fc2ブログ
このブログを見た人は140年以内に100%死ぬ
      
そういえばIDOLに付けてるポテンツァが手持ちコンポーネントの中で最新なんですが。

IMG_20231022_075727.jpg

すでに8年前の代物だということに気が付きました。
それでも一番変速が軽くスムーズでストレスフリーです。


campagnolo_athena_set.png

(↑画像は2009アテナ。ウルトラシフト世代です)
基本的にはウルトラシフトの2009~2013モデル11速とエスケープシステムの2008モデル10速を
愛用していますが、特に2009のものは微妙なシフトズレが多くてイマイチ。レバー硬いし。
ズレの原因は…ワイヤーやエルゴ側ではなくRDの引き構造が関係してそうです。
でも「お寿司RD」はセットじゃないとダメだし、それ以前のRDも使えるけど引き構造は同じ。うーん。
2015から構造とレバー比が全く異なる新型RDに刷新したのには理由があるんでしょうねえ。


IMG_20231022_075738.jpg

ポテンツァ唯一の不満はこのベロ舌タイプのサムレバー(シフトアップレバー)。
下ハンとスプリント時はいいんですが、ブラケットで登ってるときなんかに下側に中指が挟まります。
挟まることで固定されてある意味で気持ちはいいんですが、レバーが壊れないかなって気になる。
指が太い人は気にならないのかな?
いうて使う分には大したことではないし、走ってるときは大半が下ハンだし、ブラケット時に下に指が
入ることで誤操作も防げたりするんですけどね。レバーの押し込みが軽いから誤操作しがちです。

ポテンツァ誕生から現在に至るまで、単段のコンポとEPSがこのベロ舌タイプのサムレバーで、上位の
多段の機械式は2009のままのサムレバー。カンパも本当はベロ舌タイプに統一したいけど、多段は
レバーがかなり下まで下がるので仕方なしなのか。

そんだけ。
新しいコンポにしたいという欲は全くありません。
 
関連記事
      
ごさそう山ライド。
林道を進んでいたら展望台のところで土砂崩れがあり、珪砂の山の中を進む羽目に。
乗って進んでたら普通にコケました。砂の山だからノーダメージだけど。

IMG_20231018_140237.jpg

そのあとは土砂崩れもなく、いつもの荒れた林道です。ああ最高。


IMG_20231018_142539.jpg

きついのはきついけど最高の環境の中で登頂。ありがとう今年も登らせてくれて。


IMG_20231018_142546.jpg

リムに砂が付いたのでボトルの水とティッシュで拭き上げてダウンヒルです。
私はウォーターボトルにはスポーツドリンクの類は入れません。
手を洗う、ケガしたときに洗う、リムを洗う、鳥などの糞害を洗う、など水じゃなければ出来ないことが沢山あるで。
 
関連記事
      
恒例の「もみのき森林公園」へ。

IMG_20231017_133335.jpg

未改良区間の登り口まで行くのがダルいのよ。
20km以上の長さを地味~に登り続けるんで。


IMG_20231017_142912.jpg

やっと登り口。


IMG_20231017_142908.jpg

普段はそのままノンストップで突入するけど今日は立ち止まってみた。
すでにインナーに入ってるのは微~妙に登ってきた証拠。


IMG_20231017_142914.jpg

この日は130kmほど走るので安全を見て白Vayporで。
他のVayporだと途中で痛くなることがあります。どうにかせんとなあ。


IMG_20231017_143424.jpg

相変わらず最高の道。きっついけど。


IMG_20231017_145626.jpg

わりとアッサリ着きました。


IMG_20231017_145633.jpg

794m。灰ヶ峰より高いんですよね。


IMG_20231017_145645.jpg

結局リア23Tまでしか使いませんでした。フロント36Tだから39-25相当です。
昔はフロント39Txリア23Tで登ってたんですが、どんだけ健脚よ…

このあとは裏に下って羅漢を回って大回りで帰りました。
来た道を戻ってもいいしたまにやることはあるんですが、何せ悪路なのでダウンヒルが疲れるんです。
 
関連記事
      
友人と朝から蒲刈島に行ってきました。

IMG_202310150.jpg

いい天気。
マイナーなはずなんですが、外国人サイクリストが非常に多くてびっくり。
すれ違いさまに挨拶を交わすわけです。

「ハロー」「ハロー」「ハロー」「ニーハオ」「ハロー」

おおっ、さすが実質世界第一言語やな。勉強しないと。


IMG_2023101501.jpg

今回はこういうルートで行きます。上蒲刈→豊島→下島→岡村。
ぐるぐる回るけど一つ一つの島は大きくはないので総距離は70kmもないです。
下島の中央部を走破するのは私だけで、友人は登りたくないとのことでここで分かれて
下回りで。


IMG_202310151.jpg

しかし本当にいい天気。ただ難を言えば強風になりつつある。


IMG_202310152.jpg

岐路に来たので島の中央部を登り始めます。
ここまで40kmもないはずですが、強風がきつくて途方もなく長い距離に感じました。

登坂がきついかと思いきやそれほどでもなく、斜度8~10%が続くのが最初の400mくらいまでで、
あとは5%とかそんな感じ。


IMG_2023101502.jpg

拍子抜けだったのでもっと登ってみたくなって寄り道。
本来右に行くのを左の横道に入ってみました。


IMG_202310154.jpg

斜度12%以上が延々続く感じで大分きついです。
向かいの山腹に見える農道も面白そうですが、あれは高いところになさそう。


IMG_202310155.jpg

地図で見るよりさらに上があり、トップオブ蒲刈を目指してさらに斜度がきつい道を走っていると
完全に行き止まりになってしまいました。残念ながら眺望はなし。


IMG_2023101503.jpg

赤線+赤の点線を登って行ったわけです。
向かいに見えた農道は海抜100m程度でやはり低め。こっちは200m近くまでは登りました。
頂上に行けたらいいのになあ。


IMG_202310156.jpg

そのまま戻ってトンネルをくぐって「うどんの原」で友人と合流。
こっちの方が圧倒的に速いので、あれだけ寄り道しても殆ど同じ時間に着きました。
強風がきつかった。

蒲刈は店も非常に少なく、あっても観光地域のみだったり営業が限定的だったり。
その観光地域もここ数年でかなり観光地価格になっているので飯に困ります。
普通飯を求めたら「うどんの原」くらいしか無いんじゃないでしょうかね…

観光地域である御手洗にアナゴ飯で有名な店があるんですが、前に行ったときはアナゴ飯が1000円
くらいだったはずが、メニューをチラッと見た友人いわく2500円ですって。
なんか高いよね?高いよね?高くなったよね?って話しながら走ってました。

 
関連記事
      
気を取り直して錦帯橋へ。

IMG_20231014_153304.jpg

往復で大体100kmくらいです。所要時間は4時間ちょっと。
基本平地なので風が強くなければ全体的にはそれほど疲れるものではありません。
大竹市と岩国市に跨るあたりの路面状態が悪くてしんどいのと、宮島口を過ぎてからはひたすら淡々と
走る感じになるので結構飽きます。


IMG_20231014_153315.jpg

錦帯橋は有名なわりに観光客も少なめで落ち着いた観光スポットですね。
いつ来ても変わらない安心感があります。


IMG_20231014_153326.jpg

自転車を下ろして何してるんだろ。バエってやつ?

この日はたぶん極楽寺に寄るとかの奇行はせずに大人しく帰りました。
帰ったと思う。なんか記憶がない。
 
関連記事
// HOME //  NEXT

カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

Twitter
ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク