表の裏が裏であるように、裏の裏は表である
      
CAYOに付けてたケンタウルのDスケルトンブレーキですが、CAYOのブレーキをエナジーに交換
したのでネオプリマートに移植することにしました。
元々ネオプリマに付けてたんだから元に戻す感じか。

2017-02-10-11-1.jpg

きれいな顔してるだろ。


2017-02-10-11-2.jpg

結構死んでるんだぜ。 それで


2017-02-10-11-3.jpg
2017-02-10-11-4.jpg

リアに至ってはこの有様。
10年近く、雨の日も雪の日も構わずかなりの距離を使ってるんだから仕方ないです。


2017-02-10-11-5.jpg

アジャスターに至ってはワビサビの世界

これ猛毒なんだっけ?


2017-02-10-11-6.jpg

分解しながらチェキすると、スプリングに若干の錆が。
折れたりはしない程度なので綺麗にしておきます。


2017-02-10-11-7.jpg

リアはマメに整備しているのでスムーズでした。若干動きが渋いフロントだけ整備しておきました。
カンパのコーラス以下は初期の調整が良くても使い込むと渋くなることが多いので、定期的な
メンテナンスをおすすめします。

ピポッドの締め具合ですが、ガタが出るぎりぎりのところで調整します。ここはシビアになる必要はなく、
ガタが多少あってもOKです。多少のことじゃ変わらんよ。


2017-02-10-11-8.jpg

ここのイモネジ。痛みやすく再使用が難しいことがあるので常にスペアを準備しておきましょう。
M3だったかな。組み立て後に水や泥で痛まないようにウレアグリスを詰めます。まめな。
ラバー塗料やシューグー、もっと簡易にテープでもいいかもしれません。いずれにせよこの予防策を
やっておくだけで後々の整備の容易さが全然違ってきます。
 

しかし整備して気が付きましたが、旧アーチのヴェローチェとは比べ物にならないほどスムーズで
しっかり感がありますね。やっぱDスケルトン最高だわ。大事に仕舞っとくわ ←
 
関連記事
// HOME // 
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク