前あや飛びは一回も出来ないくせに後ろハヤブサは学校一でした
      
なんてったって~ とか書いたらダメなんでしょ?でもそれって憲法違反じゃない?

2017-06-23-01.jpg

IDOLに乗る日はウキウキ。
イタリア時代のデローザって変な魅力があります。
可憐なんだけど芯はゾンビ。

ペダルを直したけどまだ異音が出ます。
最強強度の固定用ロックタイトでボウタイ金具を固定してもダメ。
まだ2000kmも使ってないけどペダルごと交換するしかないかなあ。


2017-06-23-03.jpg

ピンボケした。
タイヤをそろそろ換えたいや  なーんつって


2017-06-23-02.jpg

やっと成型し直しました。このシューズでは初の全熱成型。普段はドライヤーでしかやらないので。
今までずーっと問題なかったのに突如問題が出るのが人間の身体の不思議なところ。
そんなときにBONTなら余裕で対応できます。

 
関連記事
      
忙しくてIDOLのペダル直せないからずーっとKG555。
直すのは後回しにしてペダルを入れ替えればいいんですけどね。
いつも同じ、こんな古い自転車見ててもつまんないですよね。すいませんね。


2017-06-22-01.jpg

朝4時半に起きちゃったので小山田3周ほど。
この日は25:45/26:50/26:42だったので、ここ最近にしてはさほど悪くないコンディションでした。
骨折前なら調子最悪でも25分台だったんですが、今は25分台ですら好調といえる…仕方ない。

昨日「一周くらいに留めるのが身体がラクでいいかも」なんて言っておきながら3周しました。
常に明日はどうなるか分からないから走れるうちに走っとけっていう感覚のようです。
実際に突然缶詰になってしまったり、微妙な待ちで動けなくなったりするので。


2017-06-22-02.jpg

仮想バランスは右51%、左49%。大体合ってそうな感じ。
右脚をセーブしながら回す癖がついているので、最近は右を意識して使っています。
リカバリーLapとはいえケイデンス低いなー。


2017-06-22-03.jpg

黒Vaypor。白Vaypor1号はやっと成型が終わったので翌日へ。
カステリのビブが劣化でダメになったので同社のツアーモデルのビブ。


2017-06-22-04.jpg

何の抵抗も無くゾンダ使い続けてます。「卒ない」とはまさにこの車輪のことを指す。
真っ直ぐ進むし精度も高いし、登坂も問題なし。シャマルと異なり風で煽られる心配なんてゼロ。
スポークがゴツい旧モデルの方が好きですけど、このメガフランジのセミワイドリム最終型の方が
全体のまとまりはいいですね。


2017-06-22-05.jpg

BBBのバーテープを巻いていますが、バーエンドプラグがメッキで安っぽい…
メッキを剥がそうかな。樹脂の蒸着メッキはパイプフィニッシュや塩素系の漂白剤で落とせるんでしたっけ。
 
関連記事
      
珍しく夕方に2時間強ほど走ってみる。KG555で。
朝昼は拘束されてたので出られなかった。

2017-06-20-01.jpg

前ライトは18650なXM-L2をシリコンバンドでマウント。リアはMARS4.0。
ずーっとこの組み合わせと装着方法。

走行自体は小山田一周でトータル55kmくらいなので特に書くことも無いかな。
普段三周くらいするわけですが、一周くらいに留めるのが身体がラクでいいかも。


2017-06-20-02.jpg

ずーっと黒Vaypor。早く本妻の白Vaypor1号を成型し直さないと。

関連記事
      
555でちょっとだけ

2017-06-19-1.jpg

なんか最近恐ろしくマッチョになってる気が。
鎖骨骨折前の57~58kgから今や63.5kgです。これは重い。

鎖骨骨折してから一気に代謝が変わった感じ。

膝の骨折は順調に推移してるし、基本的なスタミナも多少戻ってきているんですけど。

骨折にはプロテインがいいっていう話を見て、妄信的に半月で1kgを消費したのもまずかった気が。
ボディビル的な富栄養化で筋肉はついてるけどちょっと質が悪いです。
これで運動しなかったらただのデブ予備軍を育んでるだけ。

解析すると、

安静状態のまま富栄養化
→術後回復のために頑張って高強度トレーニングする
→弱った力をフォローするために速筋ばかりつく
→これはまずいと、走るたびにやっぱりマッチョ化する

という感じでしょうか。
最近は極低強度で時間を稼ぐという方法もやってますが、遅く走るというのも意外と難しいし
(遅く走るとちょっとした登坂もなぜか辛い)効果があまり見られません。

しかしまあ、人間は大怪我すると体質変わりますね。

 
関連記事
      
555で小山田3周ほど。IDOLはペダルメンテナンスが必要なので休養です。

今晩は雨が降るの?自転車で吉祥寺に行かなきゃいけないのに困るなあ。

2017-06-18-10-01.jpg

今日は脚も気持ちもだるいので流しで走ってたら、前にサイクリングチーム3人組。
いつもは早々に前に出るけど、今日は後ろに憑依してハァハァしたろ!って憑いてたら、
やっぱり遅すぎで前に出てしまいました。

その後で信号の関係で三人のうち一番速めの人が追いついてきたんですが、信号待ちで
その人が別の人と話してまして、


「同じチームの方が吐いてましたよ?」


「ええっ!? まぁよくあるんです…」



って。

ちょっとよく分かりませんが、人間って簡単に死ぬから無理しない&させないほうがいいと思います。
しかし…遅かった組はせいぜい250Wくらいだったので、それで吐くなら病院行ったほうがいいんじゃない?
多摩丘陵病院とかおすすめ。メモリアル坂と三高坂越えればすぐだよ。大丈夫しなないしなない


2017-06-18-10-02.jpg

今日は使い込んだサンティーニでセットアップ。ソックスだけソックガイのSGX。
最近R×Lソックスをやたら見かけますが、私は全然興味ない…
ソックスはディフィート、クラフト、ソックガイ。
好みの問題であって、武田レッグウェアーの製品と姿勢は好きです。


2017-06-18-10-03.jpg

ホントにシューが減ってきた。


2017-06-18-10-04.jpg

アジャスターが随分出てきて実感。


2017-06-18-10-05.jpg

リアはBBBではなくAXIS2.0純正のままです。純正シューも中々いいですね。
雨天でリムサイドを痛めないです。「ちょっとだけ効きが悪く減りが少ないスイスストップの黒」って感じ。

ところで、リアのシューとホイールがやたら摩耗する人が多いそうで、なんでだろうって色々調べたら、
ダウンヒルのときにリアブレーキを掛けっぱなしにするんだそうです。
いやそれは怖すぎだろう…オートバイとか乗ったこと無い人はそうしちゃうのかもしれませんけど。

リアを掛けっぱなしにすると車体が起きてしまうので余計曲がれなくなり、どんどん速度を落とさなければ
ならなくなる状況になります。
二輪の乗り物は減速時に最も不安定になり、旋回時に最も安定する乗り物です。

つまり、スローイン・ファストアウトが速くて安全です。

難しく考えることなんてないんですよ。コツを掴めば簡単。
コーナーに差し掛かる手前の真っ直ぐな部分で車体を真っ直ぐ立てて後方荷重でブレーキ。
出口に何もないことを確認し、目線を遠くに置きつつ一気に倒しこんでギュン!と旋回。
これで俺は鎖骨骨折した。
 
関連記事
// HOME //  NEXT
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク