前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
えーと、楕円ってどうだったっけって思い出しながら書いてみる。

1401rotor01.jpg

2014年の初夏あたりから使わなくなったんだっけ。
理由は真円で走ってみたら特に問題なかったから。
楕円ブームが来て、みんな飛びついて、みんな同時期に使わなくなっていきました。
これは間違いない。

デメリットがうざったかったっていうのはあります。
チェーンリングの裏側が摩耗してくるとチェーンが中々上がってこなくなることが一番のデメリット。
これが結構なストレスで、真円に戻したら笑っちゃうくらい普通に変速するので戻せなくなったって感じ。

つまり、メリットよりデメリットが上回った瞬間にやめたんですね。
メリットはあるんです。デメリットが打ち勝っただけ。

もう一度使い始めてから感じたことを含めて書いておこうと思います。

<メリット>
 ・上手く使えば使う筋肉が分散されるので長時間高強度でも疲労しにくい(速いわけではない)
 ・平地で確かに強い
 ・ペダリング矯正になる
 ・腰周りの筋肉に過剰な負担がある(逆にトレーニングになるメリット)

<デメリット>
 ・人によって登坂に難が出る
 ・ギアが不足することがある
 ・シフトがダメ
 ・高価
 ・Q-Ringsは掃除しにくい(地味にストレス)


腰が痛いのは常に感じること。良くも悪くもあります。
連日乗ると腰にかなり疲労感が出るので、走行中は様々な方法を駆使して腰に負担が集中しない
ようにしています。
登坂に難が出るのとギアが足りなくなるのはノーマルPCD130に関係することだと思います。
サンプルは超少ないですが、登坂で具合がいいという人はコンパクトPCD110ユーザーがほとんどに
見えました。ノーマルPCDで12-25Tとか使ってると、どうしてもケイデンスが下がりがちになります。
ケイデンスが下がると楕円は重みを増す。
ダンシングをメインにしてパワーで押し切ればOKですが、出来れば52/36あたりで使いたいかな。

シフトは現代のコンポーネントならさほど問題にならないかもしれません。最近FD-R440からFD-5800に
しましたが、ほぼ問題なくアウターに上がっていきます。
この点でやめてしまった人は6800/5800世代にしてリトライしてみるといいかもしれません。

==========================================
さておき、真円でいいはずが試しに楕円にしたら。
回転は大差ないんですが、サドルが異様に低く感じました。
ああ、そうだった、低く感じるんだったと思い出しました。
気が付かないレベルで脚抜けが速くなるから、脚の詰まりが感じられずに低く感じるわけです。
少しサドルを上げてもいいんですが、今回はこのまま続投しています。

それまで脚抜けが悪かったのは確かで、やっぱり定期的に楕円による矯正をやるべきだなと感じました。
 
それと楕円率ですが、結局Q-Rings程度がベターなのかなと思います。
わからんけど無難なきがする
パワーアップする魔法はないし
関連記事
// HOME // 
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク