表の裏が裏であるように、裏の裏は表である
      
調子が随分戻ってきました。といってもTTやったら1分落ちで泣ける。

一か月走らないとホントダメになることが分かりましたが、プロの人らって鎖骨骨折くらいなら
1か月くらいで(もちろんくっついてないけど)レースに復帰するんでしょ?すごいなあ。

2017-02-13-15-1.jpg

骨には造血機能もあるし、鎖骨といえ骨折すると身体は防御システムを発動するわけです。
膝の骨折よりは5万倍マシですが、肩の筋肉は多少落ちますし全身の代謝も落とします。
プロの人は若いからってのもあるんでしょうね。30代前半までと40代前後からは回復力が全然
違うそうです。


2017-02-13-15-3.jpg

事故したときのタイツを使っています。
カステリのヴェロッチモ。ゲンが悪いけどほぼ新品状態だったので悔しいのです。
つっても、ほぼ新品状態って言っても買った時期を調べたら5年前でした。温存しすぎ。


2017-02-13-15-4.jpg

膝に穴が開いたので手縫いで塞ぎました。ミシンでは綺麗にならなかった。
手縫いも侮れません。ややぼこっとしてるのでまた縫い直そう。


2017-02-13-15-2.jpg

9速のFDがイマイチセッティングアウトするのでFD-5800を使ってみました。
中々いいです。ウルトラシフトとノッチとレバー比が合ってますねこれ。
変速はシャープになって今のところトラブルはありません。
ものすごく剛性があって、繊細に見えて実は力技だなシマノ!って感じ。

ちょっと気になるのは羽根の内側がタイト過ぎること。
カンパの11速もタイトなんですが、それよりもっとタイト。やりすぎ。

例えばトップで合わせるとローで必ず擦ります。物理的な問題なのでセッティングで直る話じゃない。
あと0.3くらい広げればいいのに。

フレームがしっかりしていて、かつシマノのクランクとチェーンリングの精度ならギリギリ当たらない
設計なのかもしれませんが、相手がSRAMの精度では難しいです。
でも精度にもう少し余裕持たないとだめじゃないの?シマノシステムがいつまでも高精度でいられる
とは限らないし、フレームだって力掛けたら結構歪みますもん。
個体差の可能性もありますが、今度自力で広げます。0.3くらい広げたって性能変わらんだろ。
 
      
骨折後1か月ぶりのライド。

2017-02-08-15-1.jpg

まぁ鎖骨ですから、ボルト入れてりゃ大丈夫。

ただ最初はそこそこ良かったんですが、後半になってから突如脚が全く回らなくなって死ぬかと
思いました。

どう頑張っても70~80Wしか出ないんですよ。ママチャリのおばちゃんにも負ける。
経験したことの無い酷さで、1kmごとに停車したほど。
なんだろう。先々月あたりからの検査数値を見ると貧血が進行してるし、何かヤバイ病気なのか…?


2017-02-08-15-2.jpg

事故でお気に入りのGOREのシューズカバーがボロ布のようになったので、当座の凌ぎにニットシューズ
カバー。GOREのシューズカバーのように、ニットとネオプレンの中間のシューズカバーっていうのが
意外と無いのが困りもの。


2017-02-08-15-3.jpg
2017-02-08-15-4.jpg

落車でブレーキの重要性を再認識したのでブレーキをFSAのエナジーに交換してみました。
シマノ105の方がいいに決まってるんですが、カンパコンポでシマノのブレーキはちょっと付けられん。
性能はそこそこいいと思います。使い古したケンタウルよりいいかと言われれば…分からん。
ケンタウルの方がタッチは好み。
エナジーはフロントはシマノちっくな印象ですが、リアが効きすぎて怖いかも。
まあ慣れでどうにかなるでしょう。


しかし最近私のFSA率が上がってきていますな。重いけど確実で安心して使えるメーカーなので。
ステムのガッチリ感はすごいし、シートポストなんて安価でもマトモに使えるのはFSAくらいしかないん
じゃないかな?K-FORCEのポストなんてすごいですもん。普通にセッティングできて目一杯締められる。

FSAが良いわけではなく「普通」なんです。他社にはそれがなぜか出来ない。
軽さや見た目、広告に意識を使ってばっかり。もう少しマトモなもん作れや。
普通に出来ていなきゃいけないことができないっていう異常な世界です。
 
      
ええっと、骨折してから三週間強でしたっけ。もう2か月くらいの気分だけど。
結局先週に手術してしまったので調子はすこぶる良いです。
今週末には多少の復活ができそうなので修理せねば。

2017-01-29-17-01.jpg

デローザのこんちくしょーめ。
直してやるからなこのやろう


2017-01-29-17-02.jpg

実は左エルゴレバーの傷がすごかったり。
えーとレバーはゼノンですが中身はケンタウルです。いや違ったっけ?もうどうでもいいや。
来年度あたりから右側の中身だけレコードのウルトラシフトに入れ替える予定があるかもしれない。
パーツは1年前に取り寄せてるけど、めんどうだからやらない。


2017-01-29-17-03.jpg

よく見たら ちっこい塗装剥がれがあちこちに。。


2017-01-29-17-04.jpg

まぁ、エンドはこうなりますよ。
エンド修正器を押入れから出すのめんどくさ。結構鈍ってるからあと3~4回曲げたらエンドラグの
差し替えですな。 イタリア本社に言えばエンドラグ送ってもらえるのかな?
 
 

      
LASのクリプトン、お気に入りだったのにな…
変形はほとんど無いけど割れちゃってるので使えないか… うーん。

2017-01-06-12-1.jpg

普段は使い古しのインフェルノ被って出るくせに、「今日は(なんとなく)クリプトンを被っていくか」って
思ったのがフラグだったとすると、非常にゲンが悪いアイテムということに。
リサイクルで買ったんですけど、未使用品なのに妙に安かったのも気になるw

ヘルメット割ってじみじみ実感しましたが、自転車用の(ちゃんとした)ヘルメットって初心者の頃は
やたら高価だと思うけど、機能と軽さと防御力を考えるとバーゲンプライスですね。
重く強く不快にするのは誰でもできるけど、軽く強く快適にするのは難しい。
それでいてオートバイと同等の速度に対抗するわけだから、プロダクトとしてはそりゃスゴイことです。

意外と長持ちするので投資しておいて損なし。
タテマエ的な消費期限はありますが、実質的には事故で割るまでは使えますと小声で言っておこう
 
 
      
物損の続き。

2017-01-05-2301.jpg

RDはそれなりにガリガリ。ハンガーがかなり曲がりました。
随分鈍ってるハンガーだけど直せるかな。


2017-01-05-2304.jpg

サドルはぱっと見は軽傷ですが、キワがスパッと切れる感じで破れてます。
まぁでも充分に軽傷ですな。


2017-01-05-2302.jpg

ジャージがやばい。首のところが特にボロボロ。衝撃の強さを物語る。


2017-01-05-2303.jpg

まだ3回しか使ってないLASのヘルメットがご臨終。
良く滑った。こいつのおかげで頭はもちろん顔面や頚椎も無傷で済みました。


今回は スローイン体勢でリアが不意にロック→暴れ始めて制御できない状況 が原因。

ネオプリマのブレーキが旧デュアルピポッドのヴェローチェだったのが良くなかったです。
シングルピポッドだったら絶対にこうならなかった。
旧デュアルピポッドはリアには不向きで、高速域では効きすぎの感があります。

接地して停止するまでわりと冷静で、ちゃんと受身の体勢を取ってました。
速度が落ちていなかったのと日大三高の坂の斜度が高いところだったので落下の落差がすごかった。
飛んでる最中はダメだとは思いませんでしたが、速度、高さ、対向車が来てた、などダメな条件が
そろっていたので綺麗に「鎖骨骨折だけ」で済んだのは幸いかもしれません。
 
鎖骨は手術しようと思ったんですが、前回の膝蓋骨骨折に比べれば天国のようなもんだし、
もう身体を切りたくないので固定療法で直すことにしました。
自転車関連は最低ひと月はおあずけになるので、修理などをメインに上げて行こうと思います。
 
// HOME //  NEXT
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク