FC2ブログ
このブログを見た人は140年以内に100%死ぬ
      
12/3の日付。IDOLで。
LOOK KG555は久々に固定ローラーするためにローラー台にセット中。

IMG_20181203_152118.jpg

若葉台TTは8分前後をウロウロ。
最近は強度を落とすようにしています。常に強度が高すぎる気がしたので。
強度を落としてもさほど遅くなるわけじゃないミステリー。


IMG_20181128_152032.jpg
IMG_20181128_152042.jpg


言い忘れてました。ブレーキをシマノに交換しました。
フロントがBR-5600でリアがBR-6600。見た目は意外としっくりくる。

リアの方を高級品にするのがポイントです。リアが大事。
ケンタウルのDスケルトンのシングルキャリパーは全く効きませんでしたが、さすがにアルテのデュ
アルは効きます。ケンタウルがダメというわけではなくカーボンリムとの相性の問題。
相手がアルミリムならケンタウルのシングルの方が良いはずです。

しかし600世代懐かしいです。BR-5600は昔に頑張って買った思い出があります。
その後すぐにカンパにしたので売ったけど。
5600でも大いに感動しました。アルテなんて手が出なかったです。


IMG_20181203_152128.jpg

Vaypor+ です。中古で入手しました。
これは以前所有していたVaypor+とは異なります。

持っていたのは前期型で、これは後期型。ATOPからBoaのダイヤルになり、足型も若干変更
されたようです。ダイヤルに関してはやっぱりATOPの方が良いです。

足型はつま先がややタイトになって、旧Vayporに少し近くなったようです。
捨て寸が多いのはそのままで、前に所有していたものはEU40.5でしたが、今回は狙ってEU40。
0.5落とすことでつま先のガバガバ感がかなり改善されました。
メーカーは近年のVaypor S以降は「0.5アップ」を推奨していますが、それはいくらなんでもダメw
旧Vayporを基準にして同じサイズか0.5落とすくらいが良いです。
 
んで、久々にクルクル式を履いたわけですが、やっぱりホールド感は少し低めですね。
ここは普通の走り方だと全く気になりませんが、スプリントではやや気になる。
それよりも足の甲にワイヤーが局所的に当たる感じがして走ってても違和感がずーっとあります。
これはワイヤーの交点の位置がまずいのと、タンが柔すぎるからかな?
 
      
お気に入りのGOREのALP-X1.0グローブが


180803_0088.jpg


思いっきり破れた(´;ω;`)ブワッ

9年くらい使い倒したっけ…
最低でも地球1周ぶんは使ってるはず。


でもこれ、縫えばいけるんじゃね?

 
      
6月14日の日付。LOOK KG555がやっと復活。

2018-06-21-01.jpg

小山田周回をフルとショートで1周づつ。
タイムは覚えてないけどあんまよくないです。


2018-06-21-02.jpg

というのも、リアに新しく貼ったチューブラータイヤの転がりがまだ良くないので。
チャレンジタイヤのボルケーノです。かなり下の方の練習用グレード。
とっくに廃盤銘柄みたいですが、随分前に最終在庫を1500円くらいで買いました。


2018-06-21-03.jpg

ライオン製ではありません。ストラーダと同じ220TPIですが、推奨空気圧が100~175psiでかなり高め。
練習用のくせにケーシングに手を抜いていないということです。
一応アンチパンクベルトも装備しているようです。


2018-06-21-04.jpg

トレッドは硬めで、この硬さは黄色ロゴ時代のS33PROに似ています。グリップ感も似てます。
リアブレーキを強く掛けるとすぐにキュッとスリップしますね。
もうちょっと保護ワックスが抜ければマシになりそうです。
ブチルチューブのくせに乗り心地はかなり良い方だと思います。コルサCX2より少しいいんじゃないかな。
乗り心地なんて求めてないけど。

「転がりがまだ良くない」と書いたのは、この保護ワックスが取れてリムに馴染んでからがチューブラータイヤの
本領発揮だから。事実走り出し当初は30km/h出すのに200W食っていましたが、100km転がした今ではそれな
りの数字になってきています。それでも絶対的には転がりが悪いタイヤですけど。

でもこのタイヤは個人的には「アリ」ですね。ストラーダよりは断然いい。
精度もストラーダより断然高いです。
転がり抵抗が小さい方が人生幸せになれるといった主旨のことは前にも書きましたが、のんびり行くならこう
いうタイヤも悪くないです。

 
      
先日ゲットしたQuarq Cinqoの動作チェックも兼ねて50kmほど。LOOK KG555で。

2018-02-06-555-1.jpg

Quarq Cinqo SATURN SRAM S900です。旧S900アームでクラシカルなカタチ。
SRAM傘下に入った頃のものなので年式は浅めですが、バッテリーキャップが浸水未対策品なので
最後期モデルではなく中期モデルといったところです。

しかし傷だらけ錆だらけ。扱いが悪すぎませんかね。
発売当時は無茶苦茶高価でしたし、機材をもっと大事にしてくださいよ。


2018-02-06-555-3.jpg

Quarq自体はもう何年つこてるだろう。
Cinqo SATURNでマトモな個体に当たったことがありませんが。

でもこの個体はマトモなようです。久々にちゃんと計測できた。
RED、RIKEN、ELSAと比較しても明らかに表示レスポンスがいいです。すぐに立ち上がってくる感じ。
SRM並みのレスポンスです。後年のものよりこっちの方がいいじゃん!
バッテリー容量のわりにランタイムがそこまで多くはないので、ポーリングレートが高いのかもしれません。
昔使ってたCinqo SATURNも確かにレスポンスが良かった記憶がありますね。

スプリントでもちゃんと正しい数字が出ます。
かなり気に入ったので、アームをレストアして浸水対策して大事に使おうと思います。
左右差の計測はできませんが、骨折以降は全く気にしていないのでいいです。
パワーメーターもパイオニアとかシマノとかフォーアイとか色々出ていますが、パワーが安定して
測れればいいので個人的にはあんまり興味がありません。
 

なお古いQuarqやSRMなどを入手する際には気をつけてください。
ちゃんと動作確認が取れない個体や怪しい人物の出品、扱いが悪いものは買わない方がいいです。
古いモデルには持病があったり癖があったり、使っていた人が規格すら分かっていないパティーンが
多いです。ホント実に多い。何オーナーもの手に渡っててジャンクレベルだったりね。

このクランクも電池周りと軸周りのハードウェアチェック、このモデル特有のチェック、Qalvinでセンサー
類を全部チェックしてから購入しています。
前オーナーからどういう扱いを受けていたか、どういった理由で売られたのかまで確認&推測しないと
買えたもんじゃないです。要はひたすら博打なので普通に新品買いなさいってことです。
 
      
レイク CX402
ソール全体が熱成型できるそうです。前のモデルでも多少は出来たっけ。

2018-1419-2.jpg

熱成型はBONTでファイナルアンサーであって、他社は退散したと思ってましたが
まだやるのか…


2018-1419-3.png

BONTが純粋にソリッドさを追う傾向に対し、レイクはコンフォート寄りのようです。
コンフォートプラットフォームに該当するものはBONTにはありませんが、BONTはサイド内装に
薄いメモリーフォームを使っていますのでそんなに酷くはありまへん。

まぁどっちがいいんでしょうね。好みの問題かな。
TIMEの熱成型シューズを使っていたときは半端なコンフォートさがイマイチでしたけど、そこまで
じゃなさそうだし。

あとはアッパーの締め方かなあ。上のベルトのところがもっとガッチリしてもいい気がします。
あと、高い。。実売3.5万以下なら売れるけど、いまどき6万って難しいのでは。

なお、レイクは3年前くらいにいくつか足入れしたことがありますが、どれも甲が高い傾向があるので
私には全く合いませんでした。 BONTしか合わへん。
 
私が今買うとすればBONTのHelixかZEROですわ。もちろん一番派手な色で。
 
// HOME //  NEXT
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク