表の裏が裏であるように、裏の裏は表である
      
急に切れました。

仕方なくアイドルを上げて走行しましたが、自動遠心クラッチだとどうしても半クラ状態にせざるを
得ないので結構大変ですね。

2017-03-16-01.jpg

なんだかバッキバキです。
でも切れたのはここじゃなくてスロットルのタイコのところです。
バッキバキになっててもライナーが入ってるから結構平気。
スロットルのタイコで切れたのは、ハイスロを加工して通常スロにしていたせいかな?
まぁきっと寿命だったんですよ。このカブも野ざらしで17年ですもん。


2017-03-16-02.jpg

しかしなんでこんなにバッキバキなんだ?
って原因を探ったら、フォークとフレームに挟まれて潰されてたもよう。
どうやらルーティングが僅か2cm違ってたみたいです。シールドマウントステーの上に通すべきところを
下に通してただけ。カブの前周りって恐ろしくタイトなので、ちょっとしたことでこうなっちゃいます。
ここらへんがTHEホンダって感じですが、モノを作ったりカスタマイズすることの難しさを再認識。

幸いヒロチーのDAX用のケーブルを買っていたので、これを使ってインナーとアウターを組み替えて
無事に復帰。インナーケーブルの長さを決めるのにものすごく時間が掛かりましたが、このケーブル
長を決めるための良いテクニックはないのか?
 
関連記事
// HOME // 
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク