FC2ブログ
このブログを見た人は140年以内に100%死ぬ
      
前に大変なことになっていたアンダーブラケットですが、やはりどうやってもガタが出るので結局交換しました。

IMG_20200214_111311.jpg

新しいアンダーブラケットです。中古品を剥離して燐酸で綺麗にしてあります。


IMG_20200214_111315.jpg

穴に剥離剤が残ってるから綺麗にしようと思ったら…なんかおかしいぞ?


IMG_20200214_112444.jpg

折れたボルトの残骸でした。ってかこれヤフオク業者が一台からバラしたパーツだから業者の仕業じゃん。
これがあるからヤフオク大好き。


IMG_20200214_124350.jpg

ついでにハンドルロック用のステーを溶接。


IMG_20200214_124403.jpg

かなり適当。


IMG_20200215_135333.jpg

んでプライマー塗ってPG80の黒を8分艶にして塗装。ピッカピカ。
奥に見えるのは捨てるダメダメなステム。

IMG_20200215_133908.jpg

ダメなほうのアンダーブラケット。
見た目はそんなに汚くないんですけどね。


IMG_20200215_133954.jpg

言わなくても分かると思いますが、右がダメな方のアンダーブラケットステムです。
あまりに変わり果てた姿に元が同じものだと思えないでしょ。
これでガタが出ない方がおかしいわけです。



IMG_20200215_144902.jpg

ハンドルロック用の部材をフレームに溶接。かなり雑ですが気にしない。
この部材は溶接用ボスを加工して作ってます。ツーパーセンターとかいうところのやつより肉厚で
穴の公差も大きめに取ってあるので実用性は段違いに上のはずです。
穴径はある程度大きくしておかないと素早くロックが掛けられんのです。


IMG_20200215_144902stem1.jpg

今回アンダーブラケットステムが大変なことになっていた原因は不明ですが、推測してみました。
まず普通の状態と今回の状態を比較します。


IMG_20200215_144902stem2.jpg

こういうことじゃないでしょうか。
もしかしたら直接的には転倒などでベアリングレースが外れたのかもしれませんが、いずれにせよ
作業ミスが原因で壊れてしまったとしか考えられません。

色々な中古車を見てきましたが今回のSRはとびきりです。大事なボルトが無いトンデモSRも見ましたが
さすがにここまで酷いものではなかったな。普通の人がこんなの掴まされたら即廃車です。
嫁曰く「野良猫と同じで、最後には来るべき人のところにくるんじゃない?」とのこと。
それは嫌です。

 
      
キャリパーを交換した翌日、なんか気になってホイールを外してステムをチェックしました。

IMG_20200211_133203.jpg



えっ、ステムが回らんのだけど…


ガタは無いけどスムーズに動きもしない。締めすぎかな。


IMG_20200211_135148.jpg


ナットは確かに締めすぎでしたが、それほど酷くは見えませんね。
ステムベアリングは交換用に購入しているのでどんどんバラしていきます。


IMG_20200211_135207.jpg


アッパーのインナーレースを拭ってみたらなんかおかしい。


ボッコボコなんですが。



IMG_20200211_141135.jpg

フレーム側のアウターレースが割れた。というか、なんか変に食ってて外すには割るしか無かった。


IMG_20200211_142201.jpg

フレームのネックのところ。


何よこれ。

なんで「何かが激しく偏芯してエグレてる」の?


IMG_20200211_144231.jpg

ステムも拭ってみたら…


IMG_20200211_144247.jpg

 (  ゚д゚)


 (  ゚д゚)


 ( ゚д゚ ) 



これなに???


なになになに!?????


 IMG_20200211_150643.jpg

フレームに致命傷はなさそうなので気を取り直してバリを修正し、アウターレースを打ち込みます。
ベアリングセットは現行型を使います。

IMG_20200211_150700.jpg

アンダー側のインナーレースも交換。アンダー側は問題なかったです。
ヤマハのここは交換しやすくていいですね。

IMG_20200211_151111.jpg

ベアリングを仮組してみる。大体okっぽい けど ステムを通すと引っかかる。


IMG_20200211_152742.jpg

インナーレースがステムのあのエグレに引っかかっとるばい。
ざっくりとヤスリで修正して引っかからないようにしてみたけど。。。


IMG_20200211_153312.jpg

組んでみたらめっちゃガタが出る…
だから思い切り締めこんでガタを誤魔化してたの?


控えめに言って●ね。

こんなとんでもないものは初めて見ましたよ。

まさかの人為的事故車とはねえ。

つづく。
      
しばらく自転車に乗れないから、そのぶんの時間を使って急ピッチでSRの整備とカスタマイズしてます。
今回はホイールベアリング交換とブレーキそのものも変更します。

IMG_20200209_144316.jpg

ホイールベアリングを抜きます。
今回プーラーを使いましたが、普通なら叩き出す方が手っ取り早くて確実です。
この手のプーラーを使うのは客にガンガン叩くところを見せたくないプロか、個人の場合はベアリングを
再利用したいときくらいですかね。
叩き出しについては専門書コーナーにあるメンテナンス本を買えば正確な情報が書いてあります。


IMG_20200209_144323.jpg

今回はオイルシールごと引き上げてオイルシールを再利用するために使いました。


IMG_20200209_144358.jpg

ん?片側は開放型なのか。


IMG_20200209_144414.jpg

んん?裏側がシールド?


IMG_20200209_144419_BURST001_COVER.jpg


…(眺めること2秒)


おいこらベアリング裏表逆やんけ。


基礎基本もへったくれもない。



IMG_20200209_144805.jpg

本来なら片シールドが左右に入っているはずなのに、片シールドと両シールドが入ってるし。

標準塗布のグリスが変質なく残っていることから、比較的最近交換されたことは間違いない。

なのにゴリゴリのガッタガタ。 なんで? ねぇねぇなんで?
内輪をめっちゃ叩いたでしょ?さっさと吐け。


IMG_20200209_145036.jpg

もうええわ。とにかく新品に交換。
古いベアリングで打ち込みますが、本来ならやめた方がいいです。
うっかり内輪叩いたらダメージ入るんで。


IMG_20200209_145311.jpg

奥まで入れるためにソケットのコマを使いますが、47mmの巨大コマなんて無いから、手持ちで最も
大きなソケットを使います。端に寄せて少しづつ叩きます。
ソケットのコマを使うこと自体も推奨できません。コマのクロムメッキが剥がれて混入する可能性が
高いからです。私のコマは先端部のメッキが剥がれきってるので問題ありません。

まぁ、素直にベアリングプッシャーを買った方がいいです。ホント。最近安いし。


IMG_20200209_145930.jpg

入りました。右側のベアリングをこんなに奥に入れるのね。ソケットではかなりしんどい作業でした。


IMG_20200209_152442.jpg

オイルシール再利用。ベアリングより高価なんで節約効果抜群。


IMG_20200209_152851.jpg

反対側のメーターギア側は純正ではなく汎用のオイルシールを入れます。純正とは厚みと内径が異なります。
なぜかというと…


IMG_20200210_143625.jpg

メーターギアを撤去するから。メーターギア嫌いなんじゃ。
代わりのカラーを作って入れます。
速度計は電子式を使います。

ちなみに純正のメーターギアのオイルシールは特殊規格なので汎用品には存在しません。
だから少しだけ高額です。


IMG_20200210_143652.jpg

ブレーキを丸ごと替えるので、まずはスペーサーを載せます。
デイトナからも発売されてますが、あんな高いもん買えないのでどのご家庭にもある旋盤を
使って自作です。6063初めて削ったけど硬いねー


IMG_20200210_143716.jpg

320mmのディスクを付けます。バイクフリークならすぐ分かるでしょ、旧ドゥカティ・モンスターのやつです。
この頃のディスクはブレンボ製ですが、最近はサンスターなんですってよ。
格好良ければどっちでもいいです。


IMG_20200210_145700.jpg

こんな感じ。


IMG_20200210_145947.jpg

12mm厚の2017Sでサポートを作ってホンダ純正ブレンボを付けました。
パーツの手配に困らず多彩なパッドが選べる純正系キャリパーが好きなんすよ。


IMG_20200210_150014.jpg

普通の人なら何度か失敗したりするものですが、もはや慣れたもので一発で位置が完璧に出ました。
なんだかんだで正味3時間でこれらのフィッティングパーツを作りました。

ここでボーナス問題です。

この世で一番怖いものってなーんだ?


自分の(無駄な)才能…かな(´・ω・`)

 
      
SRの作業。オンボロの純正トップブリッジを交換します。

20200214-1.jpg

1000円で買った謎のアルミトップブリッジ。
あとで調べたところタルガというメーカーの希少品でした。

ハンドルポストを付けたらしい穴があったんですが、あまりにも中央に接近しすぎているので
アルミのフタを打ち込んで封印し、新たに開け直しました。
こんなに近くにポストを付けるということは、かなり短い一文字ハンドルかロボットハンドルを
付けてたのかな?

20200214-2.jpg

メーターステーがあったのを切り飛ばしてポリッシュしました。
希少品だと分かってたら加工せずに売ったかも。まあいいや。


20200214-3.jpg

純正トップブリッジがちゃんと外れるかヒヤヒヤものですが、すんなり外れました。
年式いってる車両は大体曲がってるんですよね。そもそも新車時から渋い個体だってあるっす。


20200214-4.jpg

汚い。


20200214-5.jpg

気を取り直してトップブリッジを付けます。が、どうもステムシャフトが0.2mmくらい出っ張るっぽい。
ワッシャーが必要ですね。うーん、このサイズのワッシャーはすぐに用意できないなあ。


20200214-6.jpg

 ステム削っちゃえ♪


20200214-7.jpg

うん、グレイト。


20200214-9.jpg

ばっちり締められます。


20200214-10.jpg

付きました。すっきりしましたね。
ステム削るのは邪道かもしれませんが、削った部分は精度が要らないところだし、ワッシャーを
入れるよりはスマートに仕上がります。SR本体とパーツのどちらを加工するかで迷ったら…
男子ならSR本体側ですよね。
本体側の方がよっぽど安いから。


こんな感じの軽作業でした。が、実はこのステムには大変な罠があったのだ。(つづく
 
      
オンボロの修理。
とはいえ今回はメンテナンスに近いレベルまで下がります。
本日はスロットル交換です。


200127-0.jpg

元々はキタコの原付用ハイスロキットらしきものが組まれてました。
安いから使ったんでしょうね。
FCR39に対して丁度良い程度の開度になるんですが、いかんせんボロくなってるしワイヤーが死にそうになって
るし、ワイヤー全長が妙に短くて取り回しが気になっていたのでワイヤーごと交換です。


HTB1z7XBNXXXXXbAaXXXq6xXFXXX7.jpg

交換するのは↑こちら。中華。お値段700円(笑)


200127-2.jpg

仮付けしたところ、バリがすごいしワイヤーのタイコが1箇所だけすんなり入らないので手やすりで削る…


200127-3.jpg

プーリーに対してワイヤーが出る位置が悪いので、プーリーを旋盤にかけて突っ切りバイトで切削。
多少ロースロになりますけど問題ないです。

そういえばカブにもタイ製の類似のスロットルを付けていて、そちらも同じような加工をした記憶が。
この手合い全てが欠陥を抱えたままコピーされてるわけですね。


200127-00.jpg

どういうことかというと、こういうことです。出荷状態は左図の状態になっていて、それを右図のように切削します。
方々で言われていますが、この手の中華スロットルはプーリーと穴の位置関係がダメでワイヤーに角度が付き
すぎてしまいます。
このまま使うと低開度が曖昧になってスッキリしない、ワイヤーが切れやすくなるなどの恐れがあります。


200127-5.jpg

とりあえず付きました。見栄えは良い。


200127-4.jpg

ワイヤーはSR400純正の戻し側を使いました。先端のタイコは真鍮から自作したものです。
タイコはM3のイモネジ止めで高強度ロックタイトで固定してあります。
このイモネジ止めタイプのタイコは締め付けを甘くすると抜けるので神経使いますが、経験上ハンダ固定式
よりは抜けにくいです。
一番いいのは銀ロー固定でしょうけど、うまくやらないとワイヤーに焼きが入るのでまたそれが難しいw


200127-1.jpg

この中華スロットルはあくまでも原付レベルのものですので、SR400のスロットル根元のワイヤーガイドは
太すぎて使えません(中華はM10で、SRなんかはM12くらいあります)。手持ちのパーツも無いので元の
キタコのハイスロのものをレストアして流用しました。この中華スロットルは金具が付いてたら助かるのになあw


200127-7.jpg

まー隙間がすごい。タイ製のやつはむしろ隙間が無くて削ったんですが、中華モノは遠目でもわかるほど
隙間が開きますね。べつにそのままでも問題はありませんが、気が向いたら隙間を調整しようかな。


こんな感じで。ものすごく地味ですが、ものすごく大事なことを着実確実にやってます。 
走れる走れないレベルで言えばこんなの放っておいても走れますが、時限爆弾の存在を分かってて放置する
ことほど下らんことはない。
あっちこっち全部改善しなきゃならないからホント中々終わらないね。
 
// HOME //  NEXT

カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク