前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
かなり以前からBBB BSG-28 サクセサーを愛用しています。
このサクセサーというサングラスはフレームが弱くてバッキバキに割れる持病がありますですが、
前に修理したところが割れたのでツルセコ再修理。


2017-10-11-001.jpg

前に修理したネタはこれですね。
ツルの修理
http://desftr.blog54.fc2.com/blog-entry-2915.html
サクセサーが限界です 
http://desftr.blog54.fc2.com/blog-entry-3319.html



2017-10-11-002.jpg

再度割れたのは2012年に修理したところです。あーもう5年前か。


2017-10-11-003.jpg

左側の2014年に修理した部分はまだ大丈夫。


2017-10-11-004.jpg

以前はTシャツの端切れを使いましたが、今回はを使います。
布だと厚すぎて逆に脆くなると判断したので。


2017-10-11-004-2.jpg

切れ端を瞬間接着剤で貼っていきます。1枚で充分かもしれませんが紙の目を縦横に変えて
3枚ほど貼ります。(紙にも繊維方向があります)


2017-10-11-006.jpg

上面に来るように貼りましたが、前から見てもほとんど分かりません。


2017-10-11-005.jpg

厚みも最小限。


2017-10-11-007.jpg

直りました。
ツルの耳に掛かるところの樹脂が加水分解し始めているので余命あと1年ってところですが。
2011年から使っているので7年間使うことになるわけです。
10年は持って欲しいですね。

フレームが弱いのはサクセサーだけで、他のBBB製品は大丈夫だと思います。
サクセサーが短い期間でラインナップから消えたり、投売りしてたりしたのはフレームの弱さのせいかもしれません。
 
関連記事
      
某ラボでいいかげんな整備をするショップが晒されたりして話題になりました。
特にブレーキシューの逆付けとか信じられません。頭おかしいんじゃないの!?


ところで、そろそろシューの減りを確認しようと思います。もう5年目だもんね。


2017-10-br1.jpg

シューは減ってませんな。こんなんどうやったら逆付けでき…


2017-10-br2.jpg


 ( ゚д゚)   ・・・


2017-10-br3.jpg


 ( ゚д゚ )




 (∩∀`*)



 
関連記事
      
極楽寺の翌日にもみの木森林公園へ。雨予報でしたが午後に止んだので。
極楽寺自体は快走でしたが、翌日になると脚がちょっと辛い感じ。もう爺です。

2017-10-14-1.jpg

国道488号をひたすら登る登る。
思ったよりもウェットじゃない。イイネ!


2017-10-14-2.jpg

このあたりはホント綺麗。
ここ最近になって四輪がよく通るのかわかりませんが、落ち葉や砂利が減ってとても走りやすくなりました。


2017-10-14-3.jpg

最後が結構きついです。13~15%が700mくらい続きます。素直に39x28T使いました。
昔は23Tで登ってたんですよね。ちょっと信じられないです。


2017-10-14-4.jpg

ついた。念のためタイム計測したら22:40でした。


2017-10-14-5.jpg

いつもの794メートル。


2017-10-14-6.jpg

ウェットでのタイヤグリップを考えて、リアに4000Sを履かせているCAYOにしました。
CAYOが万能すぎてIDOLの出番がない。


2017-10-14-7.jpg

万一の雨を考慮してレインシューズカバーを装着しておきました。
帰路の下りで寒くて死にそうになったので付けておいて良かった。

このあと来た道を戻って帰りました。来た道を戻るっていうのは初めてです。
普段は佐伯まで大回りするのですが、稼げる距離に比して色々と修羅なのでやめました。
合計100kmピッタリでした。


おまけ。


2017-10-14-8.jpg


一瞬頭が混乱するわ

 
関連記事
      
EMSの筋肉痛もほぼ消えて調子は良好。
この日は降りそうで降らなかったので、宮島口+極楽寺+七曲峠+魚切ダウンヒル、のコースで。

宮島まで走ってから引き返し、極楽寺方向に向けて走ってたら…

2017-10-13-1.jpg

頂上付近が雲に包まれている。。

とはいえウェットでも滑ることはない道なので続行。
前回の灰ヶ峰や、もみの木まで行く道はウェットでは気合が必要ですが、極楽寺は何の心配もいりません。

2017-10-13-2.jpg

極楽寺登った。
フロント39Tで、リアは25Tを死守しました。
いつも思いますが、前半のループまでの登坂と激坂区間さえクリアすればあとは淡々と登るだけですね。
TTがどこから始まるのかは皆目分かりませんが、集会所?スタートのTTなら19:30程度、ループ下から
トップまでなら17:25です。のんびり登ったわりには悪くないタイムかなあ。


2017-10-13-3.jpg

眺めもまあまあ。
結局路面はほぼドライでした。


2017-10-13-4.jpg

雲ではなく霧だったようです。


2017-10-13-5.jpg

白V。
最近ちょっと寒くなってきました。ウォーマーを追加する日も近い。

このあとは予定通り極楽寺頂上から下りて七曲峠まで登って、魚切を下って帰りました。
特にこれといったことは無かったかな。
関連記事
      
筋肉痛がまだ酷いけど灰ヶ峰へ。

171012haigamine00.jpg



まずは熊野へ上がる必要があるのですが、串掛林道を通るとヒットポイントがゼロになるので矢野峠を
久しぶりに通ります。矢野峠も結構きついんですが、串掛よりはマシ。

灰ヶ峰は普段はメジャーなルート(旧日本軍の弾薬搬送ルート)で登るんですが、この日は別のルートで。





これがメジャールート。これを第一ルートとします。
5.6kmで獲得標高400m、登り区間だけで見ると平均斜度8%。
このルートは前半にかけてきつい登坂が続きます。軌道を覆ったコンクリのせいで道も悪い。
しかも入り口到達までが難ありで、熊野側から入ろうと思ったら少しきつい峠を越える必要があります。




こっちが第二ルート。北西の麓から入ります。
7.4kmで獲得標高438m、登り区間だけで見ると平均斜度7.4%。
このルートは未踏ですが下りが多くてかなりラクなルートだと思います。




今回走ったのはこの第三ルート
5.3kmで獲得標高383m、登り区間だけで見ると平均斜度7.1%。
灰ヶ峰公園に行くルートです。

=========================================

171012haigamine01.jpg

さあスタートです。
熊野から少しづつ標高を上げて入り口に行くのですが、ちゃんと案内標識があります。
グーグルマップの画像なのはご容赦ください。
入り口が分からず迷ってしまって、ちょっとズレたところから入ったので撮影していないだけです。


171012haigamine02-1.jpg

道幅が広いのは最初だけで、すぐにこんな細い道になっちゃいます。グーグル車もここまで来て諦めたようです。


171012haigamine02.jpg

そのあとはかなり鬱蒼とした道を走っていきます。
この画像は奥が明るいですが、丁度灰ヶ峰公園に出るところです。
灰ヶ峰公園のところだけ開けていて二車線になります。それも束の間のことで、すぐに鬱蒼とした道になります。
画像は路面状態がまだまだマシで、公園から先は轍がかろうじてあるくらいの道の荒れよう。やばいです。

思いのほか斜度の緩い区間が多くて緩急がかなりあります。道がほぼ全区間びしょ濡れで、斜度が急なところは
落ち葉と水でタイヤが滑りまくるので神経を使います。


171012haigamine02-2.jpg

のんびり登ってたら見覚えのある比較的綺麗な道(第一ルート)に出たので一安心。
第一ルートの中でも斜度がきつめの最終区間に入るのですが、後輪が滑ることは無いのでラクに感じます。


171012haigamine03.jpg

着きました。


171012haigamine04.jpg


なんと展望台が工事で閉鎖されている。。ガーン

これが楽しみで登っとるんじゃ、このハゲーーーー


171012haigamine05.jpg

まあ手前の部分でも充分な展望があるのでいいけど。


171012haigamine06.jpg

筋肉痛のわりには難なく登れました。矢野峠が一番辛かった。
このあと焼山を下ってR31の平地TTをして帰宅。TTはグロスでAve35.2km/hでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さておき、灰ヶ峰のそれぞれのルートですが、今回の第三ルートは結構おすすめです。
第一ルートよりも圧倒的にユルかったです。なんせ細くてマイナーなのでほとんど車が来ないし、鬱蒼ながらも
陰湿さはあまり感じられませんでした。
メジャーな第一ルートに飽きた人や、ラクに登頂したい日なんかにいかがでしょうか。
 
関連記事

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

// HOME //  NEXT
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク