FC2ブログ
このブログを見た人は140年以内に100%死ぬ
      
まぁ色々行ってるんですがいくつかまとめて。

とりあえず宮島口。

191015-1.jpg

往復で40kmピッタリだからわかりやすい。今年の10月はちょっと風が強いので疲れます。
都合3回宮島口往復していますが、平地中心なのにやたらへとへと。


191015-2.jpg

もう年かな。


191015-3.jpg

空はすごく綺麗で澄み渡っています。
眺めがよい。とにかくスケールが大きいので、東京でこじんまりしがちな空間感覚をリフレッシュできます。
広島からの帰りには大回りして日本アルプス見ようかな。


191015-4.jpg

今回も去年と同じでIDOLを持ち込んでいます。
タイヤから何までなーんにも変わってない。各部の磨耗が進んでいるくらい。
このバイクは硬すぎず柔すぎずで非常にバランスが良いと思いますが、バックの押し出す感じや
疲労したときのラクさで言えばやっぱりTIMEがええね。

しかし絶滅危惧種のインテグラルシートポストで、大きく「DEROSA」って入ってるのも珍しいのか?
道行く人はもちろん、オートバイ乗りの人にから特にめっちゃ凝視されます。
真横から見るとふーんって感じですが、後ろ方向から見るとどえらく綺麗だから見ちゃうよね。

11年も前の自転車だけどね。


191015-5.jpg

明くる日はマリーナホップとかいう未踏の地へ。目的はナップス広島店。
右に見えますのは旧広島空港。


191015-6.jpg

800mくらいの直線なんですが、ここでAF18でトップガンしたりNS50Fでヨーイドンして遊んでました。
まさかママチャリで走る日が来るとは。


191015-7.jpg

なんやここ… ぎょーさんおる…


191015-8.jpg

ナップスの前はバイクの品評会。
いやすごいのなんのって。みんなハンドルロック掛けてないでしょ。タイヤ真っ直ぐにして格好付けて
自慢大会やってるんすよ。うひゃーってなります。
どーせ”いくら掛けたか”とか”最新型のスペックがうんたら”とか”アマリングがー”でしょ。
こんなとこにワイの作った謎バイクを持ち込んだら変質者扱いで冷ややかな目をされる。


191015-9.jpg

すいませんがちょっと停めますよ。なんなら品評したって構わんぞ?ハンドルロックもしていない(ない)


191015-10.jpg

買うものが無かったので引き返してストレートに行きました。
東京では一番近場でも所沢。非常に遠いので、広島に帰ったときに必要なものを買ってます。

なんだかんだでママチャリで20kmくらい走っちゃった。

今回の話は以上。
 
関連記事
      
恒例の広島行き。

191006-1.jpg

太平洋ってやばいよね。なんにもないんだよ。怖すぎだろうwwww
瀬戸内海しか知らないカッペにとってはいつ見てもほんとに怖い。


191006-2.jpg

着いたので1日休んでから慣らしがてら台風の中を宮島まで…

のつもりが、道を逸れて極楽寺山へ。理由はなんとなくだ。

海抜ゼロから一気に693m。しんどい。

もはや病気。


191006-3.jpg

下界は雨は降っていませんが、頂上付近だけボタボタ雨が降ってます。
これはお隣の七曲峠に行って湯来方向に下ったら大雨になるパターンなので、素直に登った道を
厳島方向に下ります。


191006-4.jpg

黒Vaypor。
スポーツフルのTOURビブは最近になって加水分解が始まりました。
10年前の年式だし気に入ってるので相当酷使してるもんなあw
愛用したウェアがバタバタと死んでいくのは悲しいですね。生きろ。縫ってやる。
 
関連記事
      
いとをかし。
相変わらずCAYOで。小山田1周ほど。

190929-1.jpg

ボトルが小さくなると涼しくなったなぁと感じます。
小山田はタイム的には平凡で、26分台ギリギリくらい。着実に劣化してます。
昔は24分台でしたけど、あれはまだ交通量が少ない頃だったからあんまり参考にならんよーな。
でも今は小山田を回る速い人ってのもほぼ居なくて、わしのレベルでもガンガン抜き晒しまくり。
基本的には誰も居ないので孤独にグルグル回ってますけどね。

劣化して遅くなったというよりは、タイムを稼ぐところで手抜きしてるだけでパワーを使う重要な区間では
変わってないかむしろ強くなってるのかも。

いやそれって疲れて休憩してるだけのジジイやんけ…


190929-2.jpg

黒Vaypor。
最初に購入した白と、この黒が大体定番。
恐ろしいほど丈夫で人間の方がダメになるくらい。耐久番長のSIDIよりも圧倒的に丈夫です。
S-WORKSなんて2年で伸びてダメになってましたが、その感覚で予備とか買ってるとアカンです。
BONTに予備の出番なんてない。

かの龍太郎選手は恐ろしいほどのパワーと練習量なのに、ずっとVaypor-Tを1足のみ使い続けてるからw
6年は使ってるんちゃう? まぁVaypor-Tは代用品なんて考えられないほど最高の靴だもんなあ。


190929-3.jpg

汚い。有機物感ある。触りたくないから触らぬ。
夏は路上に有機物多いっすよね。虫とか。


190929-4.jpg

自作サックガードプレート。いい仕事してます。

純正のサックガードのプレートはステイの上までカバーできないので、プレートの端にチェーンが
引っかかってチェーンが取れなくなってしまい、余計に大惨事になります。
この自作プレートのように上までカバーすることでチェーンが引っかかりにくくなり、サックが自然に
解決したり、そうじゃなくても復帰が飛躍的にラクになります。


自転車界なんて「うるせぇなあ。とりあえず付けときゃいいんだろ」的なものが多いので、ユーザー側で
どんどん改善していく楽しみはあります。

ただ問題なのは、

・頭がいい人が考えてて触ってはダメなところ
・頭がめっちゃ悪い人が考えてて触った方がいいところ
・頭が良すぎてアホになってるところ
・アホすぎるだけなのにこいつ頭いいんじゃねって思ってしまうところ


の4つ巴なので判断に苦しみます。


Br_threadedheadset.pngBr_aheadset.png
(左画像がスレッド、右画像がアヘッド)

一例として、アヘッドシステム。頭いいのか悪いのかよくわからんでしょ。
普通の機械設計ならスレッドの軸受け構造が適切で、アヘッドはちょっと芳しくない構造です。
でもフタを開けてみたら自転車の荷重は低いし、整備性も良いので実際には全く問題になって
いません。システム全体を軽くできて生産性も上がって言うことなしです。

アヘッドはケーンクリークが最初に製品化したものです。
長い自転車の歴史の中でオーバークオリティな部分が洗練されてきたから当然の流れなんで
しょうけど、大雑把なアメリカ人だからこそ成しえたものなのかなって思います。
誰もが薄っすらと「簡略化できそうだな、でも怖いな」って思ってたところを、ケーンクリークがアッ
サリやっちまった感じ。日本人だったらこんなとんでもない簡略化は中々しないでしょうね。

アヘッドは簡単なので何も考えずに手出しする人が多いですが、長い歴史の中で発生して
多数の人の手によって洗練されてきた集大成であり完成形のひとつなので、ちゃんと理解して
触らないとダメっすね。
それなりに機械弄りできるワシですら異文化って感じの設計に最初は戸惑ったわい。
そもそもなんでこんな簡略化するんだク●が!って最初から食って掛かったもんw
よく見てみたらちゃんと考えられてて関心しきり。
 
関連記事
      
日記にしないけど普通に走ってます。
寄る年波が結構あって一回の距離が少し減ったけど。もうちょい頑張れんのかなこの身体。


191801.jpg

若葉台TTは7:46。
最近は8:30くらいでしたがちょっと気持ちが入れば7分台は出ます。


191802.jpg

黒Vaypor。最近BONTも見なくなってきましたが、個人的にはこれしか合うものがないし絶大な信頼を
置いているので流行り廃りなんて無視して使いますよ。


191803.jpg

画像ではあまり写っていませんがまぁ汚いことこのうえない。
定期的に掃除してるんですけどね。

このCAYO EVOが所有する中で最も最新なバイクなんですが、すでに6年落ちという現実。
でも新しい自転車には全く興味がないです。インフレひどいしスタイルも画一的でつまんないじゃん。
電動コンポとか微塵も欲しいと思わなくなりましたし、12速だってたったギア1枚のための導入コストを
考えたら全く必要ない。
機材に大枚はたいても速くなるわけでもラクになるわけでもなし。

三周遅れくらいになると吹っ切れてきて、むしろ旧いものを好むようになります。
旧いも新しいも同じだったらカッコいいと思える不朽の名作に乗りたいじゃん?

 
関連記事
      
細かい整備の話。
経年のものも多いし仕方ない。


190914-1.jpg

ガソリンタンクのキャップからガソリンが漏れて困る件。
内圧に関してはごらんのように雑にエア抜きの穴を開けたからOKなんですが、満タンにするとしばらくの間
滲んできます。痕もガッツリ付いちゃってるね。


190914-2.jpg

パッキンがご臨終です。


190914-3.jpg

CRゴム買ってきて作っても良いけど、ホンダ純正も安いから素直に買ってきました。


190914-4.jpg

純正品は側面にパーティングラインがある。昔は無かったはずなので、現在のものは打ち抜きではなく
金型を使った成型品なんですね。厚みもコンマ0.3くらい厚いです。


190914-5.jpg

つけました。問題なし。
通常なら20年以上持つはずですが、なんであんなに劣化してたんだろう。
相当古いジャンク品のキャップを持ってきたか、社外品?


190914-6.jpg

今日の本丸。プラグコード系。


190914-9.jpg

きちゃないので話題の激泡ガラスクリーナーで洗ってみたけどほとんど落ちませんでした。
シリコンの汚れには効かないのね。そもそもそんなに強力じゃないけど。


190914-7.jpg

ビニールテープの時点で程度が知れる。


190914-8.jpg

柔軟な半透明の何かで埋めてあります。なんだろう。ホットボンドではない感じ。スーパーXかな?


190914-10.jpg

外皮を切り取ってねじ込んであります。
スプリットファイアのコードは少し太いから一般的なコイルには付かないんですよね。

購入時には差分を埋めるジョイントが付属していますが、このジョイントが大きくて邪魔なのでみんな
使いません。あと、中にノイズ防止の抵抗が入ってなかっけか。忘れちゃったわ。


190914-11.jpg

旋盤で綺麗に削って


190914-12.jpg

ねじ込みました。削る長さはもう少しあったほうが良かったかも。


190914-13.jpg

エフコテープ(自己融着テープ)でリーク防止。
ここはハーネステープやビニテでは力不足で、ある程度厚みがないとダメだと思います。
水が入る入らないではなくリーク、つまり漏電するからです。電圧が高いので結構容易に漏れます。
適当に処理したものは走行中に手で軽く触っただけでビリッと感電しますよ。ソースは俺



190914-14.jpg

スプリットファイア製品は1997年に本国で誇大広告を追及されて廃業に追い込まれたようです。
プラグの愛用者が非常に多かったので、当時少し騒ぎになったような記憶があります。
https://www.ftc.gov/news-events/press-releases/1997/02/splitfire-settles-ftc-charges-economy-efficiency-claims-are

ノーマルV字プラグは間違いなく良かったのですが、プラチナを出したあたりで暗雲が立ち込める。
プラチナバージョンはノーマル比で特に向上しないって日本の雑誌などでも書かれてたのを記憶しています。
この頃からプラグの当たり外れも増えたし。
※倒産後にシガーソケットに挿してパワーアップするとかいうオカルト製品が出ましたが、これは米国
本社とは関係ない日本製です。商標権が浮いたからって勝手に使ったん?w


スプリットファイアが消えてしまったので、プラグは国内ではほぼNGKとデンソーしかないし、プラグコードに
至ってはテイラーとノロジー以外はダサいやつしかないという悲劇。スプリットファイアのコードはファッション
性も高かったから売れに売れたんですよね。結局はカッコいいが正義、カッコいいが全てだ。

 
関連記事
// HOME //  NEXT

カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

Twitter
ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク