表の裏が裏であるように、裏の裏は表である
      
インプレです。

まずひとつ言わなくてはいけないことがあります。

2017-03-20-doval01.jpg


ごめん。


なんか ネオプリがこんなことになってごめん。



2017-03-20-doval02.jpg

最初に


PCD130の52/39で、楕円率はアウター16%、インナーは恐らく13.5%です。
Q-Ringsよりは楕円を感じるのでインナーは13.5%だと思いますが、PCD130の39Tだと7%までしか
出来ないんだっけ。アウターは刻印があるので16%で間違いないです。

16%と言っていますがピーク直径はQ-Rings(約10%)とあまり変わりません。
おかげでFDの取り付け高さは余裕でクリアでしたが、このパーセンテージの基準が謎。
OCPの位置はQ-Ringsで言えば3.5~4くらい。4~5時あたりのやや深い角度でピークを迎えます。
FDはカンパだったんですが、内側の突起がチェーンにどうしても当たるのでシマノ9速用に変更しました。


走行感(平地)



平地については、基本的にはとても良いと思います。伸びやかで楽しいです。
16%と激しい楕円率ですが、重たいと感じることは全くありません。

また同じパワー値でも速度が少し高くなるため、若干効率が上がっているようです。
同じパワー値でも速度が少し高くなるといっても38km/hあたりまでの話で、あとは
パワーとフォームにほとんど依存します。


走行感(登坂)



登坂について。
拍子抜けするくらい普通に登れます。

小山田の難所の「病院坂」(斜度11.5%x400m強)でインナーに入れて登坂チェックしましたが、
フツーに登れました。速度やパワー値は変わりません。
物理法則ですから背中を押されるとかの魔法はありません。もし押されたらお祓いに行くべきです。

脚の抜けがいいので若干ラクには感じますし、ダンシングしてみると立ちが自然で違和感がありません。
比してQ-Ringsはピークが短いせいで車体がグッと立ってくる印象があります。

普通に登れるといっても、そもそも登坂用のペダリングが出来るか否かでここもかなり変わると思います。
山好きな私の場合は普通でした、という感じで。


2017-03-20-doval03.jpg

変速性能



樹脂スペーサーを取り払っても至って普通に変速します。Q-Ringsより良いです。
同様にペラッペラなオーシンメトリックも普通に変速するそうですが、不思議!
FDの振りを若干オーバーさせる必要があるのと、オーバー具合によっては外に落ちることがあるので
そこだけ調整に気を使います。
取り付けのときにも書きましたが、問題はリアのロー側3枚で音鳴りが出ること。
これはやっぱり気になりますね。

その他&まとめ



印象については個人の脚力や脚質によって変わるのでなんとも言えませんが、16%でもビビる
ことはないと思います。少なくとも53Tがぶん回せる人なら全く問題ないでしょう。
ダブルオーバル形状のおかげだと思いますが、ROTORなどのピークが短い楕円と比べると使う筋肉が
全く異なるようで、Q-Ringsでどうしても起こる背中の筋肉痛がDOVALでは起こりません。
真円と同等の疲労感です。
Q-Ringsでは踏み込むポイントが固定されがちで、ケイデンスが落ちると辛かったり、背中や脚に変な
疲労が出やすいのですが、DOVALの楕円形状だと意外なほど自然に使えます。これはいい。

全体的な印象は良好ですが、難は以下の4点になります。

1. チェーンラインを出しづらい(解決可能)
2. アウターロー近辺での音鳴り
3. 摩耗の早さ
4. 古い自転車に驚くほどアンマッチ(厨二臭)


1.2は既出。3番はまだ不明ではあるのですが、6061(T6処理してるん?)のこともあり相応に
摩耗していくようです。100km時点で歯の側面が結構削れてきているので、1万km持てば
いいかもって感じ。

ちなみに類似のチェーンリングに仏のDual-Ovalがあります。
これは非常に酷似していてどっちが起源なのかは分かりません。
Dual-Ovalの中の人に聞いたところ、こちらも素材は6061とのことなので、Dual-Oval買うならDOVAL
買ったほうがいいでしょうね。
 
関連記事
      
DOVALのチェーンリングを安価に譲ってもらったので付けてみました。

2017-03-19-doval01.jpg

PCD130でG4モデル、アウター16%、インナー13.5%。少し前の型なのでスペーサーが樹脂?です。
樹脂というか謎の素材。これは割れちゃうと思うし実際に割れてるブロガーさんもいるようです。
でも安心してください。スペーサーなんて要りません。むしろ邪魔。


2017-03-19-doval02.jpg

というのはですね、チェーンリングが2mmなのはいいとしても、樹脂スペーサーが3mmもの厚みがあるんです。


2017-03-19-doval03.jpg

ちょっとピンボケしてますが、チェーンリングが自体が出すぎていて、内周がスパイダーの段差に
当たっていません。

通常のチェーンリングが3~4mmのところ、合計5mmも厚みがあるんだから当たり前だ。
シマノ7900以降はスパイダーの段差の深さに余裕があるからいいんですが、通常のクランクの
スパイダーはそこまで余裕ないです。


2017-03-19-doval04.jpg

上記のようにチェーンラインにも問題が出ます。
たった1mmと思うなかれ、アウターローでタスキの角度が結構きつくなります。
それ以前にインナーとアウターの歯間が離れすぎてしまってFDの振り幅が合わなくなります。


2017-03-19-doval05.jpg

さらに、刃先に斜めカット加工などがなされていないせいだと思いますが、ロー3~4枚目で騒音が出ます。
大昔のチェーンリングで今のチェーンをドライブすると音が出ますが、同じようなもんです。
まぁ気にしなければいいんですけどやっぱり気になります。


これらを少しでも改善するにはどうしたらいいかと言うと、単純に樹脂スペーサーを外して1~1.5mmの
スペーサーに取り替えればOKです。
計算上は2mm必要ですが、1~1.5mmでOKです。
スペーサーが無くても変速性能に影響はありませんし、マイクロOCPなんちゃらもたいして機能していない
仕組みなので全然気にしなくていいっすよ。
これでチェーンラインが直ってアウターロー近くの音鳴りも多少緩和されます。

同じ2mm厚のオーシンメトリックの場合は、インナー側に1mmのスペーサーを入れる指定になってます。
チェーンラインが全体に1mmほど内側に入ってしまうことになりますが、はて?
まぁ外に行くよりは内側の方が良いかもしれませんが。


ちなみに付属の3mm樹脂スペーサーだとインナートップ2枚目まで使えますが、1~1.5mmにすると3枚目
あたりまでしか使えなくなります(アウターの内側にチェーンが擦ります)。
これは全く使わない組み合わせなので気にしなくていっすよ。


実走については後日。
 
 
関連記事
      
昨日からシフトがおかしくて、勝手に1段上がったり下がったりを繰り返す。

シンクロ率マイナス120%!

ダメ。直さないと。

登坂TT中に勝手に1段上がって困ったし。


2017-03-20-1201.jpg

こういうのは大抵ケーブル周り、なのでチェックしていくと…


2017-03-20-1202.jpg

( ゚д゚)   ・・・


2017-03-20-1203.jpg


( ゚д゚ )

折れとる…
先日の鎖骨骨折の事故のせいですね。
フレームにも傷がある通り、このあたりに何かしらの衝撃があります。


2017-03-20-1204.jpg

まずはインラインアジャスターとプラスチックのアウターエンドを切ったものを用意して


2017-03-20-1205.jpg

ここに挿して


2017-03-20-1206.jpg


こうやってインラインアジャスターを挿して


2017-03-20-1207.jpg

こういう感じで復元。ダサい。
これでバッチリだと思ったらインナーケーブルの長さが不足しました。当たり前か。


2017-03-20-1208.jpg

もう面倒なので直挿しじゃ!!!


2017-03-20-1209.jpg

今度はアウターの長さに問題が。張りすぎてます。
1~2cmで大きく変わるもんです。


2017-03-20-1210.jpg

張りすぎてると勝手に変速しちゃうので事故の元。
仕方ないので中間的な暫定措置。

このアジャスターはカンパのレコードクラスなんですが、M5のボルトを加工すればいいんじゃない?
って思ったらなんとM4なんですね。細すぎ。そりゃ折れるわ。
新品買おうにも3000円くらいするしシマノ製は入れたくないしで頭痛が痛い。
 
関連記事
      
2017-03-16-21001.jpg

少したれ目なんですよね。

そして通常の状態では黒目が少し小さい。

そんなこともあって目の表情が豊かです。

2年目ですが、サビだけあってちょっと小柄。手が太いのはトラ一族の血が入っているのか?
 
関連記事
      
死神に好かれてるきがする

2017-03-16.jpg

登って下りてサーッと流して、国士舘の前の横断歩道で学生が渡ろうとしてたので
ゆっくりめに停車。周囲の四輪も停車。

そしたら

ズシャー!!!


( ゚д゚)ポカーン


後ろでものすごいスキール音。転倒はしなかったみたいですけど。
どうやら一台のロードが勝手に後ろにくっついていたもよう。
どんだけ気配消してるんだ… みんなポカーンです。

あのさ、声かけなくてイイから後ろに憑いたら気配は消さないで。
本当に危ないから。認知していればハンドサイン出したりするし、そもそも急な操作するかもしれんわけで。
今回は全く急操作や急ブレーキしてないけど、どんだけボケやねん。
スカイブルーのディスクロード。


などと思いつつ、帰路についたときに自分が駐車車両に突っ込みそうになりました。
ジャックナイフ状態。あと4cm。虚を突かれたような駐車位置でした。
自分もボケだったけど、そこ駐車禁止だから。ホンマどいつもこいつも。


などと愚痴りつつ帰っていたら、今度は子供満載の自転車が信号無視してきてちょっと危なかった。
もうやだリスカしょ
 
関連記事
// HOME //  NEXT
- 著作権放棄 - ブログ内の画像やテキストなど、どうぞご自由にお使いください。無断転載しまくっても一向に構いません。

まとめ
Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com
カテゴリ

カレンダー

最近の記事+コメント

Twitter...

最近のトラックバック

カウンター

ブログ内検索

プロフィールとか


こんな変なオッサンですが世界で三本の指が入ることもありました。
なお当ブログには残念ながらデザインのデの字もスタイリッシュのスの字もございません。連絡はtf_ftr@yahoo.co.jpまで(アットは半角にしてください)

リンク