FC2ブログ
このブログを見た人は140年以内に100%死ぬ
      
久々の更新。いつかわからんけどLOOK KG555で。

20200517-1.jpg

KG555は頑強な古典カーボン、一般シートポスト、外装ワイヤー、アルミリム、枯れた10速という鉄板構成の
全天候型機の位置づけであり、特に風が強い日のお供です。
最近はエアロとか専用パーツとかで格好重視なものが多いですが、まずは壊れず安定していることが重要ね。


20200517-2.jpg


脚の血栓は消えました。なんだったんだろ。
新型コロナで血栓が出来やすいという話がありますが、当時のCTでも今のCTでも「隠れ肺炎」は無かったので
コロナではないです。そもそも感染経路から相当離れてそうな人間ですし(志村けんはめっちゃ近所だけど)

血栓は消えたとはいえ、非凝固薬は服用し続ける必要があるそうです。
日本ではジェネリックが非承認で高いんだわ。
入院のときの費用もたった4日で保険適用でも8万もかかってしまったので怖い病気。

なお非凝固薬を服用していると疲労が抜けにくいように感じます。嫌だな。


20200517-3.jpg

タイヤが死にかけてたのでキシエリにつけてたPRO4SCに交換。
随分前の世代のタイヤでミシュランの主力製品ではありましたが、今更ながら転がりが悪い。
このタイヤにすると若葉台TTでタイムが出ません。
結局のところ乗り味が売りであってストラーダよりちょっといいくらいの転がりだよねと。


20200517-4.jpg

シューがない。けどまだインジケーターまで残ってるので続投。
使い切ることに美しさを感じています。
バイクとかだと「パッドを使い切る前、理想は半分磨耗したところで交換」なんてまことしやかに言われますが、
だったらウェアインジケーターなんていらねーじゃんって思いません?
私はそう思いますよ。作り手を全否定してるように思う。
インジケーターまで使っても大丈夫だからインジケーターというものを設定するんでしょとw


20200517-5.jpg

シューズが加水分解してて困る。急に来るんですよねこれ。
BONTは年式にもよりますけど、一気にベロンと剥がれるものもあります。


20200517-6.jpg

片方をラッカーでちょっと塗って様子見。はがれたところがベタベタするのでなんか塗るしかない。
T-ONEはお気に入りなのでまだまだ使いたい。

      
大体毎日走ってます。
ここのところはCAYO。調整しながら。

IMG_20200301_154627_BURST00.jpg

若葉台TTは安定して8:10~8:40くらい。
心拍を167を最大として、瞬間最大でも173までに抑えているのでこんなもんでしょう。
面白いのは、TTの平均ワットが同じタイムでも通常250Wくらいなことに対して心拍を抑えていると
230Wくらいなんですね。
そもそも体重で考えたら250Wっていうのもタイムにしてはやや低めなのに、さらに高効率になってる?
いずれにせよ人間が苦しいのは変わらないんですけど…w

抑えながら走るってのも結構難儀で、前に人がいるとそらもう大変なんです(残念だが大抵居る)。
遠くにいたのにどんどん近くなってきて抜かなきゃいけなくなる。そうすると逃げなきゃいけなくなる。
心拍縛りがあるので無理はしたくないけど、抑える都合もあるので一定の距離を置いて逃げの
体勢から脱却しないといけません。協調できるといいけどそうもいかんのです。
あまりに面倒くさそうなときは一旦横道に入って時間を置くこともあります。


IMG_20200301_154605.jpg

ネオンイエローVaypor。お気に入りです。
マイヨカラーなので履くのに勇気いります。
敬意ね。
  
      
実はわりと普通に走ってる。
久々にCAYOです。

IMG_20200226_154736.jpg

心拍測りながら165bpm以上には上がらないように。
これで若葉台TTは概ね8:40くらい。

最初は168までしか上がらず、数日後は恐らく172まで。現在は184まで上げようと思えば
上がるとは思います。
何が起こるか分からないので常にそのときの最大値と思われる数字の90%で、行っても95%まで。
この「抑えていく」というのが非常に難しいです。

随分と普通に近い感じまで走れるようにはなったんですが、病気が治ったわけじゃないところが辛い。


IMG_20200226_154744_BURST001_COVER.jpg

この日は寒かったのでビブタイツで。前日はレッグウォーマーだったと思います。
気温が乱高下するので身体に負担が大きいですねえ。


IMG_20200226_154809.jpg

新しいリムなのでシューの磨耗が早い。
もう交換時期に近いのですが、左右均等に減っておらず反対側はまだまだ残っています。
交換する前にちょっとだけ左右の当たり調整します。
左右差の調整って難しいんだよね…
 
      
2週間ぶりに自転車で出ました。平地中心で25kmほど。
2週間を超えるとグッと弱体化が始まるのでね。

20200218-1.jpg

_人人人人人人_
> 突然の死 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

突然死の恐怖で動悸を起こしてしまうので、実際にどの程度具合がいいのか悪いのか
わからん。とにかく尾根幹の最初のスシロー坂だけ登って様子を見ましたが…さほど問題なさそう。
少なくとも緊急入院のときのヤバさは全く感じません。随分治ったもんだ。

それでも脚に血栓が残っているので、それが心臓に移動して肺に詰まり呼吸困難に陥って死ぬという
こともありえます。医師にもそう言われています。
じっとしていようが運動していようが起こるときは起こるので悩ましいところで、だったら運動しとけと
思いマッスル


20200218-2.jpg

寒くはないですね。暖かい。
いつの間にかガソリンが値下がりしていることに驚きました。浦島だなあ。
 
      
1/31。姉が訪問したけど1時間だけ若葉台TTへ。

200212-1.jpg

30日は5月の陽気で完全夏装備でしたが、31日は北風がすごくて急に寒くなった日。
若葉台TTするときにスシローの坂でもういっぱいいっぱい。
妙にオシッコが近かったので、初めてくじら橋のトイレで用を足しました。

その後も息も絶え絶えですぐ心臓バクバク。L4とL5で走ってるような感覚。
なんとか頂上まで到達しましたが、、TTの結果はオートストップつきで10:32。これまでにない記録。


200212-3.jpg

汚い。


200212-4.jpg

ついに解けた。


天候のせいだろうと思ってましたが、この不調が4日続いて「おかしい」となり。
近所の内科で検診受けたところ、「わからん、これはすぐ大病院に行って来い」とのことで
紹介状もらって即日行ってみました。

病院でCT撮ったら先生が急に青い顔して「最近旅行されました?」って。
いえ、半径100kmのアクティブライフですが?


「えーと、肺塞栓症です。」


両肺がほとんど詰まってた。さらに左足にまだ血栓がスタンバイ中。



なるほど合点がいく。肺動脈が詰まってりゃ心臓が血を送れずに爆発じゃんね。
その日から4日ほど緊急入院。
緊急入院だから分からなかったけど、肺塞栓って

元気だった人がいきなり即死するレベル

っていう非常に深刻なものらしく、運よく見つかって良かったようです。

普段の強度じゃ自覚症状が無かったから、毎日一定強度で計測するような変態活動してなかったら
気付かずに死んでたかも。
しかし血栓が出来た理由は不明で、運動で血栓ができた可能性が濃厚だし、運動してなかったら
血栓ができなかった可能性があるのでニワトリが先か卵が先か…

いずれにせよ一度発症すると5年オーダーの長い治療が必要になるようなので、しばらくは軽強度での
自転車になります(←乗るんかい
 
// HOME //  NEXT

カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク