前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
チューブラー職人の朝は早い

2017-10-29-1.jpg

盛大なパンクをしていたコルサCX2ですが、バルブ(CX2は根元から外れる特殊バルブです)を
付け直したら直った!?いや、勝手に治ったようにしか見えん。。
入念にチェックしまくったのになぜ直ったのか謎です。

とにかく縫い合わせて復元し、8barまでエア入れてチェックしても全く問題ないので続投決定。


しかしまあ、チューブラーの開腹にも随分慣れました。
コルサCXのようなラテックスチューブ式だったらパッチの付きが良くて施工ミスによる再発はまず
ありえないので、万一パンクしても気楽です。


nui.jpg

ちなみに縫い方は上記のようにしています。ジグザグに縫ってから折り返すだけ。
これだけで充分です。難しく考えたり技巧に走る必要はありません。
 
      
一帰一膳と決めています。
前回は両親のスマホ移行、今回は母の自転車のタイヤ交換。

2017-10-20-002.jpg

フロントタイヤが丸坊主。
自転車屋ではパンクするまで使えと言われたそうですが、もはや危険なレベル。
普通のアスファルトなら滑らないんですが、広島は橋のタイルで滑るのでこれではダメ。
そろそろ橋のタイルが滑るのをなんとかせぇやこのクソ森が


2017-10-20-001.jpg

自分用の420チェーンを買うついでに某タムジャパンで買いました。シンコーのデミングです。


2017-10-20-003.jpg

アンチパンクベルト入り&高耐久モデル。
ネットで調べるぶんには評判が悪くなかったのでこれにしました。ウェットでも滑りにくい
とかなんとか。
シンコーのスタンダードタイヤならホームセンターで安価に手に入るんですが、デミングの
ようにスペシヤルなタイヤはあまりありませんね。

装着も簡単で精度も高いです。あとは耐候性に期待。
母ちゃんこれで長生きするんだぞ。
 
      
かなり以前からBBB BSG-28 サクセサーを愛用しています。
このサクセサーというサングラスはフレームが弱くてバッキバキに割れる持病がありますですが、
前に修理したところが割れたのでツルセコ再修理。


2017-10-11-001.jpg

前に修理したネタはこれですね。
ツルの修理
http://desftr.blog54.fc2.com/blog-entry-2915.html
サクセサーが限界です 
http://desftr.blog54.fc2.com/blog-entry-3319.html



2017-10-11-002.jpg

再度割れたのは2012年に修理したところです。あーもう5年前か。


2017-10-11-003.jpg

左側の2014年に修理した部分はまだ大丈夫。


2017-10-11-004.jpg

以前はTシャツの端切れを使いましたが、今回はを使います。
布だと厚すぎて逆に脆くなると判断したので。


2017-10-11-004-2.jpg

切れ端を瞬間接着剤で貼っていきます。1枚で充分かもしれませんが紙の目を縦横に変えて
3枚ほど貼ります。(紙にも繊維方向があります)


2017-10-11-006.jpg

上面に来るように貼りましたが、前から見てもほとんど分かりません。


2017-10-11-005.jpg

厚みも最小限。


2017-10-11-007.jpg

直りました。
ツルの耳に掛かるところの樹脂が加水分解し始めているので余命あと1年ってところですが。
2011年から使っているので7年間使うことになるわけです。
10年は持って欲しいですね。

フレームが弱いのはサクセサーだけで、他のBBB製品は大丈夫だと思います。
サクセサーが短い期間でラインナップから消えたり、投売りしてたりしたのはフレームの弱さのせいかもしれません。
 
      
某ラボでいいかげんな整備をするショップが晒されたりして話題になりました。
特にブレーキシューの逆付けとか信じられません。頭おかしいんじゃないの!?


ところで、そろそろシューの減りを確認しようと思います。もう5年目だもんね。


2017-10-br1.jpg

シューは減ってませんな。こんなんどうやったら逆付けでき…


2017-10-br2.jpg


 ( ゚д゚)   ・・・


2017-10-br3.jpg


 ( ゚д゚ )




 (∩∀`*)



 
      
去年バルブコアが死んだチューブのバルブコアを交換しました。

バルブコアが死んだ件はこちら
・やまなみとスローパンク
http://desftr.blog54.fc2.com/blog-entry-3789.html




↑当時の画像ですが、明らかにコアの弁の不良です。


2017-10-12-vl1

外してみました。


2017-10-12-v2

弁部分が完全にダメになっとる。
エア注入時に混じる水分が結露して腐食していくようです。対策としては、バルブコアを交換する
しかありません。稀にある”コア一体型のチューブ”はこの点でのみ寿命が短いと言えるかも。

バルブコアはこういったトラブルの他にも着脱時にパッキンが切れたりしやすく、バルブコア(の予備)は
意外と使うものなので、チューブを捨てる前にコアを外して保管しておくと良いです。
 
// HOME //  NEXT
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク