前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
温故知新ブームです。

この前のNスタで「古いものを温めて新しいものを知る」

って言ってたのを私は見逃しませんでした。

電子レンジかよ。


2017-04-19-idol01.jpg

懐かしい初代アイドル。2008年製。アイドルといってもキョンキョンを想像するのは日本人だけで、
「憧れの対象」という意味でのアイドルです。特にこの時代のヨーロッパには日本的アイドル文化
というものは存在していませんでした。(2010あたりに秋元康さんが持ち込みました)

で、アイドルらしかったのはこの次の代までで、以降中台製になってからはもはや粗製乱造アイド…
いやなんでもない。

でもひとつだけ言わせてや。台湾IDOLはハートマーク散らしすぎ。そういうブランドだっけ?


2017-04-19-idol02.jpg

ポテンツァで組んでいますがFDは5800です。引き自体は問題ありませんが、羽根の設計がタイト
過ぎるので少し羽根を広げています。
カンパのFDバンドアダプターを使って丁寧に取り付けました。

直付ではなくバンド式の取り付けになりますが、この頃のIDOLはFDバンドの締めすぎでパキッと割る人が
多かったので注意が必要。幸いにもこのフレームは割れていませんでした。
シートチューブの肉厚は充分にあるのにパキッと割る人が多かったのは、当時はカーボンに不慣れな人が
多かったのか、バラつきがあったのか?


2017-04-19-idol03.jpg

フォークはミズノ製でかなり硬い良品。

ヘッドパーツは上下1-1/8でカンパ・ヒドゥンです。 
カンパ製のこのヘッドパーツは造りは悪くないんですが、シールリップの耐久性に難があり、組み付け時の
癖も強いです。格好と回転性能はいいのですが、FSAのオービットなどのシンプルな形式のヒドゥン互換
ヘッドパーツと交換したほうが整備性・耐候性が良いと思います。私自身もすでに手配してあります。


2017-04-19-idol06.jpg

デローザをデローザたるものにしているのが、このインテグラルシートポスト(ISP)かな。
なんやかんや言われるけどカッコいいよ。カッコいいがいいに決まってるじゃん。
おまえは同じ性能なのにあえてカッコ悪いものに跨りたいのか?

幸いにもISPをカットされていない個体だったのでポジションがピッタリ出せました。

昔は「EROSA」になってるIDOLもありましたね。


世間の反発を受けてISPは廃れてしまいましたが、出るのが早すぎたんだと思います。
サドル設計がまだ魑魅魍魎だった時代で、ISP流行のおかげでサドルメーカー各社のサドル寸法(サドル
レール高)がある程度揃い始めたように思います。
「おまえそれ遊んでるだけだろ」っていう奇抜なサドルもほとんど無くなりました。

デローザはISPを最適な長さにカットして出荷していましたが、ユーザーが自分に最適なサイズを選べばよっ
ぽど変なサドルでも使わない限りポジションが出せる寸法になっていました。
サイズバリエーションもかなり豊富な方で、普通はそんなに困らなかったはず。
※ちなみに当時はカットやカット長を指定しての納品も可能でした。もちろんフルオーダーも可能。


2017-04-19-idol04.jpg

で、IDOLのISPですが、出始めでまだ未熟なところがあります。
というのもチューブが太すぎる。太すぎて内腿に当たる。前のオーナーが擦った跡もしっかりあります。
これにはメーカーも気付いたらしく、以降のKING3などは管径をワンサイズ落としています。
数ミリの差ですが結構大きいもんです。


2017-04-19-idol07.jpg

チューブは非常に凝っており、トップチューブは基本的には縦に長い楕円になっています。
トップとダウンにシュッとモールドされたデザインが秀逸。
モノコックに見えますが、チューブ同士をくっつけた接着フレームです。
中を覗くとボンドが凄まじくはみ出しています。

でも安心してください。汚いボンドが見えたらそれは本物のデローザです。

さて、乗ったときのインプレは後日ニョロニョロっと書いていこうと思います。
硬い硬い言われてますが、決して硬くはないですよ。
はみ出したボンドの量でちったぁ変わるのかもしれんけど。
 
      
大しながら小できるのは人間だけなんだそうです。


2017-05-23-15-01.jpg

Garminのvivofit2を入手しました。もちろん中古だよ。
普通は下位モデルを買ってから上位を買ってしまったりするもんですが…うーん逆行ってる。
活動量計のメリットは分かりましたが、目的がハッキリしてるので普段は下位モデルでいいと判断しました。
充電しなくていいし。


2017-05-23-15-02.jpg

んで、vivofitのバンドにはSとLの二種類あって、手首周りが154mmの私の場合はSが合うはずなんです。
実際付けてみるとLの方が好みかも。


2017-05-23-15-03.jpg

Sが左側、Lが右側です。
Sは長さが結構ギリギリで、Lはやや余る感じです。
Sの方が無駄が無いかもしれませんが、調整穴が沢山見えるのがあまり格好良くない。
ほら、腕時計でもそういうことってあるじゃないですか。

これ皆さんも悩むところみたいで、小柄で細身な日本人男性でもLのバンドを使う人が多いようです。
Mサイズがあればバッチリなのにねえ。

大しながら小できるのは人間だけですが、中はできませんものね。仕方ないデスね。
 
      
EDGE500のネタです。

EDGE500は「爪折れ」トラブルが有名ですが、それも昔の話。

爪折れ画像を集めてみました。

edge500sample1.jpg

随分前から海外で話題になっていた話ですが。
爪折れを起こす個体には画像で分かるレベルのある共通点があります。
要するにメーカーがしれっとマイナーチェンジをしていて、実は前期型と後期型に分かれています。
前期型は脆いわけです。(…ひどい話だ)

この違いはもちろんほとんど知られていないので、嘘を見抜く際の材料にもなります。
前期モデルで「1年しか使っていません」とかほぼ嘘。
そんで売られている青い500の殆どが前期モデルだったりします。これはちょっと謎。

なお少し前に中古の後期型を買ったんですが、オドが記録されたまま渡してきました。
「2000kmしか使ってないです」→「30000kmって記録されてますが?」っていう。
そのくらいはべつにいいけど、せめて嘘をつくなら突き通せよ?
 
      
土曜日。
きょんたに4時30分に起こされてしまって睡眠4時間、しかも睡眠が浅いっぽい。
そんな中で5時から出走。

2017-05-03-17-2.jpg

若葉台TTのタイムで調子が最悪なことに気付く。

「寝不足で調子悪いけど8:10くらいだろ 5人パスして牽いてる状態だし チラッ」

 [8:51]  ガーン」

自分が体感してる以上にタイムが悪い…これはかなり良くないパティーン


仕方ないので流しで行くと決めて小山田周回に入り、まずは26:32という遅めのタイムで1周。
もうね、ヤマダ坂で必死なのに30km/hしか出てなかったという。
そこから「時間あるしもう一周するか」に始まり、「どうせならもう一周」で三周。
タイムは26:41、27:03と順調にスローダウンしました。
さすがにもう飽きたので帰宅。合計91km。
三周なんて膝の骨折前以来です。膝もちょっとは良くなってるみたいね。

かなり疲労困憊、仕事もヤバイので日曜日は自転車はオフにして缶詰になります。


2017-05-hr1.jpg

ガーミンのvivosmart HR Jを導入してみました。中古ですが。
無駄にごついのと充電が頻繁になるのと普段使いだとバッテリーが弱るのは目に見えているので、
活動量計としては使わず基本的に心拍計&通知用。
平日のコアタイムだけ使って、普段は胸バンドにすることにしています。
心拍取りたいのはもちろんですが、走ったりしてるときに連絡を落とさないように。


心拍に関して。
LED式で心拍が取れますが、レスポンスが若干遅れる気がする。
あと状況によって低めに出るときがあるような?
10秒平均を取れば違いはないんですが、胸バンド式の方が表示が即時だし信頼性は高いと思います。

通知に関して。
通知機能はちゃんと機能しています。EDGE520と違ってGmailもEmailもちゃんと取れます。
(EDGE520はなんであんな使えないゴミ仕様になったんだ?)
ただ走行中だとバイブが弱くて気付かない。
音も出せる仕様になればドロップしないのに。

活動量計としては使っていないとはいえ、寝るときにだけ付けてます。
睡眠時間が分かるし眠りの深さも結構精度が高そう。これ便利ですね。
 
なお液晶保護シートは適当な在庫からハサミで適当に切り出して適当に貼り付けました。
端が浮きまくってるけど気にしない。何度も言いますが私はA型です。
 
      
シンクロは諦めてRDを買いました。

2017-05-11-01.jpg

円高のおかげで何とか我慢できる価格だけど、普通に国内で買ったら憤死するレベル。

変速はもちろん問題ありません。
以前のお寿司コンポと比べて随分カッチリしてますね。
プーリーは前代と同じように見えても異なっていて、上下ともに遊びが付きました。

強化プラスチックとアルミの組み合わせなんですが、安っぽさはありません。
プラスチックの部分は摩耗するような構造設計ではないので長期耐久性も問題なさそう。
大きくてダサいのかと思いきや、意外にコンパクトで良い感じです。
コストダウンも感じますが性能自体は着実に進化してます。

コンパクトに再設計されたケンタウルのRDが発表されましたが、ポテンツァ以上はずっとこの
スタイルのRDなのかな?
 
// HOME //  NEXT
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク