表の裏が裏であるように、裏の裏は表である
      
バーテープの巻き方です。

決して難しくないんだけど人に伝えづらいのがバーテープの巻き方。
画像解説はありますが、いまだに単純化したイラストが無いんですよね。だから作っときます。

bartape.jpg

何種類か巻き方があって、上記のイラストは最もスタンダードな巻き方です。
ブラケットの背後に小さな切れ端を入れない方法ね。
個人的にはあの小さな切れ端が嫌い。
誤魔化してる感じがするし、握り心地もイマイチ。
この切れ端を使わない方法ならブラケット上下の段差もテープで緩和されるので具合がいいです。
 
      
イタリア時代のデローザというものは結構な癖があります。
ネオプリから始まってさんざんな目に遭ったけど、デローザ脳になってきたのでもう大丈夫。


2017-04-13-19-02.jpg

まずBB。塗装が載っているまま無理矢理締め付けたから外れないじゃない。
なんでそういうことするの?
イタリアンデローザのBBは塗装モリモリ。これ覚えて。


2017-04-13-19-01.jpg

びくともしないので1m延長棒を作成(笑)
これで外せたけど、なんせキツキツなので完全に外れるまで延々回さなきゃいけなかったです。
そもそもこのBBを最初にどうやって取り付けたんだ??

BBは外した後で塗料を取り除いて綺麗にしました。
要は塗料のせいなのでBBタップが無くてもどうにかなります。


2017-04-13-19-03.jpg

次はボトル穴。ボルトが折れ込んでいます。
周囲が白くなっているのは保護紙を巻いてるからです。

ボルト自体はアルミです。
なんでアルミボルト使うの?アルミはすぐに折れるからやめるべきです。
ミノウラのデュラケージに付属のボルトだと思うけど、あれは強度が高くありません。
フニャフニャなデュラケージならボルトの座りも良いですが、他のケージで使うと無理な力も掛かりやすい。
すぐにポッキリですよ。


2017-04-13-19-04.jpg

破壊して通しました。

ここはステンレスを使っても緩んだりかじったりしやすいので定期チェックしてください。
ステンレスも一般製品は強度は決して高くないので、安心を求めるならスチールかGR5(64)の
チタンをおすすめします。
汗水が常にかかるうえ、そもそも1kg近いものが終始ブラブラグラグラしてるんだから気を使った
ほうがいいです。


2017-04-13-19-05.jpg

リベットナットのサビを落としてジンクスプレーで保護。
古いデローザには鉄のリベットナットが採用されているものがあるようです。これが錆びまくる。
老舗機材メーカーらしく耐久性を重視した選択?要らないお世話ですね。
ロットごとにコロコロ変わるので、「たまたまそこにあったから付けた」という可能性も排除できませんが。
これでもまだ錆びて困るようならアルミのリベットナットに交換します。

この後にヘッドパーツなども整備しました。
BBにしろヘッドパーツにしろカンパグリスがやたら大量に入っていて、グリスの沼にパーツが沈んでいる
ような驚きの状態
でした。通常の個人工作ならこういう沼にするような組み立てはしないものだし、
あの固いBBを締めこむ道具はありません(普通ならおかしいことに気が付いてタップに持ち込む)。
どこかのショップで組んだものと思われます。

それと、固着したワイヤーアジャスターも整備しました。
アジャスターダイヤルはカンパ・コーラスのワイヤー受けからのパーツ流用でしたが、これはネジが細くて
ピッチが独特なので大事にしないとダメです。
もし壊したらワイヤー受け自体を付け直す大工事になってしまうま

イタリア時代の製品はネジ一個にも気をつけないと、そういう小さな罠が沢山隠されています。
 
 
      
そうだよ俺だよ俺 全部俺のせいだよ!俺がやったんだよ!

2017-04-12-1.jpg

200℃に温めてから余熱で10分。

タイマーかけて戻ったら帰らぬ人になっていました。


2017-04-12-12.jpg

THE溶解。

大丈夫。ちょっと致命傷だっただけだ。

BONTのつもりで温めたのが敗因です。
100℃の余熱で1分で良かったらしい。でもそれってあまりにも熱に弱すぎない?
 
      
昨日の続き。ヘッドセットのダストシール欠品ををどうするかってやつ。
タンゲ買うのもしゃくなので自作しました。

2017-04-02-001.jpg

まず手持ちのOリングの中で程よい太さのものを選択。
この太さで輪の大きさがピッタリのものなんて簡単にあるわけなく、結局二個ぶんの長さが必要だった
のでちょん切って瞬間接着剤でつなぎます。


2017-04-02-002.jpg

ゴムは瞬間接着剤で案外綺麗に強力にくっつきます。

んで、高さは程よいはずなのに、試しにこのまま装着するとステアリングが渋くて困りました。
ゴムが硬すぎるんですね。


2017-04-02-003.jpg

そこで、まずカバー側にゴム系接着剤を塗ってOリングを接着固定します。


2017-04-02-004.jpg

旋盤にかけていきます。ゴムも結構綺麗に削れるんですよ。

ちなみに旋盤が無くてもどうにかなります。要はグルグル回ってりゃいいんだから。


2017-04-02-005.jpg
2017-04-02-006.jpg

柔軟性を高めるためオイルシールリップのような形状に切削。
これで摩擦が弱まってステアリングもバッチリになりました。

ただ作りながら気付いたんですが、板ゴムから切り出して旋盤かけても良かったかも。
これが劣化したらやり直そう。(まだタンゲのカバーは買わない)
 
      
ケンクリのアヘッドセット・インテグラルを調査中。
一部のパーツの手配をするため。

2017-04-01-18-31.jpg

上下1-1/8で45x45(カンパ規格)じゃないんですね。
今のインテグラルはほとんどカンパ規格です。


2017-04-01-18-32.jpg

フレーム側は皿状ではなく四角い落とし込みで、テーパーのついた座を敷きます。


2017-04-01-18-3.jpg

そのあとでベアリングを載せる。カンパ方式しか触ったことがないのでちょっとビックリ。
アンダーレースにはダストシールがありません。カンパもアンダーにシールは無かったっけ?


2017-04-01-18-5.jpg

部品が必要なのはここ。トップカバーの裏のシール。これがない。捨てるなや。
そもそもAHEADSET自体がとうの昔に廃盤で、現在互換するのはFSAの以下3つ。

IS-2C
Orbit 1
Oribit IS



ただこれらを買うとなると結構なお値段で、トップキャップのシールが欲しいだけなのに馬鹿馬鹿しい。
そこでざっと現物で調べたところ、カンパ規格のトップキャップのシールが付けられそう。
ただシールの高さが低いのでしっかり接触してくれないかも。どうにでもなりますが。

そこで、トップカバーがバラで買えるタンゲの製品を調べてみました。
そしたらあるじゃん。

tng-c-is2234794.jpg

タンゲIS22。
AHEADSETって、まんまライセンス品ですか。でもテーパーのついた座は敷かないタイプですね。
(もしかしてテーパー座はケンクリではなくフレーム側のもの??)
トップカバーの形状が違うけど使えそう。
元のケンクリのカバーの外径は45mmで、タンゲIS22のカバーは46mm。
価格は1400円。微妙だな…
純正スタイルを崩したくないしな…

  
// HOME //  NEXT
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク