FC2ブログ
このブログを見た人は140年以内に100%死ぬ
      
一昨日くらいの画像。珍しくCAYOで。小山田1周。
CAYOにした理由は なんとなく だ。

200118-1.jpg

久々のTRNOVAハンドルが案外いい感じ。
なんだか重ったるいけど頑張って走り、若葉台TTが8:36、小山田が26:10。最近にしては激遅。
うーん。なんでだろう。シフトの調子も悪いし気持ちよさがゼロです。


帰りに見た目が速そうな人に追いついたら、気付いてダンシングで逃げ始めたのでこちらは普通に
シッティングで追いついてしまう事件。 
いかにスムーズに速く進めるかが大事なのに、ズイフトやりすぎて感覚おかしなってるんちゃう?
ワシは早々にi-Magic使い倒してとっくに自転車ゲーマーは卒業したぞw


200118-2.jpg

先日CRAFTのシューズカバーを直しながら使ってる、これからも使い続けるって書きましたが、


ありゃあ嘘だ。


履くときに息を当ててみたら 「すーっ」 って何の抵抗も無く空気が駆け抜けていきましたので
BBBのやつを引っ張り出しましたよ。

どーりで 最近足がめっちゃ寒いなぁ、蒸れないし って思ったら、ネオプレンって内部崩壊の
ように「見えない劣化」するんですねえ…悲しいなあ。みんな僕の元から去っていく。


200118-4.jpg

7215の出番が多い今冬です。


200118-5.jpg

手のひらが汚いでしょ。でももう綺麗にならん。


200118-6.jpg

これも繕って使い続けてますが、もうやばい。
何年使っただろう。9年くらい?
きみも僕の元から去る日が近いね。僕もそのうち行くから待ってて。


200118-7.jpg

コルサCX2はまだ余裕です。
ふふっ

 
関連記事
      
ぶっちゃけていいですか。このバイク全部ダメなの。

automoon.labの中の人に「スタンドおかしくない?」って言われて気が付いたの。

200116-1.jpg

なんかおかしいの。


200116-2.jpg

根元が結構ガタガタ。 (ナットは外してあります)


200116-3.jpg

良品と交換するため外します。比較的曲がってない感じ。
ここのボルトが少し曲がって抜けにくいのはよくあることで、重症化していてサンダーで切り飛ばす
こともしょっちゅうです。


200116-4.jpg

配線を千切られて機能していないサイドスタンドスイッチも外そうと思ったら、ネジが舐めそう
だったので止めました。いつかフレーム塗装するときにドリルで破壊しよう。
前のオーナーも外せなくて放置したんだろうな。


200116-5.jpg

外したスタンド。
付け根の部分がかなり開いてますね。これでよくネジが大きく曲がってなかったな。
もしかしてこの状態で一回タップ通してある?


200116-6.jpg

曲がってるのではなく曲げてあるみたい。
元々ローダウンしてあった車両なので、曲げて高さを合わせたようです。
この丈夫な鋳造を曲げるって大変じゃない?溶接できる人なんだから切って溶接すれば良かったのにw



200116-7.jpg

良品を取り付けました。すごく節度感が上がって気持ちよい!

こうやってダメバイクを細部まで少しづつ直しているわけですが、直すところが無くなったらそれはそれで
楽しみが無くなって悲しくて死んでしまうのではないかと自分が心配になります。
 
関連記事
      
つっても今年は明らかに暖冬ですけど。
ほぼ毎朝、粛々と若葉台と小山田を走ってます。


200114-1.jpg

いつもの撮影場所が落ち葉でやばいことになてきた。

各種TTのタイム的にはかなり好調で、若葉台が7:30~8:15、小山田フルが24:50~26:20、
小山田ショートが14:20~16:00くらい。

ちょっと暖かいせいか分かりませんが、冬場にはありえないタイムすぎて怖い。
小山田の最短タイムなんてまだ若かった頃の最高タイム超えてるし。しかもそれ夏場の。

もう知らんわどうにでもなれ。


200114-2.jpg

10時くらいだと7℃いくかどうかなんですが、この日は8℃。12℃超えるなんてのも普通にあります。
明らかに暖かい。昼間走るときは真夏用の半袖ジャージ使う日もありますもん。ありえんでしょう。


200114-3.jpg

クラフトのシューズカバーの下に隠れるのはオンボロのCTT-ONEです。サーヴェロテストチームの
赤いモデルね。そろそろアッパーが千切れそうです。

クラフトのシューズカバー自体も8年選手のオンボロで、毎年のように縫い目が裂けるので手縫いで繕って
使い続けています。まぁこんなもんは使えりゃいいんだよ。安易に捨てたらいかん。


200114-4.jpg
200114-5.jpg

パールの7215を愛用していますが、あまりにボロボロになってきて忍びないので、寒い日は
比較的近年(←最近とは言わない)に買った7218を使っています。
防寒性能は7215とあんま変わらんねー。

この年代の7218は親指の鼻拭きのスエード調の生地が加水分解しまくり、私のこれもボロボロになったので
表面を全部剥がしてあります。そもそも生地がボロボロになったことで安価に買えたブツですが。


200114-6.jpg

ここね。
ココに使われるスエード調の生地はわりとメジャーですが、1年くらいの短い期間で加水分解しや
すいので各メーカーさん採用は絶対に止めてください。絶対にだ。
ブラックダイヤモンドもこれを使っていて、使ってない状態でも1年でダメになったので交換してもら
ったことがあります。
安いから使うのか知らんけど、結局回収交換にコストがかかることになるし、ブランドの信用も落ちる
のでアカンと思う。もっと無難な素材を使いましょうや。
 
 
関連記事
      
つづき。

20200112-g15.jpg

ヘッドのベベル構造部分のベアリングも交換します。大きい方は6200zzで、小さい方は
ローターと同じ608zzです。
大きい方のサイズは一般的なディスクグラインダーと少し違うようです。


20200112-g10.jpg

小さい方はスッと抜けますが、大きい方は簡単には抜けません。
べべルギア側からプーラーでまとめて抜きます。なんかバキバキ言うけど気にせず抜け。


20200112-g11.jpg

抜けました。


20200112-g12.jpg

一般的なディスクグラインダーはサークリップなどで固定されるようですが、DGD-100Cはプッシュナットでした。


20200112-g13.jpg

この部分で固定されていますが、着脱するごとに軸側も磨耗するので、着脱可能回数は10回が
限度かなと思います。こういった部分に使い捨て設計を感じます。


20200112-g14.jpg

抜いた古いベアリング。ガタガタですが壊れてはいない。
グリスは先ほどの試運転の前に試しに詰めたもので、ばらした直後はカラッカラでした。
つか、最も過酷なこの場所を片シールドにしている意味がさっぱり分からないです。
コストダウンか中国工場で適当に組み付けたか。たぶん後者では?w

片シールドなんてありえんから両シールドに替えますよ。


20200112-g16.jpg

プッシュナットを差し込んで


20200112-g17.jpg

10mmのディープソケットで叩き込みます。


20200112-g18.jpg

できたよ。楽勝だね。

試運転して問題ないことを確認。
新品時からチャイナのオンボロベアリングだったから、動作音が少し静かになりました。
ただまぁ替えブラシ問題もあるし、本格的に壊れて捨てることになるのも時間の問題だなー。


20200112-g19.jpg

修理と関係ないネタです。
ガードを手でくるくる動かせるようにネジ1本にして、間にゴムを挟んでます。
ゴムでテンション掛かってるので緩みません。
使いやすくなるからおすすめ。
ちなみにこのゴムはロードバイクの廃タイヤです。バーストしたアルトレモ…
ホムセンで売ってるナイロンワッシャーでも良いと思います。

以上でした。
 
関連記事
      
愛用のディスクグラインダが不安定になり、「ギュ! ギューン! ガッ! ギュ! ギューン!」って
言い始めたので修理しました。

長くなるので2エントリに分けています。

20200112-g0.jpg

公式画像が無いのでヤフオクからお借りしました。

東芝のDGD-100Cという機種です。この機種は流麗な樹脂ボディのソフトな見た目で人気があったのですが、
そのわりに煩いとか色々悪評があって。でもなんとなく買ってしまったのです。買ったのは15年前かなあ。
確かに煩いですこの機種。使い古したものみたいにガーッって音立てて粗く回る。
そもそもディスクグラインダー作業なんて煩いものだし、マイクロメートルの精度は求められないものだから
オッケーだけどね。

東芝はすでに電動工具事業から撤退してるので結構困るw
事業やってた頃は国産電動工具取扱店で気軽にパーツ注文できたんです。
まぁDGD-100Cなんて使い捨て設計なのかパーツの設定自体がほとんど無いみたいですけど。

あと、同社が電動工具事業から撤退するときに各所でかなり値引いたセールをしてたと思います。
各店揃ってのセールには理由があります。気をつけましょう。
私は普通に6000円くらいの値段で買いましたが。。


20200112-g1.jpg

ばらしました。簡単。
ヘッド部分はベアリングガリガリですが…大きなトラブルになるほどではないですね。


20200112-g2.jpg

まず疑うのはブラシ。これも問題ないです。
残量結構あります。
ちなみに交換用ブラシは存在しないので、減ったら丸ごと捨てるか、他メーカーのブラシを加工したりして
流用するしかないようです。その点で使い捨て設計です。
これ東芝が事業してるときからパーツ設定が無かったと記憶しています。
替えブラシがないという情報は持ってたのですが、買うときに忘れててうっかりちゃん。


20200112-g3-2.jpg

ローターもコイルも特に問題なし。

ヘッドのベアリングを軽く洗ってグリスを入れて、もう一回組み立てて回してみました。


ギュ! ギューン! ガッ! ギュ! ギューン!


ガッ! ギュ! ガチッ! ガッチン!


シュー…

シーン…



逝った…


20200112-g4.jpg

なんやねんってもう一回分解したら。
なんかパラパラって一杯落ちてきた。


20200112-g5.jpg

はぁ!?

ここのベアリングが逝くか?


ここは特に過酷な場所じゃないじゃん。。


20200112-g6.jpg

ビックリです。
早速ベアリング買いました。型番は608zzです。非接触両シールドね。
元々は謎のチャイナベアリングですが、今回はKMTにしました。安いけど悪い話も聞かないので
品質は充分でしょう。

しかしチャイナ品質ひどいよ。っていうかこれ使う東芝さんさぁ。。


20200112-g9.jpg

壊れた側はナットで留まってるだけなので交換は簡単でした。


20200112-g7.jpg

反対側は軽圧入だったのでギアプーラーで外します。


20200112-g8.jpg

新品の単列深溝玉軸受ほど気持ちよいものはない。


その②に続く。
 
関連記事
// HOME //  NEXT

カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク