表の裏が裏であるように、裏の裏は表である
      
まだ降らない!いける! と思ったらいけなかった

2017-04-22-01.jpg

今日は555で。
そういえばこの555はホリゾンタルじゃなくて弱スロです。
スローピングには抵抗は無くて、CAYO EVOのおかげでむしろスローピング好きになりました。
チョイスローピングかフィブラみたいな思い切ってデザインされたスローピングがいいです。


2017-04-22-02.jpg

ドロドロ。
尾根幹に入ったあたりで降られてしまったので、もういいやって割り切って小山田周回を逆方向に
1周して帰りました。正方向は激しいダウンヒルにツイストが加わるので避けました。

BBBのテックストップを付けているのでブレーキは全く問題なし。
墨汁も少ないです。テックストップの安定性ステキ



BBBテックストップ BBS-26HP

今使ってるのは23HPの旧型で、↑の現行26HPは格段に良くなっているそうです。
先日26HPを買ったので今度使ってみます。

「ウェットはスイスストップの緑」なんて決まりごとのように言われてますけど、テックストップの方が断然
いいですよ。スイス緑はドライ・ウェットも構わずリムを削りまくるし相性も結構あります。
BBBのブレーキシューにはそんな心配事はありません。


2017-04-22-03.jpg

ビブショーツに半袖ジャージ、シューズカバーもなしで真夏の装備。
ただジャージはサンティーニのHARU(春)というモデルで、アクアゼロっていう撥水性の生地を使ったもの。
撥水力はそれほどでもないのですが、生地に厚みがあり内側にあまり浸透しないので「背中冷たっ!」って
感覚がありません。土砂降りの中で多少体温は奪われますが普通のジャージよりは断然快適。

私の記憶ではHARUは撥水ジャージのはしりで、ここから他メーカーでも撥水ジャージやGABBAのような
防水ジャージが作られるようになったような。GABBA欲しいなあ。

なお今日はシューズカバーしなかったのが失敗で、シューズがドロドロになっちゃいました。
ビブのパッドも真っ黒になっちゃって取れないし。
雨の中走るのはいいんだけど後始末が大変。
 

 
      
だるいけどノルマなんで小山田一周。

2017-04-21-01.jpg

DOVALのチェーンリングにも飽きてきたのでROTORに替えようかな。
いえ決して悪くないんですけど、乗り込むにつれて微妙に合わない感じになってきたんで。
あと色がイマイチ


2017-04-21-02.jpg

そろそろシューの交換時期です。焼けは無いけどタッチが悪くなってます。


2017-04-21-03.jpg

リアのS33PROも随分減ってきました。
パンクは四輪用シーラントで完全復活しました。
ただしシーラントのせいもあって、ただでさえ重ったるいタイヤがさらに重ったるいです。
S33PROは現行よりも前のモデルの方が断然転がりが良かったです。
現行品はいくらエアをぶち込んでも転がりが軽くならないので、いっそエアを落とすくらいの方が
よさげ。(でも落とさない)


2017-04-21-04.jpg

もうねサビサビ。チタンボルトに替えたい。
 
      
555で。
CAYOとLOOKを万遍なく乗ってます。
どちらもポジションもサドルもハンドルも同じ、落差もほぼ同じだから大差ありません。
CAYOとネオプリだと乗ってて「今日何乗ってたっけ?」ってうっかり分からなくなることがありますが、
LOOKだとそんなことはありませんね。赤いから?

2017-04-16-16-02.jpg

かなり気に入っていますが、スプリントするとCAYOより値が落ちるところがネックです。
なぜか1000W超えられないですはい。BB周りが少し柔らかい?
ネオプリよりちょっと良いくらいなのでホビーとしては充分なんですが。


2017-04-16-16-03.jpg

EDGE500の保護シートがもうだめ。余ってたWS003SH用のオーバーレイブリリアントをカットして
使っていましたが、屋外暴露だと2年くらいで劣化しちゃいますね。
そもそもタッチパネルじゃないんだから保護シートなんて無くてもいいんですけどね。


2017-04-16-16-04.jpg

暫定チェーンウォッチャーも地味に仕事をしているようです。
こんなペラいものでも意外といけるもんだな。

ところでLOOKはハンドメイドを売りにしていますが、カーボンフレームっていうのはほとんどが
ハンドメイドです。野良中華も量産エントリーグレードも全部手造り。
唯一の例外はBMCで、カーボン繊維1本から全自動で作るすごい機械があるそうです。(実際に
使っているかは知らない)


2017-04-16-16-05.jpg

4月も半ばなのに、もう真夏状態。
シューズはVaypor本妻1号。
ショーツはスポーツフルの古いツアー・ビブショーツ。もうこれ6年くらい使ってます。
ツアー言うけどロングライドで快適とかそんなこたぁないです。普通のビブショーツです。
 
      
CAYOで。

2017-04-13-0.jpg

なんとなしにDOVAL 4Gの16%をまだ使っているわけですが、相変わらず整備不良のママチャリのように
騒々しいチェーンリングです。
アウターロー4枚目で音が出てましたが、最近は上手いこと削れたのか音が出るのが3枚目くらいになった。
インナーミドルあたりで登坂アタックしててもなぜか音が出るのが不思議です。
DOVALの摩耗度は思ったよりも多くないので(それでも減りは早いほう)、せめてノイズが緩和されればなあ。
あとデザインね。赤色を差し引いても格好良くないです。


2017-04-13-3.jpg

左右差は大体同じになっています。ジャスト50-50になることもあります。
数字はあくまでも仮想値だし、左右のペダリングに違いを感じているので完治はまだまだ。


2017-04-13-1.jpg

少し気温が低めだったのでカステリのクラウディオ。
このビブは丈が長めにできています。普段は裾を上げ気味なところを設計通りの下げ気味で使用。
膝上3cmまで下げると感覚が気持ち悪いです。
最近カステリが膝丈のオムループっていうビブを出しましたが…どうなんだろう。
気持ち悪くないのかなあ。


omloop0001.png

この手合いは出ては消えるを繰り返すキワモノだと思うんですが、クラウディオだってそもそも
「サーマルビブショーツ(撥水機能もあるでよ)」っていうキワモノ製品だったものが今や各社の定番カテゴリ
どころか売れ線になったわけですもんね。


2017-04-13-2.jpg

事故でズタボロになったシューズカバーを縫って使っていますが、修繕はそんなに目立たないし
このまま使い続けよう。

 
      
555で。
この頃のフレームは低めのハイトのリムもよく似合うので良いですね。
サドルが前に出過ぎてる感じがするけど50mmあるはず。

2017-04-12-16-1.jpg

最近はようやく調子が戻りつつあって、小山田周回も25分台が出るようになってきました。
膝の骨折から丸二年以上掛かったってことです。でもアベレージは24分台なのでまだ全然ダメ。
それでもまだ歩行やランで痛みが出ます。そもそも軽いジョグができるようになったのがほんの4か月前。
軟骨を痛めているので完全には治らないようです。


2017-04-12-16-2.jpg

AXIS2.0はネオプリから引き継いで使っていますが、全く問題ありません。
変に効き過ぎないしコントロール性がとても良いブレーキだと思います。
どこで作らせてるんだろうねこれ。テクトロ?プロマックス?


2017-04-12-16-5.jpg

事故後も使ってるケンタウル+ゼノンのハイブリッドエルゴ。しかも勝手多段変速病に侵された個体
無理矢理修理したもの。修理以降壊れていないし、特に不満なく使っています。
修理の都合上ボタンのストロークが深くなったことに最初は気になったけど、もう慣れました。


2017-04-12-16-3.jpg

Vaypor4号。たまには黒で。秘蔵のサンマルコのピストンソックスを合わせてみました。
黒いシューズも好きですが、黒い靴下しか合わせられないのがネックです。
黄色だろうがピンクだろうが黒以外は草野球みたいになっちゃいます。

この4号はVayporでは初めてオーブンで全熱成型しましたが、全熱成型も結構良いですね。
普段はドライヤーだけでやってますが、今度他のVayporも全熱成型やってみよう。

あ、Vaypor妾が何号もいるけど全くもって金持ちじゃありません。
世界の誰かが食い散らかしたものを丹念に回収してレストアして使ってるだけです。
私神様なんですよ。拾う神。

たまに粗雑に扱われてるシューズを見ると悲しくなってきます。一番の機材なんだから
大事にしましょう。速い人は靴が綺麗なもんです。


2017-04-12-16-4.jpg

もう指切りの季節です。早いな。
このグローブももう8年目です。
最初からボロいけど最後までボロいイタリアらしい逸品。 良い意味で。
 
// HOME //  NEXT
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク