前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
昨日の続き。ヘッドセットのダストシール欠品ををどうするかってやつ。
タンゲ買うのもしゃくなので自作しました。

2017-04-02-001.jpg

まず手持ちのOリングの中で程よい太さのものを選択。
この太さで輪の大きさがピッタリのものなんて簡単にあるわけなく、結局二個ぶんの長さが必要だった
のでちょん切って瞬間接着剤でつなぎます。


2017-04-02-002.jpg

ゴムは瞬間接着剤で案外綺麗に強力にくっつきます。

んで、高さは程よいはずなのに、試しにこのまま装着するとステアリングが渋くて困りました。
ゴムが硬すぎるんですね。


2017-04-02-003.jpg

そこで、まずカバー側にゴム系接着剤を塗ってOリングを接着固定します。


2017-04-02-004.jpg

旋盤にかけていきます。ゴムも結構綺麗に削れるんですよ。

ちなみに旋盤が無くてもどうにかなります。要はグルグル回ってりゃいいんだから。


2017-04-02-005.jpg
2017-04-02-006.jpg

柔軟性を高めるためオイルシールリップのような形状に切削。
これで摩擦が弱まってステアリングもバッチリになりました。

ただ作りながら気付いたんですが、板ゴムから切り出して旋盤かけても良かったかも。
これが劣化したらやり直そう。(まだタンゲのカバーは買わない)
 
関連記事
// HOME // 
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク