関連記事
      
IDOLで。
CAYOと三台でローテーションしていきたいんですが、基本的に二台までしかスタンバイできないので
CAYOは少しお休み。

2017-05-11-1.jpg

ホイールをいつもの38mmカーボンチューブラーにしてみました。


(なんかわからんけど強そう)


癖があるカーボンTUに換えても全く違和感無いので、わりと懐が深いフレームのようです。

ちなみにIDOLのチェーンリングは真円です。
楕円と交互に乗っていれば日々そんなに違いを感じることはありませんが、登坂ではBIO CONCEPTを
入れた555の方が楽しいかも。真円も真円でいいところはあるので何とも言えません。

…真円のいいところっていうと、なんだろう。
まるっと回せるところかな?(適当


2017-05-112.jpg

ポテンツァのRDは快調です。特に意識することはありません。
チェーンテンションは張り気味ですが、それでも一回サックしかけました。
チェーンはYBN。随分昔にオクで投げ売りしてたのを買いましたが、YBNの11速なんてとってもマイナー
ですね。チェーン自体は毎日1000~1200Wを受け止められているので丈夫っちゃ丈夫です。
 


関連記事
      
555で。小山田二周ほど。
出たくなかったけど、走らないと死ぬそうなのでものすごく頑張る。
出ても出なくても常時死んだようなもんだけど。


2017-05-28-15-01.jpg

前下がりに見えるけど気のせい。むしろ若干前上がりに修正してます。

ちなみにブラケットを下端から1cmしゃくって、ハンドル自体も少ししゃくるのが好み。
ブレーキの遊びもかなり多めで。

ブラケットをしゃくると下ハン時にシフトダウンレバー操作がしやすくてブレーキも的確に掛けやすい。
ハンドルをしゃくると下バーの落差を少し稼げるうえ、ダンシング時のコントロール性が上がる。
ブレーキの遊びは多すぎると効きすぎることがあるので注意してセット。

全てに理由があり、セッティングにも自分なりの理論があります。
しかし最後に決めるのは「カッコいいかどうか」。これに尽きる。
「カッコいい」と「かわいい」はたまによく理論を超越する。

以上どうでもいい話でした。


2017-05-28-15-02.jpg

自作EDGEマウントもそろそろ塗装してあげないと。
ちょろちょろ見える草は小判草です。周回するごとに少し採集して穴にぶっ挿して持ち帰ってます。
庭に撒いて小判だらけにするんだ。


2017-05-28-15-03.jpg

今日は二周目ですでにダメダメで、病院坂は普段39x23か21Tで登ってるんですが、気が付いたら
25Tに入ってたしにたい。

ご覧の通りチェーン洗いました。
スプロケは洗いませんでした。
そこまでやるのはとてもめんどうくさいです。
 
関連記事
      
温故知新ブームです。

この前のNスタで「古いものを温めて新しいものを知る」

って言ってたのを私は見逃しませんでした。

電子レンジかよ。


2017-04-19-idol01.jpg

懐かしい初代アイドル。2008年製。アイドルといってもキョンキョンを想像するのは日本人だけで、
「憧れの対象」という意味でのアイドルです。特にこの時代のヨーロッパには日本的アイドル文化
というものは存在していませんでした。(2010あたりに秋元康さんが持ち込みました)

で、アイドルらしかったのはこの次の代までで、以降中台製になってからはもはや粗製乱造アイド…
いやなんでもない。

でもひとつだけ言わせてや。台湾IDOLはハートマーク散らしすぎ。そういうブランドだっけ?


2017-04-19-idol02.jpg

ポテンツァで組んでいますがFDは5800です。引き自体は問題ありませんが、羽根の設計がタイト
過ぎるので少し羽根を広げています。
カンパのFDバンドアダプターを使って丁寧に取り付けました。

直付ではなくバンド式の取り付けになりますが、この頃のIDOLはFDバンドの締めすぎでパキッと割る人が
多かったので注意が必要。幸いにもこのフレームは割れていませんでした。
シートチューブの肉厚は充分にあるのにパキッと割る人が多かったのは、当時はカーボンに不慣れな人が
多かったのか、バラつきがあったのか?


2017-04-19-idol03.jpg

フォークはミズノ製でかなり硬い良品。

ヘッドパーツは上下1-1/8でカンパ・ヒドゥンです。 
カンパ製のこのヘッドパーツは造りは悪くないんですが、シールリップの耐久性に難があり、組み付け時の
癖も強いです。格好と回転性能はいいのですが、FSAのオービットなどのシンプルな形式のヒドゥン互換
ヘッドパーツと交換したほうが整備性・耐候性が良いと思います。私自身もすでに手配してあります。


2017-04-19-idol06.jpg

デローザをデローザたるものにしているのが、このインテグラルシートポスト(ISP)かな。
なんやかんや言われるけどカッコいいよ。カッコいいがいいに決まってるじゃん。
おまえは同じ性能なのにあえてカッコ悪いものに跨りたいのか?

幸いにもISPをカットされていない個体だったのでポジションがピッタリ出せました。

昔は「EROSA」になってるIDOLもありましたね。


世間の反発を受けてISPは廃れてしまいましたが、出るのが早すぎたんだと思います。
サドル設計がまだ魑魅魍魎だった時代で、ISP流行のおかげでサドルメーカー各社のサドル寸法(サドル
レール高)がある程度揃い始めたように思います。
「おまえそれ遊んでるだけだろ」っていう奇抜なサドルもほとんど無くなりました。

デローザはISPを最適な長さにカットして出荷していましたが、ユーザーが自分に最適なサイズを選べばよっ
ぽど変なサドルでも使わない限りポジションが出せる寸法になっていました。
サイズバリエーションもかなり豊富な方で、普通はそんなに困らなかったはず。
※ちなみに当時はカットやカット長を指定しての納品も可能でした。もちろんフルオーダーも可能。


2017-04-19-idol04.jpg

で、IDOLのISPですが、出始めでまだ未熟なところがあります。
というのもチューブが太すぎる。太すぎて内腿に当たる。前のオーナーが擦った跡もしっかりあります。
これにはメーカーも気付いたらしく、以降のKING3などは管径をワンサイズ落としています。
数ミリの差ですが結構大きいもんです。


2017-04-19-idol07.jpg

チューブは非常に凝っており、トップチューブは基本的には縦に長い楕円になっています。
トップとダウンにシュッとモールドされたデザインが秀逸。
モノコックに見えますが、チューブ同士をくっつけた接着フレームです。
中を覗くとボンドが凄まじくはみ出しています。

でも安心してください。汚いボンドが見えたらそれは本物のデローザです。

さて、乗ったときのインプレは後日ニョロニョロっと書いていこうと思います。
硬い硬い言われてますが、決して硬くはないですよ。
はみ出したボンドの量でちったぁ変わるのかもしれんけど。
 
関連記事
      
555で。555の頻度が上がってるのは最近雨がちだから。雨の日用になりつつある…

2017-04-01-55501.jpg

特に何が変わるわけでもなく。たまには車輪くらい換えてあげようかな。

小山田周回のタイムが前日は25:31で、本日は26:36。25分台は久々な気が。
前日はわりとのんびりと走っていて、むしろ本日の方が平坦区間での速度を上げたのに
タイムが遅かったのが謎。1分差はあまりに大きすぎる。


2017-04-22-02.jpg

そういえば二週間くらい前から全車サドル高を下げました。
708mmくらいになってたのを一気に702mm程度まで。昔は698mmだったので違和感なし。

下げた理由は…そうですね、ほとんどの時間でかなりの前乗りになってることに気がつきまして。

上げれば上げるほど前乗りのときに当然都合がいいんですが、ポジションのバリエーションを失うんです。
前乗りで回してるかダンシングしているかの二択になっちゃう感じ。
常時前乗り状態で乗り切っちゃってもいいんですが、前乗り自体が安全な乗り方とは言えないし目線も落ちがち。

下げてみて実際どうなのかと言われると、うーん、分からん。特に悪化していないし諸々の耐久力は
上がった気がする。
 
ちなみにサドルの高さの測り方は、自転車の左サイドからサドルレールの真ん中めがけてメジャーを伸ば
してます。シート角を完全無視するのは当然ですが、サドルレールの真ん中を基準にしてるってのがポイント。


1705saddleheight.jpg

こんな感じで、メジャーの帯の右を見て左を見て、最後にメジャーの帯の中心を見て決めます。

レール中心なんてサドル銘柄によって変わるじゃんって話も聞こえてきそうですが、だったらサドルを
変えなきゃいいじゃん。


そういえば最近はなんだか無茶苦茶なことになっていて、BBからの垂直線の高さでサドル高を述べたり
決めたりするケース(というか人)も多々あるようです。下手すれば地面からの距離でサドル高を決めたり。
サドルセットバックを気にしていなかったり、BBドロップの違いすら知らないらしい。。
前者は正確に採寸できれば決して間違いでは無いんですが、共通言語(一般測定法)ではない所為で
他人と意思疎通が出来なくなるのでおすすめしません。
おまえのスマホどのくらの性能?って聞かれてプレスコの78%って答えるようなもんです。
 
 
関連記事
      
CRAFTのエリート・ジャージを長年愛用しています。
日本人に似合わなさそうな、リアルに充実したデザインが好きです。
長年愛用といっても2013年あたりからだし、他にも多数ジャージを持ってるのでせいぜい使用40回くらい。

2017-05-24-10-1-2.jpg

↑はどこかのショップから拝借しました。元のプレス画像がもう転がってないので。
最近のインターネットトラフィックの消去って早すぎない?永遠に残らないものに情報価値あんま無くない?

胸にゴム引きのような素材でシュッとした黒いデザインとロゴマークが入っていましたが、今年になって
この部分だけが急に腐りました。
洗濯したときに黒い汚れが沢山付きはじめて、「なんだこれ?」って探ったらこの部分がやたらベタベタ
してまして。もうダメな感じ。経年劣化というやつです。


2017-05-24-10-1.jpg

だから取りました。ゴム引きっぽい部分は全部。

取るのはそんなに難しくなくて、揉みながらブラッシングすることで大体落ちました。
墨のように周辺が黒くなりましたが、伝家の宝刀「カビキラー」をかけて分解漂白。
カビキラー愛してる。


2017-05-24-10-2.jpg

胸のシュッとした部分はロゴのように後でプリントされたわけではなく、ラバーを転写した布を用意して縫い
つけてある仕様です。縫い込んである部分のラバーが残ると気持ち悪いし今後また汚れていく原因にもなる
ので、中の方のゴム引き素材までカビキラーで執拗に溶かしてたら…なんとピンク色に変色。。

もうダメかと思ってネットで検索したら、

「ピンクは日焼け止めとの反応。濃縮洗剤で揉み洗いすると落ちる」
「還元漂白剤で落ちる」


などと記載があったので、

「嘘やろ?日焼け止め関係ない位置だし素材が変質しとるやろ??」

などと思いつつ、ダメもとでナノックスとハイドロハイターを混ぜてもみ洗いしてみると…



2017-05-24-10-3.jpg


ホンマや!!!!


インターネッツの情報価値最高っすよ!!!!!



2017-05-24-10-4.jpg


ちなみに後ろのロゴも消しました。
ロゴがないジャージはちょっと間抜けなので、アイロンで貼るラバー素材をプロッタで抜いてロゴくらいは
修復しようと思ってます。素材自体は入手してますがいつになることやら。
 
関連記事
      
今日は555で。

2017-05-24-001.jpg

常に画像の車軸を水平にしてるんですが、誰も気付いてないだろうな。
だからここに宣言しておきます。

実はいつも車軸水平に直して掲載してます。

以上。

水平を出して遠めで見ていないとサドルとかの細かいセッティング変化に気付きにくいとか
色々あったりなかったり。どこかでピシッとさせたいやん?


2017-05-24-001-1.jpg

ちょっと久々のスポーツフルのボディフィットプロのセットアップ。
フィットよしポケット使いやすし、プロユース製品ってのはやっぱりいいもんだ。

最近、腰のあたりの中殿筋?がやたら発達してて嫁に「すごいよ?大丈夫?」って心配されてます。
自分でもなぜ発達してるのか分かりませんね。


2017-05-24-002.jpg

そうそう、KGシリーズの特徴としてリアブレーキケーブルのインターナルルーティングがあるんですが、
アウター全通し式なんですね。


2017-05-24-003.jpg

んで、そのままだと水が入るので気休め程度にOリングをつけました。
本来何もなしで通しっぱなしなんだと思うけど。
古い機種なので細部はよくわらん><


2017-05-24-004.jpg

全通しの方が引きは軽くなるんですが(←これ不思議)、整備時にびょーんってシフター
からリアブレーキまで伸びたアウターが非常に邪魔くさいわけです。

だからジョイントを作って分割できるようにしてあります。
ジャグワイヤーなどで同様なアイテムは出てます。
全通しの人は分割したほうがいいですよ。

 
関連記事
      
大しながら小できるのは人間だけなんだそうです。


2017-05-23-15-01.jpg

Garminのvivofit2を入手しました。もちろん中古だよ。
普通は下位モデルを買ってから上位を買ってしまったりするもんですが…うーん逆行ってる。
活動量計のメリットは分かりましたが、目的がハッキリしてるので普段は下位モデルでいいと判断しました。
充電しなくていいし。


2017-05-23-15-02.jpg

んで、vivofitのバンドにはSとLの二種類あって、手首周りが154mmの私の場合はSが合うはずなんです。
実際付けてみるとLの方が好みかも。


2017-05-23-15-03.jpg

Sが左側、Lが右側です。
Sは長さが結構ギリギリで、Lはやや余る感じです。
Sの方が無駄が無いかもしれませんが、調整穴が沢山見えるのがあまり格好良くない。
ほら、腕時計でもそういうことってあるじゃないですか。

これ皆さんも悩むところみたいで、小柄で細身な日本人男性でもLのバンドを使う人が多いようです。
Mサイズがあればバッチリなのにねえ。

大しながら小できるのは人間だけですが、中はできませんものね。仕方ないデスね。
 
関連記事
      
朝から暑いんじゃぼけー

2017-05-22-01.jpg

などと愚痴りながら小山田フル1周+ショート1周。

昨日一日休息にして今日はそれなりの睡眠時間で起床。

でも起床時心拍が10bpm上がってて、「えっ疲労してる?嘘やろ?」って思いながら出てみると、
確かに変に疲れてる感じ。出だしから10km走る間は心拍80~90%をマークしてて死ぬのかと思いました。
最高195bpmとか記録してたので、心拍バンドもおかしいのかと思ったけどそんなでもなさそう。
急な暑さに身体が追いつかなかっただけでしょうね。


2017-05-22-02.jpg

キレテ~ル
正月早々ネオプリマートで鎖骨骨折したときのダメージがサドルに残ってます。
今現在は鎖骨にチタンボルトが入りっぱなしですが、抜く手術では自転車保険が下りないそうなので
ボルトを抜くか考え中。ある意味で補強が入っている状態なので、それを良しとするかどうか。


2017-05-22-03.jpg

Vaypor… 黒… ええと、何号だったっけ。。301号だな。

仕事でデータの番号の割り振りが分からなくなったら1~2桁増やすのだ(あとの人のことを考えていない)


この前スカイブルーを履いてる人に遭遇して、いいなぁって思いました。
ずっと前から赤と青が欲しいんですよね。人間の欲望はきりがないですね。


2017-05-22-04.jpg

かれこれ2年前の膝の骨折ですが、ほんと最近やっと普通の生活が出来るようになった感じ。
それでも歩行時に痛みが出る日があります。
こういう部位の骨折で分かったことですが、身体の保護機能で1年間程度は筋肉の付きを悪くするので、
数倍は頑張らないと筋肉がついてくれません。
しかしそもそも身体がそれをしなきゃいけないからそうしているわけで、無理をすると関節を痛めると思います。

去年調子(TTタイム)がやたら良い時期がありましたが、あのときは身体が眠らせている力を開放してたんで
はないかと思います。運動後のダメージが大きかったし。今はタイムは落ちつつも安定してきています。
 
関連記事
      
EDGE500のネタです。

EDGE500は「爪折れ」トラブルが有名ですが、それも昔の話。

爪折れ画像を集めてみました。

edge500sample1.jpg

随分前から海外で話題になっていた話ですが。
爪折れを起こす個体には画像で分かるレベルのある共通点があります。
要するにメーカーがしれっとマイナーチェンジをしていて、実は前期型と後期型に分かれています。
前期型は脆いわけです。(…ひどい話だ)

この違いはもちろんほとんど知られていないので、嘘を見抜く際の材料にもなります。
前期モデルで「1年しか使っていません」とかほぼ嘘。
そんで売られている青い500の殆どが前期モデルだったりします。これはちょっと謎。

なお少し前に中古の後期型を買ったんですが、オドが記録されたまま渡してきました。
「2000kmしか使ってないです」→「30000kmって記録されてますが?」っていう。
そのくらいはべつにいいけど、せめて嘘をつくなら突き通せよ?
 
関連記事
      
土曜日。
きょんたに4時30分に起こされてしまって睡眠4時間、しかも睡眠が浅いっぽい。
そんな中で5時から出走。

2017-05-03-17-2.jpg

若葉台TTのタイムで調子が最悪なことに気付く。

「寝不足で調子悪いけど8:10くらいだろ 5人パスして牽いてる状態だし チラッ」

 [8:51]  ガーン」

自分が体感してる以上にタイムが悪い…これはかなり良くないパティーン


仕方ないので流しで行くと決めて小山田周回に入り、まずは26:32という遅めのタイムで1周。
もうね、ヤマダ坂で必死なのに30km/hしか出てなかったという。
そこから「時間あるしもう一周するか」に始まり、「どうせならもう一周」で三周。
タイムは26:41、27:03と順調にスローダウンしました。
さすがにもう飽きたので帰宅。合計91km。
三周なんて膝の骨折前以来です。膝もちょっとは良くなってるみたいね。

かなり疲労困憊、仕事もヤバイので日曜日は自転車はオフにして缶詰になります。


2017-05-hr1.jpg

ガーミンのvivosmart HR Jを導入してみました。中古ですが。
無駄にごついのと充電が頻繁になるのと普段使いだとバッテリーが弱るのは目に見えているので、
活動量計としては使わず基本的に心拍計&通知用。
平日のコアタイムだけ使って、普段は胸バンドにすることにしています。
心拍取りたいのはもちろんですが、走ったりしてるときに連絡を落とさないように。


心拍に関して。
LED式で心拍が取れますが、レスポンスが若干遅れる気がする。
あと状況によって低めに出るときがあるような?
10秒平均を取れば違いはないんですが、胸バンド式の方が表示が即時だし信頼性は高いと思います。

通知に関して。
通知機能はちゃんと機能しています。EDGE520と違ってGmailもEmailもちゃんと取れます。
(EDGE520はなんであんな使えないゴミ仕様になったんだ?)
ただ走行中だとバイブが弱くて気付かない。
音も出せる仕様になればドロップしないのに。

活動量計としては使っていないとはいえ、寝るときにだけ付けてます。
睡眠時間が分かるし眠りの深さも結構精度が高そう。これ便利ですね。
 
なお液晶保護シートは適当な在庫からハサミで適当に切り出して適当に貼り付けました。
端が浮きまくってるけど気にしない。何度も言いますが私はA型です。
 
関連記事
      
いつもの感じで。 小山田二周。
最近二周が基本になってます。

2017-05-19-1.jpg

レンズが汚れてまた紗がかかってる。
黒ゾンダ飽きたので銀ゾンダ復活させるか。
いや、でも銀ゾンダは横風に少し弱い…しかし煽られ番長のシャマルよりは段違い…ブツブツ


2017-05-19-2.jpg

最近はアベレージバランスが50-50か、右51の左49って感じで落ち着いてます。
ただし、あくまでも仮想であって全く信用できない値なのでなんとも言えない。
自己認識できるほどに左右でペダリングが違いますし。
左で回してて、右は押してる感じ。どっちもパワーはそれなりに出てるけど、筋肉の張りが違います。


2017-05-19-3.jpg

その筋肉ですが。
最近なんだかおかしくって、体重が妙に増えてるんですね。この時期はガンガン減っていくはずなのに。
今現在62.5kgもあります。伴い筋肉量もじわじわ増加。体脂肪率も8%強から9%後半に。

しかし、妙に疲れが出にくくなったので非常に捗ります。
身体の中のヤバイ・スイッチが入ったのか?

筋肉が増えて筋力もそのぶん上がるわけですが、タイムを取ると変わらない。
平均出力だけが上がってる状態。
骨折前の全盛期の体重が55~56kgで、そのときから8kgも増えると全然登れないです。
同じ感覚で登ってても登坂区間でタイムを取ると結構遅い。

ただし、筋肉を減らすことは容易だけど増やすことは困難なので、これはむしろいいことだと思う
ことにします。せっかくヤバイ・スイッチが入ったことですし。

しかしなんでだろう。HRM付けてて分かったけど、始終vo2max領域に入りすぎてるせい?
もう死ぬのかな?
 
 
関連記事
      
日大三高を下ったところにこんなのが生えてて
キモイと思ってたけど意を決してブチッともいできた。

2017-05-17-1610.jpg


植物の種(鞘)ですが、鳥に食わせるために幼虫に擬態してるわけです。

リアルすぎないか。

何の植物なのか、ぐぐっても出ませんでした。
 
※コメントいただきまして、小判草というものだそうです。ありがとうございます。
 
関連記事
      
前に書くと言ってた件。
EDGEの自作マウントのお話です。

以前作ったマウントでも良かったのですが、どうも安定性に欠けるのがネックでした。
http://desftr.blog54.fc2.com/blog-entry-2935.html

K-EDGE使ってるとフニャフニャ感が気になるねん。

2017-mount01.jpg

なので、もう一度アルミ板を切り出し直して再製作。

何がフニャフニャするって、純正のマウントを無加工で使うとどうしても僅かに回転してしまうせいです。


2017-mount02.jpg

そこで、旋盤で純正のマウンタの樹脂の裏側のウェーブ形状になっている部分を切削して真っ平らに
しました。ついでにゴムを掛ける出っ張りもカットしています。

以前と同じようにM3の皿ネジで止めてあります。EDGE側をできるだけ傷つけないように皿ネジの頭部は
少し削りました。


2017-mount03.jpg

このままでは樹脂のマウント部分がぐるぐる回ってしまうため、回り止めのために裏からM3ネジを
打ってあります。ここが今回の工作のポイント。
回り止めとして機能すればいいので、ネジはベース側のアルミ板に立ててあり、長さもギリギリに。
仮で作ってテストしてるだけなので、スマートに仕上げるならイモネジをツライチまでねじ込んで接着
固定してもOK。

工作自体は簡単ですが、車体に対して二個の穴を真っ直ぐにするのが案外難しいです。
このマウンタも穴を開けるときに神経を使ったのに少し斜めになっちゃってます。
 
関連記事
      
シンクロは諦めてRDを買いました。

2017-05-11-01.jpg

円高のおかげで何とか我慢できる価格だけど、普通に国内で買ったら憤死するレベル。

変速はもちろん問題ありません。
以前のお寿司コンポと比べて随分カッチリしてますね。
プーリーは前代と同じように見えても異なっていて、上下ともに遊びが付きました。

強化プラスチックとアルミの組み合わせなんですが、安っぽさはありません。
プラスチックの部分は摩耗するような構造設計ではないので長期耐久性も問題なさそう。
大きくてダサいのかと思いきや、意外にコンパクトで良い感じです。
コストダウンも感じますが性能自体は着実に進化してます。

コンパクトに再設計されたケンタウルのRDが発表されましたが、ポテンツァ以上はずっとこの
スタイルのRDなのかな?
 
関連記事
      
毎度の小山田二周。


2017-05-07-01.jpg

長年スロープ値設定をしてなくて、ふとQalvinのキャリブレーションテーブルを見たら「Stronglight CT2」って
項目があったので設定してみました。BIO CONCEPT CT2も真円CT2の派生だから大体同じでしょう。

そしたら元のREDチェーンリングと比べて+7.9%も補正入ったんですよ。
もちろんこれだけ補正が入るとやたらパワー値が変わりまして。
でもちょっと上振れしすぎているので間違ってると思う。
普段300Wの区間で420Wはさすがに盛りすぎでは?

途中で止まって+0.5%まで落としました。いつでも調整出来てGOOD。そう、Qalvinならね。


2017-05-07-02.jpg

白い靴下を合わせるとVayporの黄ばみがよく分かります。
これでも随分直したんだよ。


2017-05-07-03.jpg

帰りに微妙に速い変なクロスに遭遇しまして。
ハブが内装なのに速いし、なんか変。どう見てもそういう速度が出せないふいんきなのに変。


(これはもしや…)


追い抜きざまにチラッと目をやると、Di2のバッテリーが取り付けてありました。
シングルギアですよ?

つまりこれだ。


2017-05-07-04.jpg


昔からある中華メカニカルドーピング。
前も見たけど同じ人だろうか?

このモーター、ローモードで使っても24~36Vで150Wは消費すると思うけど、Di2のバッテリーは
7.2V500mAhしかない。つまり頑張っても5分程度持てばいいほう。

案の定食いついてきたので、470W程度で1分強引っ張って速やかに退場させました。

おしまい。




(…あれいいな)
 
関連記事
      
ついにエントリーレベルまで11速化

https://roadcyclinguk.com/gear/gear-news/campagnolo-unveil-centaur-11-speed-groupset-first-ride-review.html#i3ZB5LiBAmtXGueh.97

2017-05-15-IMG_2222.jpg

相変わらずのユニクロメッキ感のあるスプロケ
チェーンはポテンツァグレード共通だそうですが、チェーンの価格が上位と逆転現象を起こしているのは
直らないのかな?

そしてRDがポテンツァのリネームではなく完全新作なのはなぜ?
もしやエルゴの引き量も変えて、上位互換性をわざわざ無くしてる?

  
関連記事
      
GW最終日、というか日曜日は普通に小山田を二周ほど。


2017-05-06-15-1.jpg

CAYOで。ホント万遍無く乗ってますね。

ここのところ大分スタミナがついてきて、起床時の疲労感は少なくなってきました。
毎日毎日重い脚を引きずって走ってましたが、ようやく光が見えてきたかな?


2017-05-06-15-4.jpg

ボトルにマルトデキストリンを100gくらい突っ込んで。
TACXのボトルが液漏れするので、750mlくらいのパワーバーのやつに変更しました。これは漏れなくて良い。
ただこの陽気では750mlでも容量不足ですね。二周終わったあとで水を補充しました。
もう1Lボトルじゃないとダメかもですね


2017-05-06-15-3.jpg

Vaypor本妻で。靴下はクラフト。
なんでいつも靴をアップするのかって?たぶんシューズが好きなんですよ。
落車しても骨折ってもシューズが無事だったらOKな自分がいます。


2017-05-06-15-2.jpg

すんごく久しぶりにハートレートモニターを付け始めました。
これはやはり便利。パワーメーターなんて最終結果でしかないので。
この日は最高で183bpm出てたので、最高心拍は185bpmってところでしょうか。
加齢しても最大心拍数が落ちてない。やったね。

なんだかいつもL5領域に張り付いてるのは見なかったことにしよう。


この日はスプリントのときに、ブラック広告代理店時代のブラック社長を思い浮かべて本気出したら
1240Wまで出ました。頭の血管がちょっとプチプチ言ってた。
みなさんも職場の上司とか旦那とかを思い浮かべてダークスプリントするといいかもしれませんよ。

 
関連記事
      
そんな汚いところでゴロゴロ大会するのはやめて


2017-05-06-08.jpg
関連記事
      
GWあたりに海ほたる的なところに行こうと決めてたので、そこらの海に行ってきました。

海ほたる的であればOKであって。
海ほたるってところは行くだけで馬鹿みたいにお金取られるから最初から選択肢には無い。
世の中お金なのは間違いないけど、偉大な海の前にはケツを拭く紙にもなりゃしない。

2017-05-05-16-1.jpg

釣りをしてる人が多かった。
楽しそう。釣り道具を持ってくれば良かったな。
あまり釣れてなかったようだけど、時間帯がもっと遅くにならないとダメでしょう。
あとゴカイはぶっちぎって付けないと食いつかないよ。


2017-05-05-16-2.jpg

ヒコーキだー

近所のスーパーで4割引で買ったマフィンで作ったサンドで軽くランチして帰りました。

海はいいぞー

満足満足。
 
関連記事
      
昨日のことですが、555で。CAYOと555で運用が万遍無いです。

前日のライドでかなりパンパンなのと、風が相変わらず強めなので流しで行こうと。


2017-05-04-16-01.jpg

っと思ったけど小山田二周してしまった…
一周目が26分32秒、二周目は死に体で29分台だったのでダメダメなんてもんじゃないです。
風は前日ほど巻いてないけどやはり強くてとても疲れた。

今日(5日)こそ風が凪いで走りやすくなりましたが、アホなことはせず休みにすることにしました。
骨折した膝が張ってるし、あまり無理しないほうが得策。


2017-05-04-16-03.jpg

暫定ウォッチャーも永久でいいかな。作り直すの面倒くさいや。
よく見たら9速FDだったり組み合わせが無茶苦茶ですねー (←自分の持ち物を把握しきれてない)


2017-05-04-16-02.jpg

ちなみにこの頃のKG555はHSC4CDフォークです。明らかに固いことがわかるかなり良いフォーク。
CDはエンドがアルミ製でスーパーライトより若干重くなっています。重さ以外は同じようなもんでしょう。
カーボンとアルミが剥離したりする心配はなさそう。
KG555の登坂の軽さ、立ちの強さ、乗り味の良さはこのフォークが担っていると思います。
やっぱり自転車はフォークが命ですよ。
この自転車はバックも秀逸。とにかくよく出来てる。
TIMEもそうですが、良いフォークや前周りを造れる会社は自転車ってもんをわかってる。俺はわからん。


関連記事
      
久々に大垂水に。往復100km強のライド。
膝を骨折するまでは毎週どころか週に何度も行ってたのに、骨折してからはてんでダメ。

みんなも可動部の骨だけは折るなよ?本当に一生の傷だぞ?
膝蓋骨骨折に比べれば鎖骨骨折なんてゴミカス以下の軽傷。
コンタドールが高原骨折したあとから意地でも膝を守りながら落車するそうですが、コンちゃんの
気持ちは痛いほどわかる。イテテテテ


2017-05-03-17-1.jpg

ほうほうのていで高尾に辿りつき、登り始め。往路が9:32、復路は10:26でした。
瀕死のわりには悪くないタイム。ここの復路は妙に苦手なんですよね。
今日は大垂水から相模湖まで渋滞!していたようで、大垂水裏のダウンヒルがほとんどできませんでした。
すり抜けて行っても下りきるまで10分も掛かった。事故渋滞だったのかなあ。


2017-05-03-17-2.jpg

今日はCAYOで。リアのS33PROは日に当たるとケーシングの模様が浮き出てる気がする。
うーん、まだまだ使えるな。



2017-05-03-17-4.jpg

Vaypor1号で。前に雨天で使ってドロドロになったので綺麗にしてあげました。
なんとなく買ったソックガイのSGXソックスと合わせてみる。だからなに。


2017-05-03-17-5.jpg

Vの字が剥がれてきたのでボンドで留めましたが
剥がれてきてる。早すぎたんだ…


そんなこんなで死に体で帰宅しました。
今日は風が巻くように強く吹いていてほんとクタクタ。
 
関連記事
      
Vaypor Sを試着する機会がありました。
ので、軽くインプレ。

170503vaypors.jpg

基本的には旧Vaypor+のソールを使って作った感じで、無印Vayporと比べて土踏まずは低めです。
つま先のフットスペースは旧Vaypor+ほどではないにしろ、上下に少し広めでした。
アッパーの締りが非常に良く、指の根元のあたりから甲全体にかけてかなり均一にしっかり締まる印象。
指の根元のあたりからスーッと締まるので、旧Vaypor+で私が欠点としていたつま先のフィット感については
劇的に改善しています。
無印Vayporと旧Vaypor+の良いところを上手く取ってきた(現時点では)理想的なシューズ。

いいところばかり目だって欠点も見当たりません。
まぁ強いて言うなら脱ぎ履きのときにダイヤルを二つとも開放しないと脱ぐのが困難で、履くときもタンが
変に寄らないように気をつけながら、下のダイヤルから丁寧に締める必要があります。
あと欠点といえば、もう見飽きたクルクルBOAくらいか。。
でもBOAあってこそのフィット感なのでそこは良しとする。

サイズがネックで、メーカーでは「大きめを買え」ということになっていますが、どう考えても旧サイジング
基準でいいような気がします。
べつに足型が小さくなったわけではなく、あくまでもハーフサイズアップ推奨ということになっているようです。
特に不具合が出るようなヘンテコなアッパーでもないし、なんでそんなことにするのかさっぱり意味分からん。

Vaypor愛好家でもサイジングが怖いので、愛好家でもなんでもない人は絶対に実店舗で買いましょう。
いや、まじで。
 
シューズ自体は名作間違いなしです。
欲しいけど高いから買わん。
 
関連記事
      
訳があってポテンツァを組み込みました。
訳って言っても単純にコスト面ですけど。

2017-04-19-16-1.jpg

日本では評価が無く、当ブログの「おいおいパワーシフトかよ」っていうdisりくらいしかヒットしないんですが、
すいません。結構いいかもしれませんよこれ。

海外で評価が高いのが不思議だったんですが、なるほど。
エルゴがいいです。以前のパワーシフトより格段に節度感が高まっていて、操作も軽いです。
エルゴの操作感だけで言えば68アルテ超えるレベルなんじゃない?
フロント変速自体はたぶんイマイチでしょうけど。

耐久性についても期待できそう。
パワーシフトはエスケープシステムと同じ構造設計で同じような欠点を抱えていましたが(代表的なのは
勝手多段シフト)、設計が少し見直されてリリースが軽くなっているので、欠けやすい部品への負荷が
相当減っていると思われます。
バチン!って感じだったのがパシ、パシ…って感じ。わからんよね。大丈夫、俺もわからん。


2017-04-19-16-3.jpg

EPS風のアップレバーも違和感無く使えるし、スプリントのときにちょっと便利。
個人的にはスプリント時は単段の方が誤操作が無いので好きです。
スプリンターさんならむしろポテンツァ選択でもいいかもしれません。

ただ、画像のようにブラケット持って握ってアタックしてるとアップレバーの裏が当たって邪魔です。


2017-04-19-16-2.jpg
RDワイヤーのエンドキャップがおかしいのは放っておいてやってください。

個人的にいただけないのは、旧型のRDは一切使えないこと。
強引に旧RDを組んでみましたが、全くシンクロしません。
ワイヤーを留める位置をどう変えてやってもシンクロ不可能です。
もうね、パンタグラフの比率やワイヤー出口の位置関係も全然違うので、どうあがいても追従できません。
2015以降はコーラスもレコードも含めて全部そうだと思います。
この新形式のRDが高いんやが。どうにかしてーや。。
仕方ないのでポテンツァのRDを買いましたけど。RDはまた今度軽くインプレします。

ちなみにFDは5800です。どうせカオスなチェーンリングなんでカオスでいいんです。
旧ウルトラシフトと異なり許容範囲が広くて、9速のFDから5800まで一応引けるようです。
ポテンツァのFDが高くて嫌だ、なんて人はオモチャ箱からシマノのFD引っ張り出して適当に組んでみたら
いいと思うよ。
 
関連記事
      
QuarqがQalvinの公開を停止してしまっているので非公式からapkを落としておきました。
最終版は1.5です。

qualvingamen.jpg

現在Qalvin BLEが公開されていますが、これはANT+には使えません。
以前のモデルはPC版のQalvin Legacyを使えということのようですが、基本的なPCだと高価な
ANT+ドングルが無いとダメなのと、スマートフォンのように手軽ではないので使いにくいですね。

旧ユーザーが困るので、サポート無しでもいいから古いものを公開しておけくださいって本社に
言っておこう。最近頭固いからダメかもしれんけど。
 
関連記事
      
LOOK555で。
特になんにも述べることはないけど。

2017-04-30-1.jpg

555は普通の楕円チェーンリング。
べつに真円だろうが楕円だろうがオシンメだろうが普通に回せます。
ただ最近気が付いたんですが、オシンメはTTポジ取って43km/hを超えたあたりから異様な回り方をしますね。
これには魔法はなく、パワーを見ると450Wなんて数字を出し続けてるので気をつけないと脚がきつくなります。
入力角が前乗りに合わせた早めの角度なのでそれに慣れる必要があるのと、あとはある程度のメンタルさえ
あればいい機材かな?

しかし疲れてる。ここ数日は風が強すぎてホント疲れる。
家を出た瞬間に、「あ、今日やめよう」って本気で思っちゃうくらい。
これはオシンメのせいかもしれない。


2017-04-30-2.jpg

そういえば、チェーンステイプロテクターにチェーンが当たったことがないです。
トリプルを使ってるとどうしても当たることはあると思いますが、ノーマル歯数では滅多にヒットしないのでは。
いやそんだけですが、プロテクター商品が最近グッと減ったのはみんな必要としていないからかもしれませんね。
 
 
関連記事
// HOME // 
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク