FC2ブログ
このブログを見た人は140年以内に100%死ぬ
      
スピードプレイからカチカチ音が出始めたのでメンテナンスします。

20200624-1.jpg

5~6年に一回は起こりますが、原因は大体分かってます。


20200624-2.jpg

ヒートガンで温めます。ヒートガン便利なのでおすすめ。


20200624-4.jpg

温めたらボウタイのキャッチのトルクスを緩めます。トルクスドライバーはブランド物を使いましょう。
このトルクスはかなり硬いのでしっかり温めないと簡単に舐めます。


20200624-5.jpg

外れました。ゼロは初期のものと異なりバネとの当たり面にもしっかり金具が埋まってます。
むしろ初期のやつがなぜ金具が無いのか解せませんが、スピードプレイ自体がLOOK方式を逆転させた
ようなシステムなので、実際には「ペダルがクリート」になります。
LOOK式のクリートのようにペダル側も使い捨てる感覚だったんでしょうかね。


20200624-6.jpg

この金具には右と左の区別があります。
べつに左右共通でよくね?って思うけど、ほら、アメリカ人って左右対称が好きだから


20200624-7.jpg

高強度タイプのロックタイトを使います。
パーマテックスでもいいんですが、パーマテックスは塗装を容易に溶かすので購入はおすすめしません。


20200624-8.jpg

金具のところに塗ってしまいます。
カチカチ音の原因はここだから。
なぜか分かりませんが、大抵はシャフトではなくこの金具のところで異音が出ます。どうなってるんだろう。


20200624-9.jpg

復元します。
今回このメンテナンスで1日だけ異音が消せましたが、2日目にはまた出始めました。
1日目は消せたということは金具が原因で間違いないのですが、7万kmは使ってる個体なのでいくら
メンテナンスしようが限界なのかもしれません。
念のためシャフトのグリスアップをして、ダメなら捨てる覚悟で金具部分を接着してしまおう。


20200624-10.jpg

おまけ。KG555のシフトがうまく調整しきれずにおかしいと思ったら。


20200624-11.jpg

10速コンポなのにスプロケだけ11速でしたというオチ。
これで400kmは走ったんですけど。末恐ろしい。意外と間違っちゃうもんですね。
全部11速にしてしまえばいいんですが、まだ手持ちの10速チェーンが使えるので変えない。

とっくに12速も出てるって?いらないです。ホント。11速の12-27T付けとけば十分以上でしょ。
チェーンリングを含めた全機材更新になるのできついっすよ。9→10→11速のときとは全く異なります。
これに加えてフレーム買い替えになるディスクブレーキを流行らせようとしてるんだからアホかなって。

関連記事
      
久々の更新。いつかわからんけどLOOK KG555で。

20200517-1.jpg

KG555は頑強な古典カーボン、一般シートポスト、外装ワイヤー、アルミリム、枯れた10速という鉄板構成の
全天候型機の位置づけであり、特に風が強い日のお供です。
最近はエアロとか専用パーツとかで格好重視なものが多いですが、まずは壊れず安定していることが重要ね。


20200517-2.jpg


脚の血栓は消えました。なんだったんだろ。
新型コロナで血栓が出来やすいという話がありますが、当時のCTでも今のCTでも「隠れ肺炎」は無かったので
コロナではないです。そもそも感染経路から相当離れてそうな人間ですし(志村けんはめっちゃ近所だけど)

血栓は消えたとはいえ、非凝固薬は服用し続ける必要があるそうです。
日本ではジェネリックが非承認で高いんだわ。
入院のときの費用もたった4日で保険適用でも8万もかかってしまったので怖い病気。

なお非凝固薬を服用していると疲労が抜けにくいように感じます。嫌だな。


20200517-3.jpg

タイヤが死にかけてたのでキシエリにつけてたPRO4SCに交換。
随分前の世代のタイヤでミシュランの主力製品ではありましたが、今更ながら転がりが悪い。
このタイヤにすると若葉台TTでタイムが出ません。
結局のところ乗り味が売りであってストラーダよりちょっといいくらいの転がりだよねと。


20200517-4.jpg

シューがない。けどまだインジケーターまで残ってるので続投。
使い切ることに美しさを感じています。
バイクとかだと「パッドを使い切る前、理想は半分磨耗したところで交換」なんてまことしやかに言われますが、
だったらウェアインジケーターなんていらねーじゃんって思いません?
私はそう思いますよ。作り手を全否定してるように思う。
インジケーターまで使っても大丈夫だからインジケーターというものを設定するんでしょとw


20200517-5.jpg

シューズが加水分解してて困る。急に来るんですよねこれ。
BONTは年式にもよりますけど、一気にベロンと剥がれるものもあります。


20200517-6.jpg

片方をラッカーでちょっと塗って様子見。はがれたところがベタベタするのでなんか塗るしかない。
T-ONEはお気に入りなのでまだまだ使いたい。

関連記事
      
メンテナンスカテゴリ。
ほぼ毎日普通に走ってます。血栓の問題は今のところなしですが、脚の血栓はすぐ解消される
わけじゃないのでベストな調子ではないです。


IMG_20200318_1.jpg

この日もCAYOで。
若葉台TTは相変わらず8:10程度。心拍数を概ね172までに制限しているので7分台はちょっと厳しい。
たまに速い人がいて、心拍縛りさえ解き放てばすぐに超せるのになあというときもあります。
でもマジで死ぬかもしれないのでそんな勇気は出ません。
VO2MAX領域をあまり多く使ってないので心肺ストレス耐性も下がってきてる感あります。


IMG_20200318_2.jpg

ふつーに夏着で。暖かかったり真冬みたいになったり。
そういう気候のときに脚の血栓が肺に行ったので気をつけよう。


IMG_20200318_4.jpg

磨り減ったシューをやっと交換しました。
すでにボロボロと磨耗してきていますが、リムがまだ新しいのでしばらくは磨耗速度が速いです。


IMG_20200318_7.jpg

左右差が大きい問題については左右バランスの調整ネジを大きく動かして、


IMG_20200318_5.jpg
IMG_20200318_6.jpg

右と左のシューの上下位置をわざと大きく変えました。テコ比を変えたわけです。
減りが少ない方の右側はテコ比が大きくなる方向で、左側は逆で。
イレギュラーな調整方法ですが、これで右側もよく削れるようになりました。
少し削れ過ぎてるように見えるのでもう少し戻す方向で調整します。

ここの調整ネジってイマイチ分かりませんね。シマノの説明書にも明確に記載されていません。
基本的に弄らないのが鉄則ですが。
いつか分解して原理を見てみるか。

いつかとは言ったが何時とは言っていない…
 
関連記事
      
大体毎日走ってます。
ここのところはCAYO。調整しながら。

IMG_20200301_154627_BURST00.jpg

若葉台TTは安定して8:10~8:40くらい。
心拍を167を最大として、瞬間最大でも173までに抑えているのでこんなもんでしょう。
面白いのは、TTの平均ワットが同じタイムでも通常250Wくらいなことに対して心拍を抑えていると
230Wくらいなんですね。
そもそも体重で考えたら250Wっていうのもタイムにしてはやや低めなのに、さらに高効率になってる?
いずれにせよ人間が苦しいのは変わらないんですけど…w

抑えながら走るってのも結構難儀で、前に人がいるとそらもう大変なんです(残念だが大抵居る)。
遠くにいたのにどんどん近くなってきて抜かなきゃいけなくなる。そうすると逃げなきゃいけなくなる。
心拍縛りがあるので無理はしたくないけど、抑える都合もあるので一定の距離を置いて逃げの
体勢から脱却しないといけません。協調できるといいけどそうもいかんのです。
あまりに面倒くさそうなときは一旦横道に入って時間を置くこともあります。


IMG_20200301_154605.jpg

ネオンイエローVaypor。お気に入りです。
マイヨカラーなので履くのに勇気いります。
敬意ね。
  
関連記事
      
前に大変なことになっていたアンダーブラケットですが、やはりどうやってもガタが出るので結局交換しました。

IMG_20200214_111311.jpg

新しいアンダーブラケットです。中古品を剥離して燐酸で綺麗にしてあります。


IMG_20200214_111315.jpg

穴に剥離剤が残ってるから綺麗にしようと思ったら…なんかおかしいぞ?


IMG_20200214_112444.jpg

折れたボルトの残骸でした。ってかこれヤフオク業者が一台からバラしたパーツだから業者の仕業じゃん。
これがあるからヤフオク大好き。


IMG_20200214_124350.jpg

ついでにハンドルロック用のステーを溶接。


IMG_20200214_124403.jpg

かなり適当。


IMG_20200215_135333.jpg

んでプライマー塗ってPG80の黒を8分艶にして塗装。ピッカピカ。
奥に見えるのは捨てるダメダメなステム。

IMG_20200215_133908.jpg

ダメなほうのアンダーブラケット。
見た目はそんなに汚くないんですけどね。


IMG_20200215_133954.jpg

言わなくても分かると思いますが、右がダメな方のアンダーブラケットステムです。
あまりに変わり果てた姿に元が同じものだと思えないでしょ。
これでガタが出ない方がおかしいわけです。



IMG_20200215_144902.jpg

ハンドルロック用の部材をフレームに溶接。かなり雑ですが気にしない。
この部材は溶接用ボスを加工して作ってます。ツーパーセンターとかいうところのやつより肉厚で
穴の公差も大きめに取ってあるので実用性は段違いに上のはずです。
穴径はある程度大きくしておかないと素早くロックが掛けられんのです。


IMG_20200215_144902stem1.jpg

今回アンダーブラケットステムが大変なことになっていた原因は不明ですが、推測してみました。
まず普通の状態と今回の状態を比較します。


IMG_20200215_144902stem2.jpg

こういうことじゃないでしょうか。
もしかしたら直接的には転倒などでベアリングレースが外れたのかもしれませんが、いずれにせよ
作業ミスが原因で壊れてしまったとしか考えられません。

色々な中古車を見てきましたが今回のSRはとびきりです。大事なボルトが無いトンデモSRも見ましたが
さすがにここまで酷いものではなかったな。普通の人がこんなの掴まされたら即廃車です。
嫁曰く「野良猫と同じで、最後には来るべき人のところにくるんじゃない?」とのこと。
それは嫌です。

 
関連記事
// HOME //  NEXT

カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク