FC2ブログ
このブログを見た人は140年以内に100%死ぬ
      
ラチェットベルトがブチッと切れました。
大体2年ごとに手持ちのどれかのラチェットベルトが切れている気がします。

180924_3173.jpg

台湾製だから知らんけどチョイ弱いかなー。
数年前には無茶苦茶切れやすいロットもあったようです(実際に柔いものを確認済み)。


180924_3174.jpg

こんなこともあろうかとスペアを常備しています。
これはヤフオクだったかで少しお安く買ったものです。BONTを手放した人が余らせたものみたい。
スタイルバイクさんで送料込1000円程度で買えますし、イルクオーレさんなら大抵常備していますので
(もちろん一度確認してから)店頭で買うのもあり。私も以前急ぎで必要だったときにイルクオーレさんで
買いました。

なおスタイルバイクさんはとても対応が良い代理店さんで、発送方法もネコポスが使えるようになったのは
GOOD。以前は小型物でも通常の宅急便のみだったのでチョット勇気が要りました。

旧代理店時代はSIDIのラチェット機構を丸ごと移植する人もいたようです。
SIDIならどこでも補修パーツを置いてありますもんね。
私もSIDIやNW、いっそ適当にBOAを付けようかと考えたことがありましたが、純正ラチェットの方が高性能
なのでそのまま使っています。


180924_3175.jpg

抜いて挿すだけ。
挿すときに勢い余ってベルトを折らないように気をつけましょう。
 
      
先日パンクしたルガノTですが、パンク修理しようと思ってパンク箇所を探したとです。

2018-07-18-01.jpg


( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ

( ゚д゚) …

( ゚д゚ )


えっと、縫い目がね。解れちゃってるんですね。一番大事な縫製がね。



2018-07-18-02.jpg


もう中を見なくても分かるけど。チューブが炸裂してました。

つまりこういうことだ。

縫い目が解ける→チューブがフーセンガムのように出てくる→破裂

だからパンク直前にゴトッゴトッって振動が出たんですね。
かれこれ15本程度チューブラーを消費していますが、こんな事例は初めてです。
ここが解けるなんてありえないしあってはならないんだけどシュワルベ大丈夫?

チューブを修理することは出来るんですが、全周綺麗に剥がれたフンドシを戻すのはあまりに
面倒なので廃棄にしようと思います。ここ数ヶ月でチューブラーの廃棄がやたら多いな。
 
      
2Dと5Dのカーボン調フィルムを貼ってみる。テストなので少し雑です。

2D、3D、4D、5Dの明確な違いはよく分かりませんが、5Dになるほど本物っぽくなるようです。

2018-04-28-002.jpg

横が2Dで真ん中が5D。

2018-04-28-003.jpg

2018-04-28-001.jpg

2018-04-28-004.jpg

うーん、2Dの方がテクスチャとしては自然で高級感があっていいかな。
5Dは凸凹やキズが目立って汚らしいし、艶もイマイチ。表面が塩ビっぽい感じ。貼ってみると結構な
フェイク感もあります。
割り切ってる2Dの方がいい感じ。嫁も即答で同意見でした。
保護という面では5Dの方が厚みがあって柔らかいので向いてますが。
 
      
第二弾。
今度はクリンチャーのミシュラン PRO4 SC(サービスクルス)の修理です。
出掛けに「やっべ、直さないと」って気が付いてからの突貫修理。

2018-04-24-001.jpg

リアホイールは外さずにやります。


2018-04-24-002.jpg

プックリしていた部分。タイヤ内側のライナーのようなものが出てるのかと思いきや、モロに穴が開いて
インナーチューブそのものがコンニチハ
してました。


2018-04-24-003.jpg

かつてバーストした初代アルトレモのサイド部分を切ってきました。
こういうときのためのゴミ要員です。


2018-04-24-004.jpg

その資材を裏から適当に貼り付けて復元して終了。
応急的ですが、充分に修理できました。それにしても早く使いきらないとね。
 
      
先日パンクしてたコルサCX2チューブラーの修理。
シーラントで止まったと書きましたが、2時間後に「パスー!」って抜けちゃいまして。
やっぱダメだな。

2018-04-24-001-1.jpg

ほんと酷いもんだ。
これだけトレッドが残っていて、さらにこの程度の突き刺しだったら通常パンクに至らないと思うんです。
指定外の低圧で使ってたんじゃないかしら。
コルサの指定空気圧は116~200psiですよ。ヨーロッパの石畳を走る以外ではこれは守ったほうがいいです。


2018-04-24-001-2.jpg

場所は正確に特定できてるのでピンポイントでフンドシ剥がし。
このクラスのチューブラーになるとフンドシが剥がしづらいのですが、私は千枚通しの先端を少し
丸めたもので剥がしています。


2018-04-24-001-3.jpg

少しだけ糸を切ってチューブを取り出し。手馴れたもんだな。


2018-04-24-001-4.jpg


あからさまに色が黒ずんでます。何が刺さったんだろう。
ここにロード用極薄パッチを1/3に切って貼って。あとは元通りに復元します。
 
// HOME //  NEXT
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク