表の裏が裏であるように、裏の裏は表である
      
LASのヘルメットを割ったのがあまりに悲しくて収集してしまった…

2017-02-08-01.jpg

ここに写っているのは一部で、あと5個ほどあります。

MET インフェルノ (昔から愛用しているもの)
MET ストラディバリウス
MET シンセシス
SELEV エイリアン
SELEV マトリックス
SELEV MP3
クラトーニ BULLET
GIRO イーオン
LAZER スフィア
LAS クリプトン(このまえ割ったもの)

手持ちがインフェルノ、エイリアン、マトリックス、BULLET、新入り即死クリプトンだったものが、
一気にここまで増えました。全部中古や新古だから無茶苦茶安いんですけどね。
まぁ、ゴミ溜めです。

ちなみに一番被り心地がいいのはクリプトンで、次いでスフィア、その次がシンセシスとストラディです。
クラトーニが最低です。内部形状が芳しくない。
SELEVは全てのモデルで決して良いほうではありませんが、なぜか縁があります。
デザインが良くてそこそこ無難って感じ。
 
      
そういえばこの画像を見て、「なんだこのタイヤは」と思った人がいたら鋭い

2016-11-25-09.jpg

初代アルトレモです。2008年モデル。
以前バーストしたのもこれ。
http://desftr.blog54.fc2.com/blog-entry-3074.html

4本買って、これが最後の一本です。たぶん。
(あれ?そうだっけ??バーストしたやつ以外を捨てた記憶がない…)

物持ち良すぎですな

アルトレモはこのあとアルトレモRになり耐磨耗性が落ち、さらに不具合を出して不人気になります。
その後はZXZXエボリューションZXエボリューションHDって、ホンダのバイクのように
無茶苦茶なネーミングになっていきました。
これ以上どーすんの?って思ったら「ワン」になった(笑)

結局初代が一番良かった。
初代のまま売れば良かったのにね。
 
      
KASK PROTONE カスク・プロトン のニセモノが大量に出回っています。
ヤフオクでは特に要注意。

protone_genuine.jpg
protone_fake.jpg

上の画像、どっちがニセモノだと思いますか?


proton_fake02.jpg

↑答えはこれです。


海外ではカットして中身の違いを示した事例がありますが、外見はとても精巧に出来ていて
判別は困難に見えます。でも実は簡単に判別する方法を見つけました。


Comparison_of_kask_protons.jpg

ロゴです。ニセモノは全体になんか太っていますが、eの文字が決定的に異なります。

商標に対するコンプライアンスが低い国なので、ここで必ず尻尾を出しますね。

プロの目はごまかせんぞ?

実は似たようなフォントがありまして、KASKのデザイナーは恐らくそれをベースにプロトンのロゴを
作ったわけですな。
ニセモノを作った人はてっきり同じだと思い込んでそのまま使っただけ。
通常の感覚ならこんな大きな違いには気付くのですが、気付かないのがあちらさんなのです。
ロゴ造りのプロフェッショナルは権利回避と贋作対策のために元の書体に必ず加工を掛けます。
 
ニセモノを見つけたらどんどん違反申告しましょう。
放置していると「本物」が無くなってしまいますよ。
 
      
そういえばキシエリで思い出した。

2年くらい前かなあ。ラジオで代理店の人が出演して営業トークしてまして。


2016-11-25-09.jpg


「女性には軽量なキシリウムSLRがおすすめです」
「平地をラクに走るならコスミックカーボンSLRおすすめ」

なんて言ってました。

正直、頭大丈夫か???って思ってしまいました。

だってキシリSLRって当時は国内で20万くらい、コスカボは確か25万くらいじゃないですか。
入門用のアクシウムとかすっ飛ばして、いきなり30代の手取りレベルのモノを公の電波で
薦めるなんて自転車乗りの狂った金銭感覚を自己紹介してるようなもの。

実際に車輪ごときで何か大きく変わるわけでもないのにね。

もっと低価格のものをお薦めして、1gウン千円まで行き詰めたトップグレードもあります という
紹介の仕方にしないと市場が消えちゃうんじゃないかな。
ものづくりは高く売ることが至上なので営利に走るのは仕方ないことですが、一般消費者目線は
大事にしないとね。

だから私は特に車輪に関しては、やたらめったらプラセボのようなポジティブインプレを書かないんです。
なるだけ冷静に判断してもらって、可能なら無理に買わないで欲しいから。


って聴き歩きながらそう思ってたら、

私の横から歩道をフラフラ走り抜けたおばちゃんのロードバイクがキシリSLRだった。

 

      
そういえばキシリウム・エリートのインプレしてませんでしたね。
そもそもこんなワッカで何が大きく変わるもんでもないので、車輪のインプレは後ろ向きなんです。
以下間単に。


2016-12-04-ks.jpg

いつのモデルだっけか。2012だったかな。キシリウムのスチールスポーク版同然になった頃のものです。
今のモデルはワイドリムになったくらいでそんなに変わらないと思われます。

縦横はもちろん駆動方向にも硬くて、フレームとの相性が出やすい車輪です。
旧CAYOでは平地で全く進みませんが、CAYO EVOではスムーズに進みます。不思議!
エアロが悪いせいだと思ってましたが、どうも違うようです。

登りが得意と言われる車輪ですが、特にそうは思いません。反応性も普通。
どのコースでも安定的にタイムが出るのでいい車輪なのは間違いない。
でもアンダーパワーになると硬さが露見するかも。
パワーor体重がある人ならマイルドな車輪なんでしょうけど、フライ級の人にはきついんじゃないかな。

以上です。

昔格安でゲットしたからいいものの、今となっては高級車輪ですな。
いい車輪ではあるんですが、これに金出すなら個人的にはユーラスをおすすめしたい。
相性が出にくいので。
 
// HOME //  NEXT
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク